このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1224.53 (-8.84, -0.72%)    日経平均 : 12752.21 (-99.48, -0.77%)    円ドル : 108.90  

● 個人的な事情で申し訳ありませんが、今日は健康診断(人間ドック)があり、前場は最初の30分を見ていただけで、後場に入ってから戻ってきました。と言う訳で、相場に張り付いて眺めていたワケではなかったのですが、もし健康診断がなくても、あまり興味が持てそうな相場展開では無かったような…(^^;。

● 米国株高などから、もう少し堅調な値動きを期待した方が多かったでしょうし、実際、今朝のSQ値は前日比で50円ほど上で始まったのです。ところが、ここが今日の高値の「寄り天」。1時間ほど掛けてズルズルと下落した後は、最近見慣れた横ばい推移。結局、安値圏から脱出できずに横ばいのまま静かに終了した1日になってしまいました。日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● TOPIXは3月31日に1212.96ptで引けて以来の安値水準、日経平均も7月15日の終値水準(12754.56円)を割り込み、4月1日(12656.42円)以来の安値水準。まぁ、いまさら世界景気がどうのこうのと大声で言っても仕方ないのですが、相場心理は冷え込んだままで、なかなか前向きの動きが出てこない状況。単発では日本電工(5563)のストップ高(+10.52%)などがあったものの、値上がり率上位はこのところ急落していた「ゲゲゲ」銘柄が目先的に反発しただけにしか思えず、将来的に前向きの動きとは考え難い状況でした。お盆休みが終わっても、相場はあまり変わらないっす。

● というワケで、きょうもさっさと記録に行きます。東証1部出来高は前日比5764万株減の15億7554万株、売買代金は同812億円減の1兆6431億円と閑散。東証1部値上がりは486銘柄、値下がりは1106銘柄と、指数の印象より値下がり銘柄数が多かったイメージ。今日もJASDAQ指数、マザーズはプラスで終わっています。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比50.66円高の12902.35円(9時10分確定)。昨日とは逆にここが「幻のSQ値」で最も高いところでした。日経平均の日中値幅は161.51円(前場144.12円、後場83.87円)と小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(1260万株売り/1580万株買い)でした。ただ、フローがめっちゃ少ない…(-_-;)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/701-f99c7938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。