このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1617.84 (-7.28, -0.45%)    日経平均 : 16242.09 (-12.20, -0.08%)    円ドル : 117.65  

● 今日の市場は、「面白い」と感じた方と、「面白くない」と感じた方と、二極化していた可能性があります。野村不動産HDのIPOでドンチャカしていた向きの一方で、値動きに乏しく盛り上がらない相場に眠気を堪えていた方々もいらっしゃったと推察します。まぁ、これも相場なんですけど・・・(^^;。

● 最初から行きましょう。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、売り越し(3470万株売り/3110万株買い)。全体にフローが少なくなっている印象。ネタというか材料が乏しい中で、前場は超小動き。日経平均の前場値幅はわずかに57.72円。先物も60円しか値幅がありませんでした。1日通しでも日経平均の日中値幅はわずかに111.58円。実は今日も、先物市場ではかなりの大口ロットの売り買いが飛び交っていたのです。でも、相場が動かなければ、誰も話題にしません(^^;。なお、東証1部出来高は前日比1億0742万株減の14億9898万株、売買代金はどう1184億円減の2兆1360億円でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。特に前場の小動きをご覧頂けるかと・・・(^^;。

● 物色動向としては、石油関連を筆頭に資源系銘柄(含商社)が軒並み安。国際優良株系も全体に軟調で、賑わうのは野村不動産HD、ソフトバンク、そして仕手系材料株が乱舞といったところ。賑わっている銘柄をやっている方々は面白かったでしょうけど、普通の投資家はやや白けていたと思います。ただ、スズキやSUMCOは上場来高値を更新。ちょっと複雑な心境の1日でした。

● 今日東証1部に新規上場した野村不動産HD(3231)。不動産らしくない銘柄コード(^^;ですが、何はともあれ、公募価格よりもソコソコ高いところで寄付いて、初値の後も上昇して、ひとまずめでたし状態。同株の売買代金は1912億円弱にも達し、東証1部売買代金の8.95%を独占。もちろん、ダントツで東証1部売買代金トップ(第2位はソフトバンク、第3位は大きく離れてソニー)。なかなかのモノでした。

● 一方で、少し「嫌な」記憶を連想させるのが、この野村不動産HDのIPOに続いて、今日の朝刊に全面広告が出ていたように、次は出光興産(5019、こちらは石油らしい銘柄コード)の募集・売り出し。どうも秋口は大型上場が相次ぐ印象があります。昔はこの時期に、NTTだのJRだのがドカン、ドカンと売り出されて市場を圧迫した記憶が蘇ります。ただでさえ、経験上、10~11月は何となく荒れる印象が残っていて、あまり良い時期ではないんですから。新人場立ちの頃のブラックマンデー(1987年10月)の経験が、もしかしたらあまりに強烈で、それがトラウマになっているのかもしれませんが・・・(^^;。

● 奇しくも、某市場筋氏からのメールでは、「中間選挙の年のS&P500には、10月に安値を付けるケースが多い」との記述。さらに、日経平均は1974年から8年周期で10月上旬に安値をつけているとのこと(1974年、1982年、1990年、1998年)で、次のサイクルが1998年+8年=2006年と(^^;。まぁ、記録は破られるためにあるんですから・・・とは言いながら、シートベルト着用サイン点灯中って感じでしょうか。

● 話題変更。9月相場も終わって、そろそろ色々な月次データが揃ってくる時期。前々からFM諸氏の間では話題になっていた件ですが、9月も「ファクターの効きが悪い」状態は継続。7月も今一つだったのですが、8月に悪化、9月も駄目駄目状態。リバーサルはまぁまぁの成績だったので、要するにファンダメンタル面のデータを使うバリューやらグロースが効果を発揮できない状態が継続しているのです。業界のクオンツ・ストラテジスト諸氏も、この現象はとっくの昔に把握しているでしょうが、「なんで?」と「対策」が見付からないのが現状。逆に言えば、ここで原因・対策を見付けることが出来れば、それなりにアウトパフォーム出来る、ってことになるんですけどねぇ~(^^;。

● それと、FM諸氏を苛立たせているのは、最近あちこちで「バリューの時代は終わった」的な指摘が増加している現象。確かにこのところは特にPER系のバリューは駄目だし、PBR系のバリューは、実際には投資できない銘柄(財務面、流動性など)が多過ぎて現実味が乏しいことがあって、結局、果実を享受するのは困難なのが現実。某FM氏の言葉が頭に残っています。「バリューが駄目って言うのは簡単。それでバリューから他の戦略に簡単に乗り換えられるんだったら苦労しない。バリューが駄目なら駄目で、その中でどう遣り繰りするかの示唆が欲しい」と。おっしゃる通り(^^;。今日もバリュー、リバーサル、グロースともに、見るべきところはありませんでした。この点から、私は今日の相場は「面白くない」と感じた一人です(^^;。

● さぁ、対ヤクルト3連戦。これは3連勝がノルマなのは言うまでもありません。また、広島が対中日4連戦(@ナゴヤドーム)。他力本願ながら、少なくとも2勝2敗程度を願うばかり。この際ですから、臨時広島応援団って感じです(^^;。金本選手、シーツ選手を例に引くまでもなく、阪神と広島はそれなりの縁があるのだから・・・(^^;。広島ファンは「取られた」と感じているかもしれないけど、この際ですから、一つ、よろしくお願い致します... m(_._)m でも、まずはヤクルトに勝たなくては・・・。

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました!
「リターン・リバーサル」、「平均回帰」、「Mean Reversion」
ほんとうに投資って奥が深いですね。
全容を理解できるまでには時間がかかりそうですが、
とりあえず輪郭だけは、おかげさまでわかりました。

また、問い合わせのメールが多いという事を読む前に、こんなような質問をしてしまい恐縮してます。

ところで今日は十五夜ですね!
息抜きに遊びにいらっしゃってみてください。お月様みられま~す。(^^)
       取り急ぎ御礼まで・・・
2006/10/06(金) 14:50 | URL | amormai #-[ 編集]
ようこそ!
 
ようこそ!リバーサルとは、日本語で書くと「平均回帰現象」を目的にする手法です。つまり、売られ過ぎたり、買われ過ぎたものは、いずれ平均値に戻る、という考え方です。

で、それが起こっているかどうかを見る時に、全銘柄を回帰分析するのですが、そのときに使うファクター(要素)の一つとして、リバーサルという言い方をしています。

もっとも、このコメントで書ける範囲はとても限定的ですが、「リターン・リバーサル」とか、「平均回帰」、「Mean Reversion」あたりでググってみてください(^^;。

えらい端折った説明でスミマセン。
 
2006/10/05(木) 20:23 | URL | 虎年の獅子座(管理人) #xjXSaZNA[ 編集]
とても勉強になるサイトですね。
始めまして、amormaiです。
西郷さんのところからおじゃましました。

ひとつ解らないところがあるのですが、

>今日もバリュー、リバーサル、グロースともに、見るべきところはありませんでした。

バリュー、グロースはわかるのですが、リバーサルと言う意味が良わからなかったので調べたら、なかなかヒットしなくて、FXのサイトにひとつ見つけました。
  つまり、収益率が、底より天井のほうが値が荒いので、
  その価格変動をねらって、天井付近で取引するとい解釈  しましたが、それで良いのでしょうか。


>東証1部に新規上場した野村不動産HD(3231)。不動産らしくない銘柄コード

そういわれればそうですね(^^)
32○○は調べたら繊維ですね。

私も、大怪我をしないようにシートベルトしっかり締めながら少しずつ取引して行きたい昨今です。
2006/10/04(水) 11:31 | URL | amormai #-[ 編集]
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/201-50129d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 人気blogランキング← 祈・トップテン復帰!! 株・投資 ランキング   ← 時田氏に会おうっ!!    日々の情報源 カブログ   JRANK   西郷だ!本日の日経平均は、一服っ!!日経平均    ....
2006/10/03(火) 21:57:34 | 西郷の相場概観!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。