このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1758.65 (-19.46, -1.09%)    日経平均 : 18015 (-201.69, -1.11%)    円ドル : 121.75  

● それほど力強くはないにしても、外部環境などから堅調な展開を予想した向きが多かったかもしれません。たとえ軟調な展開を予想した向きにとっても、予想以上に下げ幅が大きかった印象の1日でした。「何でや?」になるのですが、一般的な相場解説の理屈付けとしては「やや円高に振れたことで…」とか、「インテル決算が…」となるのでしょうけど、どうも後付けっぽいのは否定できません(^^;。GlobexのNASDAQ100先物は安かったものの、1%も下がっていたワケではなかったし、為替にしても120円を超えるような円高だったのではなかったし…。と言うワケで、「よぉ、分からんけど結構売られた」ってことにしておきます(需給要因については後述(^^;)。

● 今の市場には、乗り切れない雰囲気が根強く漂っています。相場が一番嫌がるのは、悪材料そのものではなく、悪材料になり兼ねない不透明感。現在はそれがかなり「濃い」状態にあるだけに、ちょっと雰囲気がネガティブ側に行くと、どうしても「降りた」って感じの売りが出てきてしまいます。選挙の件もそうだし、業績の件もそう。さらに、ザラ場中に時事通信から 「傘下のヘッジファンド資産はほぼ無価値に、ベア・スターンズ―米紙」 とのニュースが流れたりして、余計に不透明感が増したのはあったかもしれません。「今晩のNY市場、大丈夫やろうか?」と一度考え出すと、もう手が止まってしまいます(^^;。

● 特に前場は先物でかなりの売り圧力を感じる展開で、「あそこが売っとるな?!?」は何となくありました(^^;。そして、大引け後に開示された先物の手口。思わず「やっぱりなぁ~」状態(^^;。独断と偏見で大きなのを書き出しておくと、日経平均先物でCSが 8187枚売り(買いは非開示)、カリヨンが差引 4400枚売り越し、UBSが差引 3485枚売り越し。買いはトレーダーズが差引 3151枚買い越し、松井が差引 2938枚買い越しでした。

● TOPIX先物では、CSが差引 3623枚売り越し、メリルが差引 1813枚売り越し、カリヨンが差引 1599枚売り越し。買いはMSが差引 1732枚買い越し、野村が2280枚買い(売りは非開示)、みずほが差引 1732枚買い越しなど。ちなみに、日経平均先物の8187枚売りは、全てVWAP(18051.0593)で売ったと仮定すると、想定元本だと1477億円あまりもの売りになります。まぁ、なんと言いますか…(^^;。

● 日経平均先物(9月限)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。特に前場の状況をご覧頂ければと…。後場は所々で大口売りはあったのですが、逆に大口買いも入っていました。でも、前場の方がかなり出来高も多かったのがご覧頂ければと…。

● 今日終わった時点でチャートを見ると、下値の切り上がり支持線ギリギリのところで今日は終了した印象。つまり、この水準より大きく下へブレるようだと、今年3月から続いていた緩やかな上昇トレンドに疑問が生じることになります。ただ、これまでも「ヤバイかな?」と感じたところで切り返すことを繰り返していたのも事実で、この先2日間ほどの相場の動きは、それなりに注意が必要になりそうな感じです。方向性そのものもそうですが、トレンドが変化すると物色動向も変わる可能性が高いし、さらにボラティリティーが上昇し始めると(往々にして下げ相場でボラが上昇する)、これまでのモメンタム的な動きから、一気にリバーサルへと変化する可能性も考えられます。何事も無ければ、また緩やかな上昇相場のレンジ内ってことになるのですけど…。3日ほど経過すれば、結果が分かると思います(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億6868万株も増加して22億2175万株、売買代金も同1749億円増で3兆0033億円。東証1部売買代金の3兆円超は、先週末ミニSQで3兆1061億円とか、6月SQで5兆1326億円などがあったのですが、SQ以外だと、ビッグSQ前日の6月7日3兆1559億円まで遡ることになります。東証33業種のうち、鉄鋼以外が全て下落。東証1部の値下がり銘柄数は1353銘柄に達し(値上がりは273銘柄)、「ほぼ全面安」の1日。ただ、そんな中でも52週高値を付ける銘柄もあって、三菱マテリアル、JFE、ニコンは52週高値更新し、終値でも前日比プラスでした。

● また、今朝のSQ値を計算すると、前日比96.61円安の18120.66円。今日は日中も比較的大きく動いた印象があったのですが、実はこのところと同じで、前場で値動きを「やった」状態。1日の日経平均値幅171.78円に対して、前場は丸々この値幅。後場の値幅は75.5円どまりでした。また、今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、6日連続の買い越し(3000万株売り/3020万株買い)だったものの、市場筋によると金額ベースでは少し売り越しだった模様。

● そうそう、植木組(1867)が何で寄付いたのか?書きたいところですけど、完璧に情報不足です(^^;。しかし、誰があんなに売ったのだろう?後日、必要になるかもしれない(^^;ので、今日の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。まぁ、傍観銘柄ですけどね(^^;。

植木組(1867)日中足

● 雑談。今日、九州南部が梅雨明け。関東地方の平年の梅雨明けは7月20日頃ですが、現時点の天気予報では、今週の金、土、日は晴れ間みたいですが、来週の月、火、水はまた曇り空みたいです。今年は関東の梅雨入りが6日ほど遅かったので、もしかしたら梅雨明けは来週後半ぐらいにまでずれ込むのかもしれません。いずれにしろ、夏本番はもうチョイ。獅子座の私としては、楽しみです(^o^)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/415-befb10a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。