このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2007年02月01日(木) .... 反発、昨日下落分をあっさり奪回

 TOPIX : 1738.58 (+16.62, +0.97%)    日経平均 : 17519.50 (+136.08, +0.78%)    円ドル : 120.45  

● FOMCなど色々あって米国株式市場は高かったものの、東京はどうも今一つの寄付き。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、昨日に続いて、かなりの売り越し(4860万株売り/3500万株買い)だったことも、心理的に影響したかもしれません。ただ、寄付き後のザラ場は底堅い展開。前場中盤以降は上がかなり重たかった印象もあったものの、だからと言ってマイナスになるほどではなし。逆に、最後の1時間ほどは右肩上がりのジリ高で高値圏での大引け。先物主導の匂いはかなりあったのですが、一方で、鉄鋼株などの戻りも印象的でした。今日の東証1部出来高は前日比2億4831万株増の23億7662万株、売買代金は同3148億円増の3兆1942億円と活況でした。

● 日経平均の日中足と、鉄鋼株戻しの代表として新日鉄(5401)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。特に新日鉄をご覧いただけると分かるのですが、後場の残り1時間でかなり力強く上昇したのが分かります。

新日本製鐵(5401)日中足

● 個別には、上方修正を発表した銘柄がぶっ飛びになった一方、セクターでは保険、鉄道、通信などが高かったのですが、やはり印象に残ったのは鉄鋼株の切り返し。朝方は駄目駄目だったのが、後場は右肩上がりで、終わってみればそれなりのプラス。「何で?」と聞かれても「さぁ~?」って感じですが(いまさら"上方修正期待"というのもアレですし(^^;)、それなりに印象的でした。一方で、鳴かず飛ばずはテクノロジー系。高い銘柄もあったのですが、1300銘柄以上が値上がりする相場にしては、マイナス銘柄が目立った印象。銀行もテクノロジーのような雰囲気が強かったのですが、そのおかげで、今日はCore30が一人負け状態でした。

● ファクター面から相場を見ると、個人的にはかなり違和感の強い1日。目立って効いたファクターがなく、バリューは今一つ、リバーサルとグロースは明確に逆噴射状態。その一方で、スペシフィック・リスクでの損益が上にも下にも派手な状態。この辺の詳細は、計算させるリスクモデルによって差があるので、一概には言い切れないのですが、FM諸氏とお話をしていても、首を傾げている方々が多かったので、大なり小なり似たような傾向があったと思います。極端に書いてしまえば、「日本碍子をたっぷりロングしていて、日興CGをショートしていたら笑いが止まらなかった」と(^^;。そんなの出来るはずもなく、個別のピョコンとドスンが損益に大きな影響を与えた1日だったのでしょう。もっとも、決算発表シーズンにはこの手のことは時々発生するので、それほど驚くってほどではなかったのですけど…。

● 日興CGについても少し書いておきましょう。さすがに今日は寄付きました。寄付値が1064円、高値が1085円、安値は984円(前場も後場も)、終値が1000円ちょうどでした。東証立会内取引の出来高は圧倒的な 79,953,000株。市場外取引は2,260,500株だったので、圧倒的に通常の取引が多かったです。昨日は大量の立会外/取引所外取引があったのですが、市場がまともに機能するならば、誰もそんな面倒なところで商いやりません。普通に立会内で取引するのです。これだけを見ても、ストップ高/安で市場機能が停止する弊害が見て取れる感じがします。

● ネットでの書き込みだけでなく、一部メディアの論調を見ていると、上場廃止と破綻をごっちゃにしているようなのまであって、ちょっと呆れてしまいます(^^;。再確認ですが、今回は上場を維持できるかどうかってのが論点です。そして、これからのスケジュールとしては、東証が上場廃止にするかどうかの決定待ちになります。その前に、今やっている総点検で、監査法人がOKを出すかどうかが一つの注目点と考えています。OKしなければ、訂正有価証券報告書を出すどころの騒ぎではありません。2月末あたりに訂正報告書が提出されるとして、その前に監査法人の「態度」が報道されるでしょうから、それまでは、「あ~でもない、こ~でもない}の宙ぶらりん状態が続きそうです。

● ちょっと話題変更。昨日東証から発表された裁定買い残高(1月26日時点)は、前週比644億円増の5兆2086億円と過去最高を更新。現時点では売り残高がほとんどないので、この5兆2000億円の裁定買いという仮需が存在するってことになります。実は先週(1月25日)もちらっと書いたのですが、前回の裁定買い残のピークが昨年10月第4週で、ここから12月SQ前のところまで約16%減となり、同時に日経平均も終値ベースで6.5%程度の調整となったのです。今回の裁定買い残高の動きは、妙にこれとタイミングが似通っています。もし1月第4週と10月第4週が一致するとなると、3月SQに向けて2月は下げ月になるタイミング。もちろん、タイミング以外に何もないのですが、「節分天井・彼岸底」などという言葉も頭を過るし(^^;、ホンの少しだけ気にしておきます。もっとも、こんなこと書いているようだと、外れるとは思うけど…(^^;。おまじないみたいなモンです(^^;。

● さて、あっという間に1月が終わってしまった印象。さらに、あと1日で今週も終わり。この2日間、FM諸氏は月次レポートで忙しそうだし、週明けにはBarraのデータも届くでしょうから、来週はリバランスで忙しい週になりそうです。頑張りましょう!そう言えば来週から札幌雪祭り(2月6~12日)。ちゃんと雪あるんでしょうか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/290-0e33a026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。