このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

1993年と2009年の日経平均 ● 1993年と今年、2009年の類似性については、既に数多くの指摘があちこちで出ています。93年の夏の総選挙の結果を受けて、非自民・非共産連立政権の細川内閣が発足したのはこの年。短命政権に終わった細川政権から、再び自民党主導の政治が続いたものの、それが大転換して鳩山民主党(小沢民主党?)に政権交代したのが今年。実は1993年は記録的な冷夏で、深刻な米不足になったのですが、それは今年はありませんでした。

● あれやこれやと類似点をこじつければ、他にもいくつも見付かるのでしょうが、ここでは日経平均の動きだけを比較してみましょう。これも既にあちこちで指摘されていることですが、この1ヶ月ほどの低迷相場の影響があって、余計にグラフの形は1993年とそっくりになってきました。高安のタイミングもかなり似通っており、ファンダメンタル的な理屈はともかく、残り1ヶ月の相場を残すだけにしては、あまりの類似性にびっくりしちゃいます(^^;。

● この調子で行けば、もう少しスコンと下落して、あと12月は下がらず上がらずの展開、と"読める"のですが、さてどうなることやら…(^^;。ちなみに、その翌年(1994年)の日経平均は、やっぱり年央高で年後半はダレダレでした。ご参考までに、グラフはこちらからどうぞ。

● ちょっと付け足しっぽくなるのですが、この1993年の政権交代あたりの話については、三菱UFJ証券の著名ストラテジスト、藤戸氏が今年7月21日に書かれている 『「政権交代」が実現した1993年の研究』 が、とても詳しいです。ちょっと重たいファイルですが、一読の価値はあると思います。せっかくネット上で無料で公開されているんだし…(^^。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/827-9940253a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。