このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1247.77 (-.39.78, -3.09%)    日経平均 : 12782.80 (-432.62, -3.27%)    円ドル : 102.65  

● オーバーナイトの米国株が下落し、さらにシカゴ日経平均先物が大証比で400円超の下落。朝からかなり酷い相場になることは予想できたし、実際にその通りの1日になってしまいました。もっとも、昨日の相場上昇がちょっと余計な感じもあったので、その分を割り引けば、指数の第一印象ほどは極端に悲惨な状況では無かったと考えています。それでも、心理状態がネガティブに振れるとすぐに売られてしまうあたり、まだ「手出し無用」の雰囲気がプンプンしていたのは違いありません。

● 今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比394.16円安の12821.26円(9時25分確定)。今日の日経平均ザラ場安値は前日比470.90円安の12744.52円(-3.56%、9時32分)だったので、寄付きの売りが一巡してからは、それほど大きく叩かれなかったとも言えます。下の日中足をご覧頂いても、その辺は感じて頂けると思います。もっとも、TOPIXのザラ場安値は-43.26pt(-3.36%、14時38分)と後場終盤に記録しており、その点では不安も残していたのは否定できません。今晩は米雇用統計もあるし、積極的に何かをするって感じの空気ではありませんでした。海外クレジット市場が日本の株式市場を上下するネタになっている状況なので、先読みが非常に困難な状況が続きます。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 一般的な話はともかくとして、個人的に今日の相場で強く感じてしまった(そして多少の不安感も)のが、今日の相場が「昨年の8月に似ている」との印象を受けたこと。その根拠はファクター分析によるもので、バリューもリバーサルもかなり酷い1日でした。この数日の動きと併せて考えると、昨年8月とか昨年11月に似た印象だったのです。もっとも、今日は昨年8月ほどのスケールも急激さもなかったので、「ミニ版」って感じでしたが、ここ数日感じていた違和感が今日になってかなり強く出た、と感じています。おそらくファンドの解約があり、ロング/ショート系のファンド(ロング・バイアス・ファンドだった可能性もあり)が、かなり大きくアンワインドしていたと推察しています。大引後に債券のトレーダーとも話をしたのですが、彼も債券市場について「昨年8月を想い出す」と言っていたので、株式だけではなく、商品をまたいで何かの動きがあった可能性は考えられます。

● ファクター分析以外でも、寄付きで一部銘柄に妙な大口取引が見られたことも根拠の一つ。例えば、寄付直前(8時59分)に三菱地所(8802)に20万株×4本の買いが入り、そのため同株は全面安のなかで高寄りし、その後スコーンと急落する不思議な動きがありました。他にも新日鉄やミレアにも寄付直前に大口買いが入り、同様に高寄りしてその後、スコーンと下落しています。パッと見では理解不能ですが、相場観で底打ちを確信して買いに行ったのではないのは明らか。ショート玉のアンワインドと考える方が筋が通ります。ロング/ショートだったら、同時にロング側を売っていた可能性があるんですが、今日の急落の嵐のなかではそれは見え難く、結果的に買いが目立った格好。もっとも、この辺は全て私の「妄想」(^^;かもしれませんので、為念。

● 代表として三菱地所の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。この相場で前日比プラスで寄り付いているのですから…。

三菱地所(8802)日中足

● 記録。東証1部出来高は前日比8487万株増の20億7743万株、売買代金は同1068億円増の2兆3533億円。今日も指数が大きく動いた割には取引は盛り上がらず、基本的な見送り姿勢に変化なし。ある意味で、昨日ビルの屋上から放り上げたナイフが地上に向けて落ちてきているようなもの(^^;で、それを素手で掴もうとするのはあまりにも危険ってことは、皆さんが分かっているような感じでした。そんな状況でもプッシュして売る向きがいるので、指数としてもこんな下がり方をするのです。ホンマ。なお、こんな日でも52週高値を付けた銘柄が2銘柄もありました(TOPIX500ユニバース)。それはコナミ(9766)と三洋電機(6764)でした。

● 東証1部値上がりは180銘柄で、値下がりは1491銘柄。日経平均の日中値幅は280.09円(前場280.09円、後場90.20円)で、後場は数字からも分かるように、さらに、前場もドタバタ一巡後は横ばい小動きでした。一方、大引後に発表された先物の手口を見ても、特に大きなのはなく平穏でした。市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き売り越し(3830万株売り/2080万株買い)でした。今週は大量ではなかったものの、外国人売りが止まる感じがありませんでした。

● 今週は疲れました…ホンマ(^^;。来週はビッグSQがあるし、多分、その前には日経平均銘柄入替の発表もあることでしょう。また、米国証券会社の決算も相次ぐので、心理的に振られる局面があるかもしれません。モノラインにしても、相場の反応としては「好材料」としてよりも、「悪けりゃ悪材料」という方向に向かいつつある印象が強くなっています。また、マイナーなところでは、日銀総裁の件で政治的にドタバタする可能性もあります。海外向けのメッセージとしては最悪です、ホンマ。まっ、何はともあれ、皆様も良い週末を!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/582-744c7adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。