このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1219.53 (-4.16, -0.34%)    日経平均 : 12768.25 (+15.29, +0.12%)    円ドル : 109.00  

● 寄付きこそは米国株高、CME日経平均先物高を受けて高く始まったものの、ホンの10分もしないうちに伸び悩み感がありあり。もっとも、下値をバカスカ売り込む動きも乏しく、後場は昨日終値近辺での膠着相場。後場の日経平均値幅はたったの44.89円でした。売買代金の今年最低記録を連日更新していたものの、今日はその不名誉な記録は途切れました。ただ、それを喜んでいられるほど商いが戻ったのではなく、今日はTOPIX月末修正があったことで、最後の方に多少はバスケット売り買いが入ったおかげだったのかも知れません。東証1部値上がりは613銘柄、値下がりは972銘柄で、日経平均はプラスだったものの、騰落銘柄数を見る限りではマイナスの方が合う感じでした。

● 今日のマーケットでリスク回避というか、買い気の乏しさを感じさせたのが、アイフル(8515)が一時ストップ安まで売り込まれたこと。特に個別に材料があったのではなく、連想ゲームとしては、今朝の毎日新聞の 「三菱UFJ:アコム子会社化TOBなど出資比率40%へ」 報道(会社側は否定)を受けて、アイフルが単独での生き残りが難しいとの連想だったのでしょう。ただ、もし相場の地合いが良かったら、逆にM&Aの花嫁候補として買われたかもしれないワケで、その辺に、如何にもリスクを避ける空気を感じてしまいました。

● 冴えない相場のなかでは、上がっている銘柄を見ても冴えないように見えてしまうし、下がっている銘柄を見れば弱気の虫が出てきます(^^;。相場の地合いに個別銘柄を見る目も影響されている状態に陥りがち。本当はそうだったら駄目なんですけどネ。今日の日中足を見ると、寄付きでポーンとボールを放り投げたものの、すぐに落ちてきて、地面(前日終値)水準からズボッと深みにハマって戻ってこなかったって感じ(^^:。下がったにしても、スーパーボール(懐かしい!)みたいにポーンと跳ね返ると、活発な相場との印象を受けるし、取り返してやろうと頑張るのでしょうが、今日みたいに「ズボッ」→「シーン」だと、如何ともし難いっす…。先日も書いたのですが、「何がどうなれば…」がもう少し見えてくるまでは、こんな状態が続くことを覚悟しておいた方が良いのかも知れません。明日は週末・月末だし…(^^;。

● 今日はTOPIXと日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。形は当然ながら同じようなものですが、位置関係が少し違った点が興味深いです。大引けで両指数ともにピョコンと飛び上がっているのですが、これはTOPIX月末修正の影響が多少あったからだと考えています。

TOPIX日中足
日経平均日中足

● 記録。東証1部出来高は前日比8343万株増の13億8795万株、売買代金は同1136億円増の1兆4578億円と、前日比では少し増加したものの、まだ今年の最低水準近辺をウロウロ。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比87.92円高の12840.88円(9時10分確定)。モロに今日の高値近辺でした(^^;。日経平均の日中値幅はたったの128.93円にとどまり、これは丸々前場の値幅。後場はたったの44.89円でした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(2110万株売り/2510万株買い)でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/706-45367988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。