このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2006年02月01日(水) .... 7日ぶりに下落、後場下げ足速める

 TOPIX : 1694.24 (-16.53, -0.97%)    日経平均 : 16480.09 (-169.73, -1.02%)    円ドル : 117.20  

● 今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、2日連続で小幅売り越し(4270万株売り/4010万株買い)。さらに、米国市場大引け後に発表されたGoogle(GOOG)の決算が悪くて、それでGLOBEXのNasdaq100先物がかなり売られたことを気にする声もありました。でも、それにもかかわらず、前場はかなり底堅い印象。正直、なんで堅調なのかが良く分からない状態だったし(^^;、途中で指数がプラスになったところでは、「何でこんなに強いねん?」って声も飛び交っていました。

● ところが、後場に入ってからは、一転して右肩下がりジリ貧商状。この2日間ほどは、最後の1時間とかに右肩下がりになっていたのですが、今日は後場全部が右肩下がり。特に後場は、かなり失望感が強い地合いでした。ライブドアを持ち出したくはないのですが(^^;、ライブドアが100円割れになると同じ時期に、日経平均先物も16500円割れ。さらに、夕刊フジに「日興コーデ粉飾疑惑"441億円の実現利益を偽装"、告発文書を入手」(http://www.zakzak.co.jp/top/2006_02/t2006020103.htmlだったけど、記事削除されたの?)なる記事が掲載されたことが市場筋の間を駆け巡り、日興コーディアルがスコーンと売られてしまい、下げが加速した印象。コックローチ理論(ゴキブリを一匹見付けたら、一匹では済まない)の連想で、野村HDなども下げ足を速め、ただでさえ軟調な地合いが余計に落ち込んだ印象を残してしまいました。

● もちろん、この辺の理由付けも、何となく八つ当たりの雰囲気が無きにしもあらず(^^;。実際、日興コーディアルの株価がそれほど動いていなかったら、誰も気にしなかったことでしょう。でも、今の相場は、何となく、「売りたくないように見えるけど、無意識に売る理由を探している」という感じを受けてなりません。逆説的に言えば、それだけ参加者が慎重になっているので、総員強気の状態よりはリスクが小さいのかもしれません。でも、何となく気にはなっています。

● 今日も日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 何はともあれ、結局、日経平均は安値引け、TOPIXも安値圏での引けとなりました。東証1部出来高は25億1814万株、売買代金は3兆2191億円とソコソコ活況。ただ、商いが盛り上がったという印象はあまり無かったです。もっとも、一歩下がって見ると、TOPIXも日経平均は昨日まで6連騰で、TOPIXは終値ベースで122.87ポイント上昇、日経平均は同1289.17円も上昇していたので、ここでの一服は当然と言えば当然なんですけど・・・。

● 昨日書いた「はらみ線」の件、今日の下落は、「ちょっとヤバイ」状態の雰囲気を認めざるを得ない感じでした。私は水晶玉を扱えるワケではないので、断言する気はないしその能力もないのですけど・・・(^^;。とは言うものの、市場参加者全体がそういうムードになっているのも真実で、逆側の「安心」に対する評価も、少し過剰反応のように感じてしまいます。業績絡みのニュースやアナリストの格付け変更に、足下で株価はかなり反応するものの、3~4日経過後にもう一度見ると「あれっ?」ってのも結構あるんです。うまく泳ぎ渡るのは難しいでしょうけど、イベントが発生してから考えるのではなく、常に冷静な時に先々を考えておきたいものです。言うほど、そんなに簡単ではないんですけどネ(^^;。

● 最後に苦言を一つ。大証のシステムは今週からヘラクレスが新システムでの運用となり、既存システムへの負担が多少は減ったはず。ただ、あまり変化は見受けられないのですよね、実際問題。今日も遅延がかなり発生した印象があるし(後場の日経平均先物は特にひどかった)、現物でも大引約定は戻ってくるまでに、7-10分とか掛かっていました。もう市場筋も遅延に慣れっこになってしまい、諦めの気持ちもあって、大きな声は上がらなくなっているのですが、遅延が常態化しているおかげで、私達の現場では、顧客が大証銘柄の取引を自己制限する傾向は明確になってきています。東証のずっこけの方が派手だったので、メディアには東証が登場することが多かったのですが、大証の慢性遅延も何とかして欲しいものです。何円で取引されているか不明な時に注文を入れるのは、やはり恐いですよ・・・ホンマ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/23-2d6adaa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。