このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1403.06 (+10.35, +0.74%)    日経平均 : 14528.67 (+28.12, +0.19%)    円ドル : 109.45  

● 今日も朝からドカンとは下がらないものの、覇気に乏しい展開が継続。シカゴ日経平均先物は大証比50円高だったものの、それだけでは上昇に繋がらないところが今の地合いです。昼休みの立会外バスケット取引が買い越しだったためか、他のアジア市場がそれなりに堅調だったためか、後場寄付き直後に指数はプラス転換。「今年初めてのプラス!」との声まで出た(^^;ものの、その後、買いが続かずにダレダレ。「やっぱりアカンか…」と諦めの空気が強くなってきた最後の1時間に、今度はジリジリと上向きになり、大引けではかろうじてプラス。もっとも、東証1部では値上がりが703銘柄だった一方で、値下がりは897銘柄あったなど、指数としてプラスだったものの、相場として「高い」というには躊躇するところもありました。でも何はともあれ、「2008年初の上昇」(^^;を素直に好感しておきましょう。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。後場寄付き直後に一度プラス転換したものの、その後、ジリ貧で諦めかけた頃に上昇に転じた粘り腰をご覧頂ければ幸いです。

● 「今日の相場でコツンと来たか?」と聞かれると、「音は聞こえなかった」が大勢と推察します。単に耳が悪いだけの話かもしれませんけど(^^;、私も聞こえませんでした。テクニカル的に自律反発は当然のタイミングだったし、海外はともかく、国内からはある程度のリバウンド狙いの買いが入っていた印象はありました。今週は月初リバランス週でもあり、値下がりによって株式のウェイトが下がり過ぎていたら、年金資金がウェイト調整で買い越す可能性が高い週です。

● ただ、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなり大きな売り越し(3340万株売り/2250万株買い)だったし、どうも年が明けてからも「日本株外し」が完全に終わったとの感触が持てないままです。少なくとも、ピークは過ぎたと考えてはいるものの、外国人投資家が買い越してくるような展開にならないと、需給面から相場上昇シナリオを描くのはかなり苦しいのが現実。さらに、裁定買い残高も決して少ないって水準でもないので、少し足を踏み外すようなことがあれば、断続的な裁定解消売りでスパイラル的になる可能性も否定できないのです。まぁ、今晩の米国株次第でしょうが(^^;、明日以降が焦点です。

● 記録。東証1部出来高は前日比5516万株増の21億1415万株、売買代金は同905億円増の2兆6315億円。今朝のSQ値を計算すると、前日比83.60円安の14416.95円(9時15分確定)で、シカゴの水準を考慮すると弱目に寄付いたことが分かります。寄付き後すぐに今日の安値を付けた(TOPIXは9時05分、日経平均は9時06分)後は、それほどのフォロースルーの売りが多くなかったことが、後場プラス転換できた背景だったのかもしれません。また、日経平均の日中値幅は181.94円(前場103.38円、後場151.75円)でした。

● 今日は何となくネタ切れです。昨晩、たまたまCS放送で「フィールド・オブ・ドリームス」をやっていて、それを最後まで見てしまった(あの映画は何回見てもホンマに泣ける)ので、やや寝不足気味です(^^;。今日は短いですがこの辺で。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/539-988e7081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。