このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1348.69 (-19.56, -1.43%)    日経平均 : 13709.44 (-183.87, -1.32%)    円ドル : 104.00  

● 朝方こそ堅調にスタートしたものの、先物市場で大口売りが出ると「シュン」。ザラ場だけを見ていると、ドカンと売られる雰囲気ではなかったものの、ジリ貧が1日中継続すると結果的には大きく下落する、との印象の1日でした。日経平均先物に断続的に大口売りが出たのが直接的な相場押し下げ要因だったとしても、それに「負けて」下がってしまう相場だったのは事実。やっぱり昨日の上昇は「不思議の上げ」だったのでしょうか?(^^; (^^; 東証1部値上がりは226銘柄の一方で、値下がりは1419銘柄に膨らみ、「ほぼ全面安」状態。東証33業種は、ORIXのおかげで「その他金融」がプラスだった以外、32業種がマイナス。電力・ガスは今日も年初来安値更新でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● テクニカル的には、TOPIXも日経平均も再び25日移動平均線割れ。もっとも、今日の終値水準は先週金曜日終値と大きく変化ない(TOPIXはチョビ上、日経平均はほぼ同一水準)ので、昨日と今日は「無かったこと」でちょうど良かったのかも知れません(ハイ、暴論です(^^;)。ただ、ある程度の市場参加者が「そろそろ梅雨入り」と頭の隅っこで考えていたところだっただけに、昨日の上げを単に数字で大部分打ち消した以上に、嫌な場味を残したと考えています。ここで意外感があるような上昇が演出できれば、市場の雰囲気は大きく変わるのでしょうけど、それを「やる」のは外国人投資家しか見当たらず、結局のところは、欧米株式市場のパフォーマンス次第です。はぁ~(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比4億7012万株も増加して20億3859万株、売買代金は同5079億円増の2兆2924億円。米英の外国人投資家が休み明けで戻ってきた感じ。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比46.61円高の13939.92円(9時15分確定)。「寄り天」ではなかったにしろ、かなりそれに近い格好ではありました。日経平均の日中値幅は313.82円(前場143.77円、後場237.40円)と比較的大きい目。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、フローは少ないものの、買い越し(1760万株売り/2260万株買い)でした。

● 先物手口で大きいのだけ抜き出しておきます。日経平均先物では、カリヨンが3639枚売り越し、CSが1771枚売り越し。買い手はGSが1276枚買い越し、ニューエッジが1111枚買い越し、ドイツが1011枚買い越し、大和SMBCが売り手口不明の2399枚買いなど。TOPIX先物では、CSが2930枚売り越し、JPMが2712枚売り越し、UBSが2431枚売り越し。買い手はBNPPが4193枚買い越し、GSが1554枚買い越し、野村が1552枚買い越し、ニューエッジが1051枚買い越しなど。皆さん、殴り合いお疲れ様でした(^^;。

● 話題変更。先週、野村アセットの 「野村日本割安好配当株投資0805」 が上限1000億円に対して706.9億円も集めて話題になったのは先週5月22日。奇しくも、バリューが効いて直近のピークを付けたのがこの日で、それ以降、バリューもリバーサルも鳴かず飛ばず状態(今日はリバーサルがかなり逆噴射)。単なる偶然かどうかは不明ながら、配当利回りが良い銘柄とバリュー(割安)銘柄には共通点が多いこともあって、投信設定による需給面の影響がバリューのパフォーマンスに影響を与えていた可能性は、多くのFM諸氏が感じていると思います。

● 今週末の5月30日には、日興アセットの 「日興ジャパン高配当株式ファンド」 が設定予定。上限が5000億円と設定されているものの、本当の焦点は、果たして実際にいくらぐらい集まるのか、です。色々と漏れ聞こえてくるのはあるのですが、まぁ、ここでは書かないでおきましょう(^^;。この投信も配当利回りに注目する点からバリューを押し上げる可能性がある一方で、募集状況が大したことなければ期待は肩透かしになるリスクもあり。運用担当者としてどうポジショニングするか、迷いそうです(^^;。

● ちょっと脱線。野村アセットの「好配当」はこれまで通りのパターンだったのですが、日興アセットの「高配当」って、「高」を使うことがOKになったのですかね?「高配当」という言葉は誤解を招くから商品名に使うのは駄目、という"ご指導"があったと、昔、聞いた覚えがあったのですが、それって大丈夫になったのでしょうか?投信関係の方、ご存知でしたら、ちょこっと教えていただければと…(^^;。

● 雑談気味に。某市場筋から「CDSが急上昇!」とのメール。証券化商品がどうのこうのとか信用収縮がどうのこうのではなく、ヘラクレス銘柄のCDS(2169)のお話(^^;。何でも今日で4日連続ストップ高と。いろんな名前の銘柄があるものです(^^;。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/640-a9c2c685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。