このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1408.14 (+27.51, +1.99%)    日経平均 : 14338.54 (+214.07, +1.52%)    円ドル : 105.40  

● 今日も上値の重たさは多少感じたものの、意外感があるほど上値追いの展開。プラスでスタートした相場は、一時的に伸び悩む局面はあったものの、先物に大口買いが入るとスッと上昇する繰り返し。大引け間際はMSCI絡み(と思われる)色々な売買が入って分かり辛くなったものの、ほぼ日中を通して先物先導のパターンが継続。MSCI関連の売買が入ったことで、東証1部出来高は前日比5億6212万株も増加して25億0833万株、売買代金は同6137億円増の2兆9528億円と、久しぶりの活況。もっとも、SQみたいな大きなインデックス・イベントのおかげなので、かなり割引く必要はありますが…(^^;。日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今週は1週間通して、比較的、ファンダメンタル面での材料が乏しいなかでの上下動が大きかったのが印象に残ります。理由が乏しいなかで大きく動くので、どうしても「逆」で入りたくなるのは分かります。ただ、これだけ力強い買い(売り)が先物に入ってくると、逆らっては踏まされ(投げさせられ)るだけ。逆らってもあまりの腕力に押されて返り討ちにあう可能性が高いのが最近のパターン。少なくとも目先的には、市場参加者の多くが「長いものには巻かれろ」的に追随している様子で、それだけに変動が増幅されるし、方向性としても一方通行にもなり易くなるんです。問題はいつまでこれが続くか?まぁ、その答えが分かっていれば苦労しませんって(^^;。

● 話題変更。周知の通り、今日はMSCIの定期銘柄入替えの基準終値。今日の終値で色々な銘柄が新規追加になったり削除されたりが発生する1日でした。朝からソレっぽい雰囲気があったのですが、動きが出始めたのは後場から。初っ端はニチレイ(2871)で、後場、突然売り気配になってあっという間に13%もの急落。この銘柄は確かにマイナスの影響を受ける銘柄だったものの、余りにも極端な値動きに、「誰か間違えてVWAPでやるところを一気に出してしまったのではないか?」との観測も飛び交っていました。他にも色々とインパクトを受けた銘柄がありました。ニチレイの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。一見して何か異常な動きだったのがご覧頂けるかと。

ニチレイ(2871)日中足

● その他、MSCI関連銘柄の値動きについて、細々と書くのもくどくなるので、ここでは省略。なお、追加銘柄ロング/削除銘柄ショートのポートフォリオとしてみれば、今回は「順」反応だった印象でした。

● MSCIがどの程度、相場にインパクトを与えるかは、個別銘柄ベースの話もそうですが、例えば売買代金の時間分布にもかなり影響を与えます。東証1部の売買代金で、今日は前場が38.8%、後場が61.2%と、普段と比較すると10%近く、後場側に振れていた印象です。毎分の売買代金推移を見るとより鮮明で、今日は14時59分から大引けの1分間で、何と1日の売買代金の9.5%もが約定していました(^^;。これって凄いことです。この1年ほどは、数年前と比較すると大引けでの約定が増加しているのですが、それでもこんなに多いのはMSCI"祭り"でもないと、目撃できない水準。

● 顧客注文を執行するVWAPトレーダー諸氏にとっては、これほど悩ましい1日はありません(^^;。注文の1割を大引/大引間際に執行するなんて、実際のところは不可能(^^;。かなり神経を使ったでしょうし、最後の3分間ほどは「もう、祈るだけ」って心境になった方も少なくなかったでしょう。お疲れ様でした。参考までに、今日の東証1部売買代金の毎分推移グラフを付けておきます。ホンの23kbの軽いPDFファイルです。

● 記録。東証1部値上がりは1280銘柄、値下がりは334銘柄で、昨日ほどの「全面高」までは行かず。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比119.77円高の14244.24円(9時55分確定)。これは日本製紙グループが寄らなかったためで(午前9時50分まで売買停止)、それ以外は9時25分までに寄り付いていました。日経平均の日中値幅は174.46円(前場119.19円、後場95.85円)と、指数の値動きの割には小さい目でした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、そこそこの買い越し(2750万株売り/3860万株買い)でした。そうそう、先日から話題だった日興アセットの「日興ジャパン高配当株式ファンド」(上限5000億円)は、178億円チョイの設定でした。

● また、先物の手口も少し。日経平均先物では、MSが2606枚買い越し、CSが2204枚買い越し。売りはJPMが1970枚売り越し、大和SMBCが買い手口不明の2282枚売りなど。TOPIX先物では、CSが1100枚買い越し、UBSが954枚買い越し、MSが824枚買い越し。売りはJPMが857枚売り越し、BNPPが795枚売り越し、日興シティが買い手口不明の1419枚売りなど。昨日よりは目立たなかったものの、お馴染みの面々が大層ご活躍の様子でした(^^;。

● 最後に、今週は疲れました(^^;。TOPIXと日経平均の前日比を今週分抜き出すと以下の通り。ホンマ、見事に振らされてしまいました(^^;。来週から6月。6月は過去で見るとかなり成績の良い月(某市場筋氏調べによると、過去12年で10勝2敗)なので、気持ちを前向きに行きましょう(^o^)。

日付TOPIX日経平均
5月26日(月)-32.51-2.36%-322.01-2.30%
5月27日(火)+24.07+1.79%+203.12+1.48%
5月28日(水)-19.56-1.43%-183.87-1.32%
5月29日(木)+31.94+2.37%+415.03+3.03%
5月30日(金)+27.51+1.99%+214.07+1.52%

● 良い週末を!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/642-a4e358d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。