このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1516.94 (-39.75, -2.55%)    日経平均 : 15771.57 (-325.11, -2.02%)    円ドル : 112.70  

● 朝からNYと為替を見てどよ~ん。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き大幅な売り越し(5810万株売り/2740万株買い)で一段とどよぉ~~ん。寄付き前からExcel上の日経平均速算値は前日比600円超安で推移。CME日経平均先物の水準を見る限りでは、「そこまでないやろぉ」と考えながらも、大幅安は避けられない状況でした。今朝のSQ値を計算すると、前日比320.69円安の15775.99円(9時41分確定)。朝方の売り一巡後に、この水準を上回れるかどうかに注目していたのですが、瞬間的に上回った局面はあったものの、基本的にはここを上回れないまま推移。逆に一時的にしろ、朝方の「そこまでないやろぉ」の水準近辺まで下落する羽目に陥ってしまいました。「米国株大幅安+円高+サブプラ疑心暗鬼」の三点セットにはかないません、ホンマ。

● TOPIXの日中安値は前日比52.72pt安(-3.39%、13時21分)まであり、日経平均は同470.62円安(-2.92%安、13時22分)までありました。東証1部の出来高/売買代金を見る限りでは、まだ前日比で20%程度の増加にとどまったことで、商いが殺到しているというよりも、買い手控えのなかで売られている印象でした。どちらかというと諦めの気持ちもあったと思います。これだけ下落すると保存しておく必要がありそう(^^;なので、日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 普段はこういうときに買いに行く年金資金にしても、バリューが今一つ効かない状況だと、積極的に安値を拾う雰囲気になるのも難しい状況。ただ、安値が付くのは古今東西、「八方ふさがり」で「絶望感」に満たされている時。今がそれかどうかは分からないとしても、下がればそれなりにリバウンドのチャンスも広がるかと…(^^;。こういう時こそ楽観的に考えないと!

● 記録。東証1部出来高は前日比4億0810万株増加の24億5445万株、売買代金は同3032億円増の3兆0466億円。東証1部値上がりは128銘柄、値下がりは1565銘柄で、今日は文句無く「ほぼ全面安」状態。TOPIX500銘柄のなかで52週高値を付けた銘柄はさすがに無かったものの、52週安値銘柄は85銘柄と、それほど多くはありませんでした。安値銘柄は、アドバンテスト、東京エレクトロン、NTTデータ、あちこちの銀行株、ヤマトHD、オリックス、信越化学、積水ハウス、大和ハウス、村田製作所、リコーってなところ。システム運用系だと、見覚えがあるような銘柄ばかりだと思います(^^;。日経平均の日中値幅は265.17円(前場が191.94円、後場が158.14円)、日経平均VWAPは15731.95円でした。

● 今日は東証1部がメタメタだったのに対して、東証マザーズが+3.42%、大証ヘラクレスが+1.54%、JASDAQ指数は-0.26%と、新興市場が軒並み東証1部を大きくアウトパフォーム。このところ、新興市場が東証1部系と逆の動きをすることが度々あります。単に資金を「東証1部→新興市場」と動かしているのか、もっと大きな潮流が流れているのか、注意しておきたいところです。

● 話題変更。サブプライム問題がくすぶり続けるなか、欧米金融当局は引き続き流動性の供給を続けています。いわばジャブジャブの資金があることで、それが株式に向かわず、商品に向かってしまっているのは明確。原油高などは、ある意味で各国が容認するという「暗黙の了解」があるのかも、とうがった見方をしてしまいます。地球温暖化への対応として、京都議定書で議論するよりも、原油が上がってしまって化石燃料の消費が落ちることで、自然と二酸化炭素削減という副作用が発生することになります。良い例がトヨタのプリウス。発売当初は割高感を指摘する声もあったのを覚えていますが、今となってはタクシー会社が採用する時代。もちろん量産効果もあったでしょうが、それ以上に原油高に伴う燃料費高騰が背中を押したのは間違いないんです。他にも電気自動車や燃料電池などの開発も、化石燃料の高騰があってこそペイします。こう考えてしまうと、短期的なトレンドではない可能性も頭に入れておかなくては…なんてふと考えてしまうのです。

● 最後に、こんな日ですから、指数ヲタク向け情報番外編。香港ハンセン指数の銘柄入替が昨日発表されています。 リリースのPDFはこちら です。ほぉ~って感じで眺めておきましょう(^^;。PetroChinaですか…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/496-aedb4acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。