このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1532.39 (+7.17, +0.47%)    日経平均 : 15877.67 (+112.70, +0.71%)    円ドル : 113.75  

● 今日は前場と後場で風景が違った1日でした。米国株や為替はそれなりに落ち着いていたし、寄付き前に発表された機械受注も予想を大きく上回る数字。でも朝方は軟調な展開。どうも乗り切れない雰囲気が濃厚でした。後場に入る前から、やや開き直り気味(^^;に銀行と不動産株が反発。さらに、商社、鉄鋼、海運、証券、保険、繊維などへこの動きが波及し、終わってみればそれなりに堅調な1日。特に超低迷中だった不動産と銀行が戻りを引っ張ったのは、後場の印象的な風景でした。ただ、新興市場が軒並みマイナスのままだったところなど、それでも「乗り切れない感」は否定できませんでした。日経平均は3日ぶりの上昇だったのですが、TOPIXは7日ぶりのプラスでした。

● 物色動向としては、現物では銀行・不動産などのドメドメ系が頑張ったものの、日経平均先物に時折入った大口買い爆弾の影響も否定できない状態でした。SQ直前のロールオーバー時期なので、ロール絡みの大口売り買いが単品市場に出てくるのは、この時期には良くあるケース。ただ、それを見てマーケットが動くこともあるので、その辺が日経などに「仕掛け的な」と書かれることになります(^^;。

● 一方、今日の相場の参加者に日計り族が多かったのを物語っていたのが、大引前15分ほどでの伸び悩み。これも中長期の投資家が一斉に見送り姿勢で、オーバーナイトで何が起こるか分からん、という空気のなかでは、ある程度は仕方ないし、贅沢言ってる場合ではないんですけどネ(^^;。今日は日経平均先物(9月限)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。伸び悩み感を感じて頂ければと…。

● そのロールオーバー。かなり活況に商いされていたものの、業者間取引のスプレッド水準はジリ貧気味で、昨日と比較すると、日経平均先物で1円ほど下落し、TOPIX先物で0.2-0.3ポイントほど下がった格好。取引所取引の方は、特に日経平均先物の10円ティックが大き過ぎる状態で睨めっこになっているものの、TOPIX先物では限月間スプレッド取引は61,188枚と、単品取引(9月限=45,210枚、12月限=7,329枚)を大きく上回る状態です。取引所取引では-6.0/-6.5ポイントで終わっています。明日あたりがロールのピークですかね?

● 東証1部出来高は前日比1103万株減の17億5272万株、売買代金は同557億円減の2兆4432億円と、数字の上からも「乗り切れない感」が分かります。東証1部値上がりは774銘柄、値下がりは807銘柄と、指数とは若干違う動き。これは相場を引っ張ったのが指数に連動し易いLarge 70銘柄群に集まった結果で、特にSmallは24bps負け。ここが響いた格好です。今朝のSQ値は前日比37.27円高の15802.24円。日経平均の日中値幅は329.73円と比較的大きく、前場193.75円、後場192.89円とほぼ同水準でした。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き大幅売り越し(4060万株売り/2220万株買い)でした。

● ちょっと話題変更。最近の相場では、海外市場と比較して日本株の元気の乏しさが目立ちます。今日も最終的にはプラスになったものの、朝方はグズグズ状態だったし、震源地の米国株以上に下がることも珍しくありません。日本株について言えば、サブプライム問題が本当の問題ではなく、それ以上の暗雲があると考えるしかなくなって来た印象。で、それは何かとすると、結局は日本固有の問題、と考えざるを得なくなってきた格好で、各社から出てくるストラテジストのレポートにも、そういった論調が増加している印象があります。

● 多少は相場低迷からくるスケープゴート探し(^^;の面は否定できないものの、日本の政治のリーダーシップ欠如は、如何ともし難いとの失望・苛立ちはもっと大きいのでしょう。もっとも、最終責任はそれを選択してしまった選挙権保持者の国民にあるワケで、いまさら文句を言っても仕方ないんですけど…。ただ、外国人投資家にとってみれば「日本株やめた」も十分に有り得る話。国会が始まる前から「解散総選挙は時間の問題」なんて声が飛び交うなんて、外から見ていたら「おまえら、そんなことしとる場合か!」とも言いたくなるのは分かります(残念ながら)。改革がホンモノかどうかは別にして、改革メッセージを全世界に発信したことで日本株にプレミアムが付いていたとするならば、それが剥げると下落率が大きくなるのは筋が通ってしまうのです(再度、残念ながら)。

● 雑談。今朝、市場筋の間を駆け巡っていたメール。この 「ミューロ」 っての、確かに言われてみれば、昨日発表されたソニーのRollyに似ています(^^;。

● もう6年も経過したのですね、あの日から…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/454-efce1e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。