このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1618.01 (-42.12, -2.54%)    日経平均 : 15877.66 (-380.17, -2.34%)    円ドル : 117.95  

● 今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き売り越し(4450万株売り/3360万株買い)。ただ、それだけでは今朝の「スコ~~ン」と売られた状況を"説明"するのは困難。相場解説が本来目的ではないしそんなに重要とも思わないのですが、一方で、説明が難しくなると、市場に不安心理が広がるのは事実。今朝も、「何や、何や?」と慌てて一緒に売り込んでしまった向きが多かった可能性は考えられます。市場筋の間では、「債券買い・株式売り」の取引があったとか、「寄付きでのバスケット売りがあった」との見方が出ていましたが、どれも"あり得る"話(^^;。TOPIX先物の下げのきつさが目立ちました。

● さらに、新興市場がボロボロに崩れたことで、個人投資家を中心に市場心理が一段と悪化。昼休み立会外バスケットが売り越しとの観測が広がるなか、後場の例の"30分間"で、再び先物が下値模索の展開となり、先物が先行して後場のトーンを決めてしまう状況は今日も健在。本当に難儀な30分間として意識せざるを得なくなってきました。なお、後場SQは前場終値に対して109.53円安。今日も昼休みギャップが100円超もあり、これが最後まで響いた格好でした。

● 日経平均は文句なしの安値引け、TOPIXもほぼ安値引け。東証マザーズ指数は、前日比200.16ポイント下落の9.86%安。Bloombergで計算させると、ライブドアの影響が13.2ポイント安あったものの、それを除いてもこの下落。凄みがありました。

● 一方、今日の相場でちょっと不思議だったのは、朝方、周りが先物主導でボカスカ売られていたときでも、トヨタやソニーはプラスだったし、後場に入ってからも、トヨタはずっとプラス継続。Core30系銘柄が比較的堅調だったのは、何かを示唆しているのかもしれません。実は、朝から市場筋の間では、「01、02銘柄に買いが来ている」との観測は流れていたのですが、その通りだったのかも知れません。

● 相場全般の細かい話は、各種レポートにお任せする(^^;として、こちらは話題変更。このところ、年金情報誌などを読んでいると、株高の恩恵で運用利回りが好調、という記事が目立つようになってきました。TOPIXの昨年3月末が1182.18だったのが、1700ポイント超まであったのですから、当然と言えば当然。

● 一方で、資産配分比率を変えないままだとすると(大部分がそのはず)、国内株式のウェイトがかなり上昇してしまっていることが推測され、すでにかなりリミットを越えている場合もあるやと聞きます。ただ、決め事を守らなくてはいけないのは、古今東西、どこでも同じ。3月末までに配分比率をきちんと調整する必要があるわけで(場合によっては毎月末だけど)、スケジュールから考えても、「今売った方が良いのか、3月末近くに売った方が良いのか・・・」というチョイスになります。つまり、売り買いの判断ではなく、売ることは決まっていて、その実施時期の問題というワケ。

● これだけ相場の上値が重たくなってきたところで、もし何も売っていなければ、「あとで何を言われるか分からん」ってのが一般的な反応。私だってそう考えるのですから、"説明責任"の四文字熟語を背負っているFM諸氏だったら、もっとそうでしょう・・・(^^;。そういう方々が増加してくると、先に売ろうとして結果的に需給全体がしんどくなります。このところ、昼休みの立会外バスケット取引は、数日間連続でかなりの売り越し観測。昼休み立会外バスケット取引は、ほとんどが国内投資家(主に年金、一部は投信)なので、連想ゲームとしては、「オレが売ろうと思っていたのに、誰かがもう売ってる。はよ売らなあかん」となります。この辺の心理状態は、サラリーマン的発想では実に良く分かるんです・・・(^^;。

● これが個別銘柄で顕著に出ているのは、「売りの大義名分」材料があったときの売られ方。最近のイビデン、日本郵船などを見ると、「売る理由が出てきた」という感じで、妙な安心感と共に心置きなく売っている感じすらあります(^^;。運用担当者の気持ちとしては、ずっと売りたかったものの、早売りして「もっていかれる」のは嫌、という気持ちが強かったのでしょう。もともと買う気は希薄なので好材料には反応しづらいなか、そういった状況で「大義名分」のある売り材料が出てきたら、その反応は熟慮するまでもありません。

● もっとも、国内年金の売買シェアは、東証売買代金の1割も無い状態(先々週の三市場投資部門別売買動向だと7%弱)です。現在は個人(同42.5%)と外国人(同44.2%)が、少なくとも売買代金面では相場のコントロールを握っているので、この人々が違う考え方をすれば、この傾向はあっさりと変わります。でも、個人も外国人も、それぞれ違う理由かもしれませんが、「一度利食いしておきたい」という気持ちが強いのならば、相場の天井は重たくならざるを得ないのです。

● ただ、逆説的になるかもしれませんが、相場心理は一晩にして変化するもの。一晩どころか、場合によっては5分間で変化することもあります。なので、今は「売りたい気持ち」が優勢だったとしても、一気に変化する可能性も常に秘めているのです。しかも、相場の雰囲気が変わるときには、一見、大した事ない材料がきっかけになったりします(^^;。アンテナだけは、ちゃんと張っておきたいものです。

● 雑談。NYが大雪だそうで・・・(^^;。CNNによると、NY市内の積雪は27インチにも達したとのこと。センチメートルに換算すると約68センチでっせ!NYCではシーズンに2~3回、15センチ程度というのが通常パターン。68センチは凄過ぎます(新記録とのこと)。NYでは基本的に公共交通機関を通勤に使うので、明日(というか日本時間今晩)のNYSEの取引は大丈夫だとは思いますが・・・(^^;。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/31-32f28d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。