このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1563.86 (-6.69, -0.43%)    日経平均 : 16358.39 (-92.19, -0.56%)    円ドル : 114.45  

● 「上値が重たい」と見るか「底堅い」と見るかで、相場の印象はかなり異なると思うのですが…(^^;。朝方はNY株高などに引っ張られて堅調だったものの、寄付いた水準近辺でのもみあい。後場に入ってから、NY Times紙に 「Merrill Lynch to Report $2.5 Billion in Added Loss (米メリルリンチが25億ドルの損失を追加計上する見通し)」 との記事が流れ、銀行・証券などの金融株がスコーンと下落。相場全体も再びサブプラ疑心暗鬼に陥ってマイナス転落。もっとも、そこから大きく売り込むほどではなかったのですが、地合いの悪さというか、買い手の乏しさを感じてしまった1日でした。

● 今日も日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 一方、FM諸氏の間でも話題になりつつあるのが、ここ最近の新興市場の上昇。今日も東証1部がこの体たらくだったのとは対照的に、東証マザーズ指数は+2.21%、大証ヘラクレス指数は+1.70%、JASDAQ総合指数は+1.40%とそれぞれ堅調でした。証券会社のレポートでも、あちこちから「小型株が変わった」系レポートが続々と出てきており、とりわけ、東証マザーズ指数が200日移動平均線に突っ掛けてきているのは、色々な意味で意識せざるを得なくなってきた感じ。TOPIXの200日線は1700pt弱だし、日経平均は17300円弱。このように格好で比較すると、マザーズの戻り方が分かります。

● ただ、マザーズなどは、あのライブドア事件以来、ほぼ1年9ヶ月に渡ってひたすら下げ続けていたので、この程度の反発は自律反発の範疇と言えばそ うかもしれません(^^;。マザーズ、ヘラクレス、JASDAQが底打ちしてから反発し始めた起点を9月25日として、同日終値を基準にそれぞれの本日終値水準をみると、以下の状態です(計算はBloombergを利用)。かなりマザーズ、ヘラクレスのぶっ飛び方が大きいのが分かります。

主要指数
TOPIX99.81 日経平均99.74
新興市場 TOPIXサブインデックス
東証マザーズ146.26 TPX Core3098.84
大証ヘラクレス133.49 TPX Large7099.89
JASDAQ総合指数114.89 TPX Mid400100.27
東証2部指数103.66 TPX Small102.08
計算はBloomberg Professional による

● 多くの国内機関投資家のファンド(年金資産)はTOPIXベンチマークなので、現時点での新興市場の上昇はある意味で「遠い対岸」。でも、それが東証1部の小型株に波及してくるとなると、話が変わってきます。まだ現時点では、その動きは顕著ではなく、TOPIX Small を見ても、誤差の範囲よりちょっと大きいかな程度のアウトパフォーマンスに留まっています。今後、東証1部の中小型株に影響が大きく波及するのかしないのか、この辺はウォッチしておく必要がありそうです。

● 記録。東証1部出来高は前日比3億0727万株も増加したものの、昨日が情けなさ過ぎた(^^;ので17億7033万株どまり。売買代金は同3723億円増の2兆4207億円でした。東証1部値上がりは657銘柄、値下がりは932銘柄でほぼ指数の印象通り。今朝のSQ値を計算すると、前日比73.27円高の16523.85円、日経平均採用銘柄のVWAPを集計して計算した日経平均VWAPは16463.79円でした。ちょっと買い手はしんどい1日だったと推測します。日経平均の日中値幅は248.26円(前場87.56円、後場200.07円)で、後場にニュースに連動してズッコけた様子が分かります。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、売り越し(3770万株売り/3450万株買い)でした。なお、今日の不思議は、上海株式指数ETF(大証、1309)がストップ高したことでしょうか…(^^; (^^; (^^;。任天堂のストップ高もビックリしましたけど…(^^;。

● さて、夕方には、WSJ紙にも類似記事 「Merrill Loss May Be Wider Than Projected」 が流れていましたが、今晩のメリルリンチ(MER)の動きは、注目しておきましょう。Bloombergによると決算は「Before Market」の予定です。しかし、サブプラ問題は段々と日本では既視感のある風景(^^;になりつつある印象ですが、結局は「隔離(飛ばし)」して時間が解決するのを待つしかないのでしょう。欧米での処理は日本よりは迅速に行われると期待するものの、それでも1ヶ月や2ヶ月の単位ではなさそうです。ただ、相場として、この問題の「底」を見るのは、実際の問題解決よりもずっと早い時期だと考えているので、そのタイミングを見逃さないようにしないと…。

コメント
この記事へのコメント
ご教授いただきまして誠にありがとうございました。自己屋が規制しようとも、昨夜のPTSでは強く、今日の寄りからしばらくは強かったです。個人と自己屋とさほど板乗りのハンデがない大証のシステムですし、個人は自己屋規制になろうとも青天井ヘラクレスIPOを想像しながらアホになって、寄りからしばらくは買ったのでしょうかね。
2007/10/25(木) 20:54 | URL | J #mQop/nM.[ 編集]
1309上海ETFについて…
ちょっと舞台裏について書くと、今朝の段階では、プロ向けのレンディング市場では数百株程度の借株は出来たようですが、それも瞬間蒸発。午後には「数株単位」でしか借りることができないようになっていました。しかも、トンでもないレートで(^^;。だから、実際にはヘッジファンドなどにしても、借りることが出来なかったハズです。その辺が分からない方々は、どうせ「空売りで相場を潰した」というでしょうけどね。

このETFは、もう少し組成方法について工夫があれば、というのが正直な感想です。中国株の場合は、認可を受けている法人毎に投資できる金額に制限があります。そのため、どうしても上限が限定的になってしまいます。この枠の使い方を工夫すれば、もっと流動性も供給できたはずなので、昨日のようなトンでもない値段は付かなかったと思うのですが(だから今日の急落も避けられたかも)。

そのうち、ちゃんとした情報が集まれば書くかもしれません(^^;。
2007/10/25(木) 19:06 | URL | 虎年の獅子座 (管理人) #xjXSaZNA[ 編集]
いつも参考にしており、唸らる内容の場合には拍手しております。
1309上海ETFですが、既にETF(株)を借りて空売り裁定取引している方々がいて、ETF(株)不足ななった。→あわてて株券印刷のような追加設定と自己屋売買規制というシナリオなんでしょうか。
ワケの分からない質問ですがご意見いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
http://www.ose.or.jp/frame.html?news/0710/071024f.shtml
http://www.ose.or.jp/frame.html?news/0710/071024e.shtml
2007/10/25(木) 00:14 | URL | J #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/485-afca39df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。