このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2006年02月23日(木) .... 急反発、ほぼ全面高の展開

 TOPIX : 1640.47 (+31.01, +1.93%)    日経平均 : 16096.10 (+314.32, +1.99%)    円ドル : 117.45  

● 今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、小幅売り越し(3100万株売り/5330万株買い)だったものの、市場筋観測では金額買い越し。さらに、寄付き前から、「今日は大きな買いバスケットが入っている」との憶測が市場筋の間を飛び交う状態で、実際にマーケットがスタートしてからの状況を見れば、あながち"ガセネタ"ではなさそう・・・って雰囲気。最初に上昇して始まったことで、余計に買いが勢い付いた印象もありました。ただ、ある程度の水準を決めてしまうと、前場は巡航飛行状態。高かったものの、上値をビシバシ取りに行く感じではありませんでした。

● 昼休みのバスケットは市場筋観測でデルタフラット。ただ、先物は意外に堅調に推移し、後場SQを計算すると、前場終値比48.58円高。一時期ほど大きくは無かったものの、今日も昼休みギャップは若干存在した格好です。後場中頃に中だるみタイムはあったものの、午後2時前からは先物主導で右肩上がりの展開。最後までパワーは衰えず、日経平均は高値引け、TOPIXも高値圏での引けとなりました。毎日というパターンにはしたくないのですが、今日も日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 東証1部出来高は、前日比で2億7361万株減の19億9616万株、売買代金は同1575億円減の2兆5750億円。ちょっと伸び悩んだ感じですかね・・・。東証業種別指数でマイナスだったのは鉱業だけ。東証1部で値上がりが1477銘柄、値下がりが149銘柄と、こちらからもほぼ全面高だったことが分かります。

● 相場全体の印象ですか?正直言って、まだ半信半疑から脱出できません(^^;。簡単に戻り過ぎているような気がする一方で、戻りそのものは認める勇気が必要なのも理解しています。落ちているナイフは、一度、地面に当たって跳ね返っているように見えるのですが、英語で言う"Dead Cat Bounce"(死んだ猫を高いところから落とすと、生きているように跳ね返る。でも、死んでいることには間違いない、という相場の一時的な反発を指すエグイたとえ(^^;)の可能性も否定できません。究極的には、待つしかないんでしょうが、それでチャンスを逃すのも悔しいし・・・。と言うわけで、結局、答えは出てこないのです(^^;。皆さん、自己責任ですからね!

● 話題変更。昨日(2月22日)の日経夕刊に前田昌孝編集委員のコラム、「株式市場"魔の30分間"解消へ妙案、大引け変更も選択肢に」なる記事。正直言って、ずっこけてしまいました(^^;。前田編集委員は鋭い記事が多いので個人的には、比較的、読む方なんですが、この「東証現物午後2時半大引け、先物は午後3時10分大引け」はあかんでしょ。多分、市場関係者の9割は、簡単でダーティーな事態緩和方法として、「東証が大証に頭下げて、現物、先物ともに開始時刻を午後1時にしてもらえば良い」と考えているハズ。もちろん、東証もTOPIX先物を午後1時スタートにするという前提です。それでも、SGXが残るんですけど、これは国際問題に発展するでしょうから、無理でしょうけどネ。要は、日本国内の事情で色々なことを解決できる時代ではない、ってことです(^^;.。

● 前田編集委員は「東証終了後に大証で先物の取引があっても、現物市場への影響は限られる」と書いていらっしゃいますが、これは「雨天順延、翌日再試合」みたいなもので、「限られる」というのには、かなり異議があります。もし、終値ベースで妙に順ザヤが大きかったり、逆ザヤが大きかったりすると、何かと海外に影響を与える可能性が高いし、そうでなかったとしても地球を一回転してきたら、翌日にギャップが発生するのは目に見えています。昼休みのギャップは「けしからん」としても、オーバーナイトのギャップは「容認」ってことでしょうか?オーバーナイトだと、海外市場動向など、他に"苦情"の持って行く場所があるという点については、気持ちとしては分からないではないのですけど・・・。

● さらに、記事からすっぽり抜け落ちているんですが、現実的にもっと切実なのは、終値で色々な金融商品の価値評価がなされる、という点。投信はその典型ですが、もし、先物が異常に乖離して引けた場合、現物ロング/先物ショートなどのファンドは、それだけで極端な損益が出たように見えるし、その異常値を含んだ基準価格で売り買いできる(される)ということ。翌朝には修正されるはずの、いわば、幻の値段で売り買いできるってことは、別の大きな問題を発生させます。こちらの方が、実害としては大きいかも知れません。

● この際ですから、東証が取引時間を元に戻すときに、ストップ高安も撤廃する一方でサーキットブレーカー制度を導入し、同時に手口公開も再開して欲しいもんです(論点は全く違うけど・・・(^^;)。前田氏がこれを読むことはないと思いますが、万が一、億が一、お読みだったら、この辺をプッシュして欲しいものです(^^;。

● お詫びを一言。最近のこのHPのヒット数には、ちょっと自分でも戸惑い気味です。そして、数々のメールを頂くのですが、全く返事が出来ないありさまに陥っています。もちろん、以前から「返事出せない」という、とんでもない失礼な状態が続いていたのですが、最近は、完璧にドツボに嵌まっています(^^;。本当にゴメンナサイ。でも、メールは一つずつちゃんと読んでいますし、力を頂いているのも事実です。励みになります。本当にありがとうございます。

● それと、皆さんのところでも同じかもしれませんが、HPにメールアドレスを掲載していることもあって、私のところには、大量のジャンクメールが毎日途切れることなく届きます(^^;。最近は、ジャンクメールも一見するとジャンクと分からないように、Subject欄が「こんにちは」とか「お世話になっています」など、紛らわしいテクニックを使っています。なので、メールを送信していただく際に、可能な限り、何かパッとみてわかるようなSubject欄にして頂けると判別可能になり、バサッと削除するときにも間違って一緒に削除するリスクを軽減できます。返事を出さないという失礼に加えて、読みもしない、という失礼まで上塗りしたくないので、可能な限り、ご協力をよろしくお願い致します m(_._)m。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/39-0c7ecab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。