このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1757.29 (-18.88, -1.06%)    日経平均 : 17963.64 (-194.29, -1.07%)    円ドル : 121.10  

● 先週末の米国市場下落と為替円高などを受けて、朝から軟調な展開。特に前場には、日経平均先物で大口売りが何度か出たこともあって、前引け段階で東証1部↑193銘柄、↓1458銘柄と「ほぼ全面安」の展開。後場に入ってからは、先物の大口売りが落ち着いたこともあって、最近では見慣れた横ばい。前場以上に下落はしなかったものの、かと言って戻る雰囲気もなく、結局、日経平均は1万8000円割れ。チャート的には下値支持線ギリギリの水準まで下がった格好で大引けとなりました。日経平均先物(9月限)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。前場と後場の値動きの違い、出来高の違いをご覧頂ければと…。

● これほど値下がり銘柄数が多かった割に、主力銘柄で値上がりしている銘柄も結構あったのです。ちょっと書き出してみましょう。ユニバースはTOPIX100指数銘柄です。

52週高値更新銘柄 … 新日鉄(5401)、JFE HD(5411)、東芝(6502)、三菱重工(7011)、任天堂(7974)
52週安値更新銘柄 … 大和ハウス(1925)、積水ハウス(1928)、イオン(8267)、新生銀行(8303)、住友信託(8403)

● どちらも5銘柄ずつですが、かなり対照的というか象徴的な銘柄が並んでいます(^^;。ユニバースをTOPIX500に広げると、高値更新銘柄には、他にコスモ石油(5007)、日本製鋼所(5631)、別子(5713)、川重(7012)、グローリー(6457)、豊田合成(7282)、ガイシ(5333)などが入ってきます。しかも、高値や安値を更新する銘柄が何となく毎日同じ傾向(^^;。相場解説記事などには、まだあまり言葉としては出てこないですが、かなりの二極化が起こっているのは違いありません。ただ、それが業種などで一括りにし難い二極化の進展なんです。なお、上記は全てBloombergで調べています。QUICKが手元にないので、日本的な「年初来高値・安値」ではなく、世界標準(^^;の「52週高値・安値」です。

● さて、前日比ではソコソコ下落した気になった1日ですが、ザラ場での値動きはそれほど大きくなくて、日中の日経平均値幅は116.72円だったものの、これは前場の値幅で、後場は51.70円の値幅と半減。これも最近では見慣れた風景です。先物の大口取引をやっている向きが、前場だけの取引でもやっているのでしょうかネ(^^;。ならば、時差の関係で、米国が頭に浮かぶところですが、こればかりは、実際のところを知らないので何とも言えません。

● 大引後に開示された手口では、CSが日経平均先物で差引 6629枚売り越し、TOPIX先物で差引 5707枚売り越しでした。日経平均先物はそれ以外に、SGが差引 3422枚売り越し、買い手はトレーダーズが差引 2396枚買い越し、松井が差引 1896枚買い越しなど。TOPIX先物では、カリヨンが2208枚売り(買いは非開示)、SGが差引 2864枚買い越しなどが大口でした。最近は、トレーダーズや松井などが、CSの逆になることが多く、したたかな個人投資家の影を感じます(^o^)。

● 記録。東証1部出来高は、前週末比3億8068万株も減少して21億8955万株、売買代金も同4274億円減の2兆9012億円と、せっかく先週金曜日に盛り上がったのに…って感じでした。今朝のSQ値を計算すると、前週末比180.58円安の17977.35円で、初っ端からかなり安かったことが分かります。大引けでの東証1部値上がりは233銘柄、値下がりは1430銘柄とかなり圧倒的。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、9日ぶりの売り越し(3780万株売り/3550万株買い)でしたが、市場筋によると、今日は金額で若干の買い越しだったとのこと。

● 半分雑談。参議院選挙については、市場では「織り込み済み」との見方が多い様子。が、「与党が負ける」のを織り込んだのか、それとも「選挙結果を受けて相場が上昇する(もしくは下落する)」のを織り込んだのかは分かりません(^^;。企業業績発表でも同じような悲喜劇があるんですが、「織り込んだ」=「相場が動かない」を意味するとは限らない点が面白いところ。なので、「織り込み済み」との予想が増えてきたら、「相場が動かない」と考えるのではなくて、「もし相場が大きく動いたら何をすべきか」を考えておく必要が出てきます。こんな天邪鬼的考え方ばかりしているから、裏読みばかりして性格が歪んでしまうんですよネ(^^;。

● 最後に、そろそろ四半期業績開示も本格化します。で、昨日日曜日午後に日米主要企業決算発表予定ワークシートをアップデートしておきました。例によって意図的に数日遅れのデータにしていますが、今回のは先週金曜日大引時点のデータなので、実際には思いっきり賞味期限内です(^^;。こちら からダウンロードページにお進み下さい。左側のメニューからでも同じところに行けます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/418-09a55b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。