このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1549.41 (-10.37, -0.66%)    日経平均 : 15557.45 (-76.36, -0.49%)    円ドル : 116.45  

● ちょっと話題が逸れるのですが、昨晩のNYダウを良くみると、アルトリアグループ(MO)だけでNYダウをなんと42.10ドルもマイナス寄与しているのに、それでもトータルで67.71ドル高。あちらはチャートを見ても非常に重要なポイントに差し掛かっているだけに、動向は気になるところです。抜けてくれば、テクニカル的にはソコソコの上値がありそうな雰囲気ですけど、抜けなければ大変ですから・・・(^^;。

● 日本市場。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、2日連続での売り越し(3440万株売り/2790万株買い)。ただ、それほど大きな影響は感じなかったです。米国株高、シカゴ日経平均先物高(大証比105円高)を好感する一方で、今日は配当落ち(日経平均で約60円、TOPIXで約6.85ポイント)があり、その分はマイナスのスタート。前場はほぼ配当を埋めた水準で推移したものの、後場に入って下げ幅を広げる格好で軟化。ただ、それも午後1時半頃からは横ばいになり、みみずのような日中足(^^;でした。

● ある意味では記念の日(^^;なので、日経平均の日中足を貼り付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日の東証1部出来高は前日比3億0091万株減の12億5221万株、売買代金は同4320億円減の1兆6416億円。これは、出来高ベースで8月29日の12億5378万株を下回り今年最低の出来高。また、売買代金でも同じ8月29日の1兆6598億円を下回り今年最低。まぁ、どうしようも無かったです(^^;。

● 相場そのものは静かだったので、少し話題変更。昨日のJPMバスケット誤発注(http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060926AT2C2504H25092006.html)に続いて、今日は「株価指数の誤算出」がありました。ネタはRussell/Nomura Prime指数。一般には馴染みが薄い指数かもしれませんが、最近では年金基金などでのベンチマーク採用が出てきている新興指数です。TOPIXとの違いは、他市場(JASDAQ、マザーズなど)を含んでいる点です。。

● そのRussell/Nomura Prime指数が、朝初っ端から滅茶苦茶な数字。周辺がチョビマイナス推移だったのに、Russell/Nomura Primeは前日比で6.5%高などとあっけらかんと表示していました。私はワークシート上に色々なリアルタイム・データを取り込んでいるのですが、株価指数の場合、前日比で3%以上の上下があれば色が変わるようにしています。なので、寄付き初っ端から「なんじゃ、こりゃ?」状態だったのですが、結局、前場中はその妙な数字のまま更新継続。後場は更新停止になってしまった(先物は取引停止)ので、終値とすると、前日比74.76ポイント高(+6.39%高)というとんでもない数値が輝いていました。

● ロイターでもBloombergでも同じ数字が表示されていたので、これは算出元(野村證券金融経済研究所)の問題だったのは明確。ところが、あまりにマイナーな指数だったためか、ベンダーのヘルプデスクも全く対応が出来ておらず、こちらも「まぁ、しゃあない」状態。改めて説明されるまでもなく、ミレアの分割処理を間違えたのでしょうが、野村證券金融経済研究所の指数算出者としての責任はかなり重たいです。午後2時になって、野村ホールディングスのHPにコメント掲載(http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/nsc/20060926/20060926.html)されました。ただ、同研究所のHP(http://qr.nomura.co.jp/jp/index.html)やTDNetにはコメントは掲載されておらず、ちょっと片手落ちだったかなと・・・。

● 関連して苦言も一つ。朝方、この件について大証に問い合わせてみたところ、この対応がまた悲惨。電話で長時間も保留されることが二度。嫌になって途中で切ってしまいました。10時過ぎに掛け直したところ、「これから確認します」ですって。大証では、商いはほとんど無いというものの、RNプライム指数先物が取引されています。今日の相場で前日比6.5%高なんてとんでもない数値が出ていたら、取引所として指数算出元に確認するのは当然のこと。9時01分に気付いてしかるべきで、10時過ぎになって指摘されてから「確認します」って、ちょっと取引所として対応がまずいんじゃないでしょうか?結局、後場になってRNプライム先物も売買停止。大証には昔、場立ちとしてお世話になっただけに、もっとしっかりして欲しいと、本当に心から願うばかりです。

● マイナーな指数だったので不幸中の幸いだったのかもしれませんが、今日の件で、RNプライムをベンチマークにしている年金基金が増加、との自画自賛プレスリリースが以前あったことを思い出します。でも、こんなチョンボをするのだったら、「信頼性が???」ってことになりかねないところ。なお、画面上の終値は+6.39%なので、RNプライムをベンチマークとしていた方々は、今日は600ベーシス超はやられたことでしょう(^^;.。明日にでも修正値(訂正値)が出てくるとは思いますけど・・・。

コメント
この記事へのコメント
良く分からないですけど・・・
 
残念ながら、アムロは日本株から撤退したときに、知っていた面子はすべて退社してしまったので、現在は誰が何をやっているかが一切わからないのです。もしかしたら、やっていた顧客が他社からの良いオファーで移ったとか、そんな理由だとは想像しますけど…。
 
2006/10/11(水) 19:54 | URL | 虎年の獅子座(管理人) #xjXSaZNA[ 編集]
先物
最近日経先物にアムロが参加してないのですが
何か理由あるんでしょうか?
2006/10/07(土) 17:15 | URL | にゃり #-[ 編集]
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/195-ee272d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。