このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2007年09月03日(月) .... 小幅安、全般模様眺めで商い低調

 TOPIX : 1605.44 (-2.81, -0.17%)    日経平均 : 16524.93 (-44.16, -0.27%)    円ドル : 115.95  

● お久しぶりでございます(^^;。約1週間の休暇を終えて戻ってきました。ただ、あまり代わり映えしないというか、盛り上がっている雰囲気を感じることが難しい1日でした。先週も金曜日などを除けばこんな格好みたいだったし、「もう一度ドカン」があるかもしれないと考えるだけで、「何も今焦って動く必要がない」ということになってしまいます。さらに、月初リバランスは早くても明日以降だし、動くに動けない雰囲気が濃厚な1日でした。東証1部出来高は前週末比3億2220万株減の15億1786万株にとどまり、売買代金は同6320億円減の2兆0377億円。2兆円割れにならなくて良かったというか…(^^;。

● 個別銘柄について書こうかとも思ったのですが、エキサイトして書くほどの動きを感じないまま1日が終わってしまった感じ(^^;。加えて、休み中に届いたメールの山に埋もれてしまい、加えて容量リミットに引っ掛かってメールの返事が出せない状態(^^;。と言うわけで、今日はこの辺でマーケットコメントは終わりにしておきます(^^;。まだ浦島太郎気分が抜けないところですが、そろそろ「日経平均銘柄入替え発表」への警戒感を強めておく時期(^^;ですし、早急に普通の状態に戻して行きます!

● 記録。東証1部値上がりは807銘柄、値下がりは793銘柄ほぼチャラ。今朝のSQ値を計算すると、前週末比34.75円安の16534.34円で、結局はこの水準から大きく乖離することはありませんでした。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、2日連続の買い越し(2710万株売り/3580万株買い)。ただし、フローはかなり少ない状態でした。

● 今日の日経平均の日中値幅は1日通しで123.23円(前場117.92円、後場84.35円)。一時的に指数はプラスになる局面もあったのですが、基本的には水面下の動きがほとんど。もっとも深海に降りていく感触ではなく、水面近くでシュノーケルを突き出しながら、方向感に乏しくプカプカと流されるだけ(自ら泳いでいるのではなく)ってイメージでした。日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● さて、今日の米国はLabor Dayでお休み。基本的には、メモリアルデー(今年は5月28日)からレーバーデー(9月3日)までが「夏休み」ってことになるので、休み明けからは気分的にも「よっしゃ、やるぞ!」になります。子供の学校も始まりますしネ(先週始まったところも多かった)。

● そういったなかで、まったりと、夕方届いた The Gartman Letter を読んでいると、「September is the cruellest month」なる見出しが(^^;。1950年からのNYダウのパフォーマンスを月別に取ると、9月が最悪とのこと。グラフから見ると、ざっくり1%程度のマイナスに見えます。1980年からの数字だと約1.5%程度のマイナス。しかし、10月、11月とかなりパフォーマンスが盛り上がっているように見えるので、ある意味で「9月(後半)は買い場」なのかもしれません。自分では検証していないので現時点では伝聞に過ぎないのですが、時間があればチェックしておきたいです。朝起きてNYダウの前日比を見た瞬間に東京相場の動きが予想できてしまう情けない展開が続いているだけに、ちょっとだけ気にしておきます(^^;。

● ところで、この「買い場」という言い方は、フルインベストメントをやっていない方々にとっては、「おぉ~そうか」と素直に受け止めることが出来るのかもしれませんが、機関投資家のように、常にフルインベストメントを求められている運用担当者にとっては、「今月は買い場ですよ」と言われても、結構、空しく響くこともあります。「今月は買い場ですよ」はある意味で、「目先的には下がりますよ」と同意語。フルインベストメントでない自由があれば、事前にポジションを減らして現金にしておいて、買い下がるなりの手法が取れます。しかし、常に100%のエクスポージャーを取ることを義務付けられているFM諸氏にとって、100%張りながら、波をどううまく乗り切っていくのかは、腕の見せ所でもあり、悩ましいところでもあります。単純にベータ値を落とせば良いってもんでもないですからねぇ(^^;。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/448-d324b541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。