このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2006年01月05日(木) .... 続伸、でも多少は警戒感も・・・

 TOPIX : 1685.15 (+12.08, +0.72%)    日経平均 : 16425.37 (+63.83, +0.39%)    円ドル : 116.20  

● 今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き買い越し(2870万株売り/3850万株買い)。このところの地合いの良さもあって、初っ端から買いでスタート。ただ、全体としてはやや警戒感が感じられたのも事実で、このところの「相場の柱」銘柄のソフトバンクも軟調。ソフトバンクには、「分割株二重割当事件」なんかもあったようですが、それ以上に、警戒感という心理面が影響していたと考えています。

● ただ、それがあったとしても、これだけ底堅い相場はご立派。東証1部出来高は28億3986万株に膨らみ、売買代金も3兆2102億円と活況。売買単価は若干下落したものの、まだ1130.41円と高水準でした。ただ、「柱」がナヨっていたせいもあって、東証マザーズはマイナス推移と、ここでも多少は警戒感を感じる展開でした。

● ちょっと話題は逸れるのですが、今日の日経平均は、ソフトバンクが一銘柄で44.7円も足を引っ張ったことがかなり響きました。「たられば」ですが、ソフトバンクが前日比チャラだったら、今日の日経平均は100円高だったんです。もちろん、先日は逆にソフトバンク爆騰で日経平均がえらく引っ張り上げられていたので、その揺れ戻しに過ぎないとも言えるのですが、如何に、日経平均においてソフトバンクの影響力が大きくなったかが分かります。今日のソフトバンクのTOPIXへの影響度は、マイナス寄与度トップだったものの-1.20ポイントで、まぁ、でかいのですが、仕方ないと納得できる程度でした。

● ソフトバンクの直近の株式3分割のときに、これは十分に予想されていたことなので、そんなにサプライズというほどではありません。ただ、「改めて見るとすごいなぁ~」(^^;って感じでしょうか。あの時、みなし額面の変更で対応したおかげで、株式分割の際に売られる心配はありませんでした。もしみなし額面変更ではなかったとしたら、3分割「余る」2株が売られることになっていたのですから。ただ、みなし額面で対応したおかげで、ソフトバンクは、日経平均の中で最大のウェイト(影響力)を持つ銘柄になってしまったのです。

● 現在、ソフトバンクのみなし額面は50円÷3=16.666667円なので、50円額面換算では3倍の株価。つまり、今日の終値で見ても、50円額面換算すると1万4000円弱の銘柄ってことになり、アドバンテストの1万2390円を軽く抜いてしまうのです。みなし額面変更で売られるのを回避したおかげで、ソフトバンクはより厄介な銘柄へと脱皮した格好。はぁ~~(^^;。

● 現在の日経平均採用値嵩株(みなし額面換算後)ランキングは、第1位がソフトバンク、第2位がアドバンテスト、第3位がファーストリテイリング、第4位がファナック、第5位が京セラ。この辺の銘柄が大幅分割(2倍以上かな?)するのであれば、ここ最近の日経の対応方法から勘案すると、みなし額面変更で対応される可能性が強いと考えられます。つまり、日経平均という「商品」の中で、影響力を大幅に増加させることが出来ることになります。それが発行会社にとって何のメリットがあるかどうかは別(^^;にして、株価単純平均型の指数のクセは、知っておいて損はありません。

● 話題変更。年初の休みのおかげもあって、昨日昼頃にはBarraのデータも届いたみたいですから、そろそろリバランス時期。ただ、某FM氏は、「データはパッと見る限りではあまり変わっていないし、今は何をやっても儲からんから今月のリバランスはパス!」と早々に宣言していらっしゃいました(^^;。もう少しバリューが生き返らないと、ベンチマーク運用はしんどいです。絶対的な損益で勝負する個人投資家からすると、「今は何を買っても儲かる」状態かもしれませんが、ベンチマーク運用をしていると、これだけ指数がぶっ飛ぶと、それに付いて行くのは楽ではありません。ましてや、「何でやねん?!?」銘柄が指数を押し上げる状況にあると、余計に徒労感が増すんです(^^;。

● 私が好きな The Gartman Letter の相場格言には、"Markets can remain illogical far longer than we can remain solvent." というのがあります。とっても深い言葉で、この格言を考えるたびに、あのITバブルの頃の光通信を思い出すし、現在のソフトバンクを考えてしまいます。噛み締めれば噛み締めるほど、深い言葉でしょ(^^;。

● どなたか、どうやってバリューと株価モメンタムを両立させるか、教えていただけませんでしょうか?!?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/4-1f3b827c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。