このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2006年01月01日(日) .... あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

● 予想以上の活況に沸いた昨年後半、意外感があったのは皆さんと同じだと思いますが、そこで「乗れた」方と、「乗れなかった」方に分かれたのも事実。いずれどこかで調整局面が来ると考えていますが、これは英語で言う「Not the question of "If," rather that of "When"」だと考えています。どこかで来るんです。そのときに、どういう対応・行動をすべきかは、頭が冷静な今のうちに考えておいた方が良いと考えています。実際にそのシチュエーションに直面すると、どうせ、頭に血が上ってしまうでしょうから・・・(^^;。

● そのときに、上記した「乗れなかった」方が、どういった行動に出るかを考えるのも、一つの方法だと思います。私がこの長い証券マン人生のなかで、最初にディーラー業務(外資系的に言うと、プロップです)を始めた時、大先輩から繰り返し言われたのが、「何かが起こったときには、負けている向きが何を考えるか想像しろ」ってこと。要するに、負けている向きは余裕がないので、どうしても慌てて浅はかに動いてしまい、"間違った"行動に出易い、ということ。そして、その逆をやれば、大体は儲かる、ってことです。真実だと思います。さらに、我が身が餌食にならないようにしましょうネ(これも大切(^^;)。

● 話題変更。昨年末に、市場トレーダー連中は結構ヒマだったのか(私はかなり多忙だったけど)、色々な年末恒例メールが廻っていました。そのなかから一つ。「初詣情報―相場師の開運スポット、全国の相場師ゆかりの神社仏閣」ってものです。ここに掲載するには、ちょっと長いので、「日記帳」の方に掲載しておきました。こちらから日記帳の方に飛んで下さい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/2-74007fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。