このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1658.18 (-1.88, -0.11%)    日経平均 : 17177.89 (+17.99, +0.10%)    円ドル : 117.30  

● 米国株が妙に高い翌日の東京は、何となくこうなるのは多くの方々が予想していたでしょうけど…(^^;。日経平均の日中高値は9時26分で完全な寄り天ではなかったものの、TOPIX高値は9時06分でかなり完璧に近い寄り天(^^;。今朝のSQ値を計算すると前日比78.38円高の17238.28円(9時15分確定)だったので、寄付きに買い付いた方々は、ちょっと悔いが残る1日だったかもしれません。要は米国株高につられて買いに行っても、日本国内のフォロースルーがあまりにも乏しいので、なかなか「グググッ!」って感じのフォロースルーのある押し上げ相場になりません。

● TOPIXは後場に入ってすぐにマイナス転落してしまい、日経平均も後場中盤に一時マイナス転落。日経平均は最後はバスケット買いでプラスに戻したものの、TOPIXはマイナス引け。市場全体に漂う失望感というか諦め感は否定できない1日でした。今日もインド株式が最高値更新したように、アジア各国の株式市場がかなり元気なだけに、比較感から余計に日本株の元気の乏しさが目立つ悲しい状況。出遅れは出遅れなんでしょうけど、いつまで経っても修正されない出遅れは、そのうち固定位置というか、それが地相場になってしまいます。こうなると、引っ繰り返すのはかなり面倒。その前に何とかしたいところですけど、いかんせん…。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。最後だけピョコンと上昇しているのをご覧いただけるでしょうか?それが無ければ、日経平均もチョビマイナスだったところでした。

● 今日はさすがの東証マザーズも反落。でも、ここまでマザーズ指数は10連騰していたのですから、小休止は理解できます。問題は小休止後にちゃんと立ち上がって走ることが出来るかどうかです。今日のマザーズ指数終値は857.19ポイント。100日移動平均線の813.51ポイントは順調に越えて来て、次は200日線の938.14ポイントあたりがテクニカル的な焦点。2006年4月初旬(ライブドア事件の後の戻り局面)に200日線に何度も絡んだものの、結局、終値では上回ることが出来ずに、その後はずっと下げ基調。もし200日線を終値で上回れば2006年2月10日以来。片目で注目しておきます(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比1069万株減の16億9363万株、売買代金は同1503億円減の2兆2715億円。お世辞にも盛り上がったとは言い難い1日でした。東証1部値上がりは706銘柄、値下がりは863銘柄と、若干、値下がり銘柄数の方が多い状態。日経平均はプラスで終わっていますが、実際の印象としてはTOPIXのようにチョビ安の方が合う感じ。日経平均の日中値幅はわずかに108.13円(前場52.18円、後場78.19円)。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き売り越し(3730万株売り/2710万株買い)。売りはあまり変わらないものの、また買いが減ってきた印象でした。

● 指数ヲタク系のニュース。大引後に東証から 「新しい業種別株価指数"TOPIX-17シリーズ"の算出・公表について」 とのリリースが出ています。要するに東証33業種を「まとめて」、全体で約半数の17業種にするもの。実際問題、水産・農林や空運なんてところは、銘柄数が少な過ぎたり、時価総額が小さ過ぎて、まともにポジション取るのが難しい業種だったので、この辺を整理するのは歓迎。東証33業種をお互いにくっ付けたものなので、既に似たような格好で業種分類して使っている方々もあると思います(実は私の勤務先社内でもそうしています(^^;)。今後、色々なリスクモデルが東証17を採用するのなら、「33→17」の流れが出来てくるかも知れません。何と言っても、これまでの水産・農林や空運の分類に文句のあった方々は多いでしょうし…(^^:。

● この業種別指数の登場で相場的に何が変わるか…ですが、正直なところ、すぐには全く何のインパクトも感じないだろうと思います(^^:。想像力を膨らませて考えると、例えばこれまでは「業種で一番大きい銘柄だったから」といった理由でポートに入っていた銘柄が、今回の「業種まとめ」で「業種で一番」に該当しなくなり、ポートの中で埋もれてしまう(場合によっては放出される)可能性が考えられます。この辺は、運用現場で東証33業種での縛りがどの程度あるかが要因になるでしょうけど、広範囲にその縛りがあったとしても、運用側がセクター縛りの基準を東証33業種から東証17業種へ変更するには、それなりの時間が必要。インパクトがあるとしても、効き目はジワジワと来る漢方薬型でしょうネ…(^^;。なお、リリースによると指数算出開始予定は、2007年12月10日(月)からで、1993年7月6日までの遡及値があるそうです。ちょっと期待しておきましょう。

● そうそう、昨日書いた日興CGの超大口クロスの件、日本証券業協会の 「取引所金融商品市場外売買等 相場表」 に掲載されています。今日時点では「速報版(前営業日)」(10月9日約定分)のPDFで23ページ目です。ご参考に。

コメント
この記事へのコメント
そうなんですね・・・^^;よくわかりました!
親切に教えていただいてありがとうございました。

2007/10/12(金) 10:17 | URL | まさ #-[ 編集]
TOPIX-17と業種別ETF
いらっしゃいませ。ご質問のようなことが起こらないように、既存の東証33業種も算出を継続する、ってことです。東証33業種が突然消えてなくなるわけではありません。東証33業種指数に基づいて組成されているETFは、これまで通りの形で存在し続けるハズです。

ただし、将来的には17業種に適応したETFが「新しく」出てくる可能性は十分にあると考えています。
2007/10/11(木) 21:36 | URL | 虎年の獅子座 (管理人) #xjXSaZNA[ 編集]
はじめまして、今日初めてこちらにお邪魔しました、私は投資歴1年の超初心者なのでつまらない質問かと思いますが、教えてください。
今日のコメントの「TOPIX-17」についてですが、この体系に業種が絞られると、いままでの業種別ETFなどはどうなるのか疑問です。
たとえば輸送用機器のETFだとすると今度からゴムなどの業種もETFの中に組み込まれるのでしょうか?うーんそうすると「TOPIX買い」みたいなことはおきないでしょうか?うーん・・・変な質問かもしれませんが、よかったら教えてください。
2007/10/10(水) 21:11 | URL | まさ #-[ 編集]
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/475-944d14b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東京株式市場は続伸 日経平均57円高朝日新聞10日の東京株式市場は、前日のニューヨーク市場のダウ工業株平均が史上最高値を更新したことなどを好感して、続伸して始まった。ただ、利益確定のために売却する動き...
2007/10/10(水) 23:01:14 | 東京株式市場の動きを追う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。