このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1583.55 (-2.43, -0.15%)    日経平均 : 15750.05 (+30.71, +0.20%)    円ドル : 117.90  

● 何か急に肌寒くなってきました。昨晩は窓を開けたまま寝ていて途中で起きちゃいました。めったに途中で起きないタイプなんですけどねぇ~(^^;。気象庁の発表によると、今日の東京の最高気温は19.4℃(16時)。平年が27.3℃なので、如何に肌寒かったかが分かります。風も結構強かったですしね。

● 相場。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き売り越し(4300万株売り/3830万株買い)。ただ、市場筋観測によると金額では買い越しだったとのこと。相変わらず欧州系証券経由の売り越しが多いとのコメントで、ちょっと考えたくないことを考えてしまいます(^^;。とはいうものの、米国株高に加えて、シカゴ日経平均先物が大証比305円高となれば、それは買い先行でスタートせざるを得ません。でも、多くが「寄り天」(寄付天井のことです)を予想していたでしょうから、今日の伸び悩みにはサプライズは無かったと思います。失望感はあったかもしれませんけど・・・。日経平均はかろうじてプラスでしたが、TOPIXはマイナス。東証1部値上がり406銘柄に対して値下がりは1200銘柄ちょうど。かなり歪な相場だったことが見て取れます。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 日経平均の上昇寄与度上位5銘柄は順番に、アドバンテスト、東京エレクトロン、キヤノン、TDK、京セラと見事にテクノロジーばかり。この5銘柄合計で、日経平均の押し上げ効果は46.93円。上位2銘柄で27.17円あったので、この2銘柄が無ければ日経平均もマイナスだった可能性が高くなります。ちなみに、日経平均採用225銘柄で、値上がりは86銘柄、値下がりは127銘柄(変わらずが12銘柄)だったので、この点からも、今日はマイナスだった方が「正しい」のでしょう。もっとも、日経平均について、こんな議論をしても仕方ないのかも知れませんけど・・・(^^;。

● 今朝のSQを計算すると、前日比209.25円高の15928.59円。ザラ場の日経平均高値は前日比245.97円高(+1.56%)の15965.31円(9時26分)。一方で、安値は、大引け前の14時42分に付けた前日比11.33円高(+0.07%)の15730.67円。まぁ、何と言いますか・・・(^^;。通常は、多くが予想する通りに相場は動かないんですけど、今日はあまりにも綺麗に「寄り天」が嵌まってしまった格好。なお、東証1部出来高は前日比1億1776万株減の17億5312万株、売買代金は同449億円減の2兆2553億円。多少、減っていたものの、ほぼ昨日と同水準のイメージでした。

● 物色は昨日に続いて、「資源系→テクノロジー」の民族大移動状態。これがバリューを不振にしている要因の一つで、業績に基づくバリュエーションが効かない相場展開に陥っている感じです。そのためもあって、今日も機関投資家はかなりご機嫌斜め。足元の2~3ヶ月間、バリューが効かないと言っても、ボロボロというのではなく、「何となく儲からんなぁ~」という程度だったのですが、この2~3日はストレートに駄目駄目状態。将来の思惑で走ってファンド運用できれば良いのですが、アナリスト・コンセンサスなどを使っていても、今はそれよりもマーケットの方が先走っている状態です。いつまでも続くものではない、と理解していても、やはり厳しいものがあります。指数だけを見ていると分かり難い変化かも知れませんネ。

● そうそう、今朝の日経「まちかど」にアイランド・リバーサルが掲載。ということは、そろそろ・・・かな?!?(^^; (^^; ただ、今日の値動きでは、アイランド・リバーサルの成長を止めることは出来ず、まだまだ継続中。「そろそろ・・・」と思ったときに皮肉にも思い出す相場格言は、「もうはまだなり、まだはもうなり」。余計に迷います(^^;。そうそう、証券広報センターのHPに相場格言集があります(http://www.skkc.jp/proverb/proverb01.html)。Googleなどで「相場格言」で検索すると、たくさん出て来るでしょうが、たまに読んでみると良いものです。

● 昨日、アイランド・リバーサルの「確率」について書いた件に関して、ラムタラさんからメールを頂きました。同氏によると、最初の"Successful formations"は、「2回目の窓空けにより島が完成すること」ではないかとの解釈(数字は77%)。そして、"Average decline of successful formations"は、この形が成功したときの平均下落率(21%)で、これは私と同じ解釈。"Failure rate"は「2回目の窓空けに失敗する確率」(13%)との見方で、最後の"Average time to throwback ..."は、島を形成する時間ではないかとの見方。うぅ~~ん、その方が正しいような気がする(^^;。ただ、同氏も"Likely decline"は意味不明とのこと。何にしろ、今のところ、結果的にアイランド・リバーサルはワークしている状態なので、まだ話題としては継続しそうな雰囲気です(^^;。個人的には、そろそろ飽きてきたので、この形が破れる時を楽しみにしたい気分になってきましたけどネ(^^;。

● せっかくですんで、前回と同じように、日経平均の日足チャートを貼り付けておきます(出典:Livedoor Finance)。

● 雑談。せっかくリードしていると安心してコメントを書いていたら、「あれっ?4-4やんけ!追い付かれたんかいなぁ!」。もうネットで見ると、井川は投げていない。4回しか持たないとは・・・。ちょっと頼むでぇ、ホンマ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/186-d7278fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。