このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2006年04月06日(木) .... 大幅高、TOPIXは1991年11月以来の高値

 TOPIX : 1775.67 (+29.62, +1.70%)    日経平均 : 17489.33 (+245.35, +1.42%)    円ドル : 117.60  

● 今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、9日連続で買い越し(4010万株売り/5560万株買い)。3月24日の±ゼロを含むと12日連続の買い越しとなります。さらに、寄付前から市場筋の間では、ウン百億円の買いバスケットが入るとの観測もまことしやかに流れるなど、昨日の下落も何のそのって雰囲気でスタート。前場は朝方に高値を付けに行った後は、ほぼ横ばい巡航飛行だったのですが、後場に入ってからは、継続的なジリ高歩調。先物が引っ張った印象もあったのですが、その割には、ザラ場ではベーシスが極端には乖離しなかったので(大引けではかなり乖離した)、現物も先物もお互いに引っ張りあいながら上昇していたイメージかもしれません。

● えっ?ネガティブガンマ?それは、また気が向けば書きます(^^;。ネタ的に少しバックアップ材料不足感もあるし、疑問点も少しあるので・・・。自分で検索してみたら、昨年2005年の11月28日の週と12月5日の週にも、このネガティブガンマについて書いています。特に12月1日のところで、かなり詳しく状況は書いているので、チラッとそちらをご参照下さい(^^;。

● 何やかんやで、日経平均は高値引け、TOPIXもほぼ高値引けでした。今日は何と言ってもTOPIX。この水準は、ITバブルの水準を上抜いてしまい、なんと1991年11月以来の高値水準。きれいな理由付けはストラテジスト諸氏に任せるとして(^^;、ここは素直に「凄いなぁ~」と喜んでおきます。本日も日経平均の日中足を付けておきます。そして、TOPIXの日中足もおまけ(^^;。見た目はほとんど同じですが、何と言っても、1991年以来ですから・・・(^^;。出典はいつも通り、Yahoo! JAPAN Finance です。

● 1991年11月当時の詳細な資料も手元に無いので、あの頃、何が起こっていたか(銘柄のパフォーマンスとか・・・)を思い出すのは困難ですが、当時は、バブル崩壊で2880ポイントの頂点から崩落し、1500ポイントで止まったかなとなって2000ポイント超まで戻ったものの、その後再び崩落した下げ過程。私も、当然、今よりはずっと若かったし(^^;、某信託銀行のファントラFM氏と直通電話を繋ぎっぱなしにして、若気の至りでブイブイ商いしていたのを思い出します(^o^)。今となっては、懐かしい想い出でもあります。今となっては、「ファントラ」が分かる方々も少なくなったのでしょうネ(^^;。

● 話題を戻しましょう。物色方向は、今日もメガバンク株が相場を引っ張り、他にも自動車(トヨタ、ホンダ)やテクノロジー、小売の一角など、あちこちで大型株が先導する展開。その一方で、鉄鋼は「駄目駄目」状態。これだけ周りがバカスカ上昇しているのに、このセクターだけ鳴かず飛ばずというのは、かなり目立ちました。日銀短観で「鉄鋼、今ひとつ」が出てから、このセクターはおかしくなってしまった感じがあります。もっとも、それを皆が指摘し始めると、逆方向に行ったりするんですけど・・・(^^;。

● 今日の東証1部出来高は、前日比で3億7294万株減の17億6952万株、売買代金は同4175億円減の2兆8373億円。売買単価は一段と上昇(前日比84.24円高)して1603.43円。出来高や売買代金の面で昨日よりも減少したのは、ちょっと「???」ですが、呆気に取られていたのでしょうか?昼休みの立会外バスケット取引も単一銘柄とバスケットを合わせて1312億円超とかなり多かったので、今のところ、エネルギーが減少しているような印象は受けませんでした。当然、今日もCore30が一人勝ちで46bpsの勝ち、Large70は5bps負けでほぼチャラ、Mid400 ha29bps負け、Smallは52bps負けでした。

● 今日は、記念にTOPIXの話題で行きましょう。Bloomberg Professional には、色々な計算機能があるのですが、ある期間中の指数採用銘柄のパフォーマンス比較は、個人的に愛用しています。ちょっと時間が掛かるのですが、自分でExcelでやるよりは、はるかにマシ(^^;。今回の上昇局面の基点をどこに取るかは迷うのですが、相場を見ていた感じも含めて、2月20日(月)と3月8日(水)の二種類を考えてみました。TOPIX採用銘柄で、それぞれの期間中で「頑張った」銘柄群と、「足を引っ張った」銘柄群を計算させたのですが、TOPIX全体だと"妙な"銘柄ばかりで(^^;、今ひとつ実感が沸いて来ないので、TOPIX 100(Core30+Large70)でやってみました。

● 結果は、以下(計算は全てBloomberg Professional)。スペースの都合もあって、ここには、2月20日から本日終値までの分を、上位/下位10銘柄ずつ載せてみました。当該期間中のTOPIXは12.95%の上昇です。

頑張った銘柄群
#Code銘柄名 変動率(%) 2月20日終値 4月6日終値
18604野村HD 33.17 2035 2710
28591オリックス 32.24 27790 36750
36301コマツ 31.77 1810 2385
48601大和証券G本社 30.89 1230 1610
57269スズキ 27.05 2200 2795
68403住友信託銀行 24.80 1113 1389
78752三井住友海上 23.95 1357 1682
88404みずほ信託銀行 23.81 315 390
98801三井不動産 22.60 2190 2685
106273SMC 22.52 15410 18880
Source: Bloomberg Professional

足を引っ張った銘柄群
#Code銘柄名 変動率(%) 2月20日終値 4月6日終値
19437NTTドコモ -0.56177000 176000
29432NTT 0.00 511000 511000
37974任天堂 0.94 17010 17170
49501東京電力 2.34 2990 3060
59532大阪瓦斯 2.82 426 438
69984ソフトバンク 3.36 3270 3380
76753シャープ 3.41 2050 2120
89022東海旅客鉄道 3.42 1170000 1210000
96988日東電工 3.95 9620 10000
108035東京エレクトロン 3.98 8040 8360
Source: Bloomberg Professional

● サプライズというほどのことは無いのですが、ふぅ~ん、というのはあります(^^;。2月20日から約2週間チョイですが、TOPIX100で値下がりしているのが、NTTドコモだけというのも、何と言いますか・・・。ホンマ、しっかりせぇよぉ!ほかにも3月末基準などでやってみたのですが、何かと興味深い状況が出てきます。消費者金融が意外に強いんですよね、この期間だと。

● 調子に乗って(^^;、1991年11月30日からのTOPIX銘柄での個別銘柄変動率を計算させてみました。厳密には検証していないのですが、Bloombergを信じて書くと、上位5銘柄は、オリックス、HOYA、ケーヒン、イビデン、日東電工(下表参照)。期間が15年弱とかなり長いとは言え、ナカナカのものです。足元では銀行がぶっ飛びですが、この上位20銘柄のリストを見る限りでは、どこにも銀行なんて出てきません。そして、実は超巨大銘柄もそんなに多くないのです。もちろん、過去15年が良かったからといって、今後も良いとは限りませんが、あのバブル崩壊(ホンチャンとITバブル)を乗り越えて、そしてこれだけのパフォーマンスは、相応の尊敬に値すると考えています。

#Code銘柄名 変動率(%) 1991年11月末 2006年4月6日
18591オリックス 1360.26 2516.7 36750
27741HOYA 823.22 527.5 4870
37251ケーヒン 698.37 408.3 3260
44062イビデン 641.56 770.0 5710
56988日東電工 614.29 1400.0 10000
68170アデランス 610.77 492.4 3500
74530久光製薬 577.09 447.5 3030
86857アドバンテスト 528.55 2381.7 14970
97751キヤノン 520.90 1340.0 8320
104185JSR 491.53 590.0 3490
118113ユニ・チャーム 465.77 1110.0 6280
127729東京精密 460.47 1290.0 7230
137259アイシン精機 432.95 880.0 4690
147267ホンダ 430.41 1480.0 7850
156963ローム 420.99 2366.7 12330
166806 ヒロセ電機 417.61 3381.0 17500
177240NOK 410.51 666.0 3400
184502武田薬品工業 397.86 1400.0 6970
194063信越化学工業 393.65 1371.4 6770
207739キヤノン電子 378.95 950.0 4550
Source: Bloomberg Professional

● 今日はえらく長くなってしまいました。スミマセン。

● 最後にちょっとした雑談。今日のマーケットで一部で話題になっていたのが、サウジアラビアのスルタン皇太子が現在、来日中ということ。あちこちのニュースにも流れていますが、昨日、日本到着で、今日は天皇陛下とも歓談、小泉首相との会談やら財界関係者との懇談があり、明日7日に離日の予定。発想力が凄いと感心してしまった(^^;のが、これと「オイルマネーの買い」を結びつけた見方が出ていたこと(^^;。どこかの日本企業を訪問するのではないか、という思惑やら何やらが飛び交っていました。ここ数日のキヤノンの値動きや、トヨタ、ホンダの買い方、メガバンクの買い方などを見ると、どうしても「オイル」の連想が出てくるのは仕方ないのですが、それを相場に結びつける発想力には感心するやら・・・(^^;。それっぽい面もあると言えばそうだし・・・(^^;。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/71-66459108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。