このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1619.92 (+6.46, +0.40%)    日経平均 : 16080.46 (+68.05, +0.42%)    円ドル : 116.15  

● 意外にというか、後場の戻りはサプライズでした。日経平均先物主導の戻りだったし、折に触れて大口買いが入っていたので、例によって、債券先物などとのスプレッド系の取引かなとは想像するところでしたが、大引け後の手口を見ると、野村が日経平均先物をなんと、8619枚も買い越し(^^;。普段良く見掛けるSG、カリヨン、アムロあたりは比較的静かだったし、今日はSQだったことを考えても、野村の買い越しは突出していました。何なんだったんでしょうかねぇ~(^^;。

● 今日は日経平均先物(12月限)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日はビッグSQ。例によって実況中継風。朝方はいつも通り、大量の売り物が先行する格好でスタート。午前8時30分のExcel上の日経平均速算値は前日比2380円安(^^;。まぁ、これは誰も信じないでしょう。8時45分でもほぼ同水準、8時50分でも2280円安ほど。8時55分で2240円安、8時57分で2200円安、8時59分00秒で2050円安、8時59分45秒で1920円安、8時59分55秒で1910円安。いつも通りの某欧州系証券でしょうけど、最後の最後に日経平均一銘柄あたり92万株ほどの巨大買いバスケットが入りチャンチャン。もともとNY株安などがあってマイナスになるとは予想できたのですが、SQ値は前日比165.32円安の15847.09円。やや下ブレした印象はあったものの、大きな波乱ということはありませんでした。

● 市場筋推計によると、SQ関連の出来高は6億7000万株程度、売買代金は1兆1500億円とのこと。9時15分時点での東証1部出来高は8億5057万株、売買代金は1兆3950億円でした。なお、今日1日通しの東証1部出来高は24億0302万株、売買代金は3兆3431億円だったので、9時15分時点の出来高は1日の35.40%、売買代金の41.73%だったことになります。市場筋推計値比較だと、出来高で27.88%、売買代金で34.40%。いずれにしろ、ビッグSQは凄いです(^^;。

● SQ後は、軟調ながら粘り腰で「幻のSQ値」になるかと思っていたら、前場中盤からスルスルとズッコケ。特に材料があってということは無かったのですが、外国人投資家の売りなどが囁かれ(今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなりの売り越し(3430万株売り/2160万株買い)で、金額ベースも売り越しとの観測)、主力株の下げが厳しかった印象で、上がるのは眉を顰めるような材料株ばかり。

● 皆が「後場もアカンやろな」と考えていたところ、後場寄付き後から、にわかに先物主導の上昇。継続的に先物に大口買い(200~300枚クラスの継続的な買い)が入り、指数はアレヨアレヨの間にプラス転換。落ち着いたかなと思っていた午後2時直前、また大口買い(こちらは500枚クラス)がドカン、ドカンと入り一段高。ここでは、ホンの5分程度で1500枚程度の買いが入った感触でした。もっとも、今日はここがザラ場高値。その後は、利食い売りに押されて伸び悩む展開で大引け。

● 上にも書いた通り、日経平均先物では野村の買い手口が圧倒的で8619枚もの買い越しでした。それ以外では、アムロが1900枚ほど買い越しで、MSが2100枚ほど売り越し。一方、TOPIX先物では、GSが5000枚買い越し、パリバが4900枚ほどの売り越しでした。これを見ても、野村の買い越しが如何に圧倒的だったかが良く分かります。背景は何かって?それは野村に聞かないと分かりませんし、聞いても答えが返って来るはずがないので、聞いていません。なので分かりません(^^;。投信かなとは勝手に想像するのですが、やっぱり分かりません。一般的な相場解説では、「SQ通過で買い安心感」とか、「米インフレ懸念後退」などとありましたが、まぁ、それはよろしいでっしゃろ(^^;。誰かが先物を1400億円弱も買い越せば、その需給の影響の方が圧倒的なのは、分かって頂けるかと・・・(^^;。

● 話題変更。この2日間で、チャートは「アイランドリバーサル」(正確にはアイランドクラスターかな?)っぽくなってきました。どのテクニカル分析の本を見ても、「トレンド転換」と書いてあると思いますし、解釈としてはかなりヤバイ格好(^^;。本日後場の戻りは、瞬間風速的には、窓が空いているところに突っ込み掛けたものの、最後は伸び悩みになってしまったことで、残念ながら「アイランドリバーサル」を否定するほどではありませんでした。もっとも、朝方の雰囲気だと、「アイランドリバーサル」がギンギンに効いてくる状況だったので、後場の戻りのおかげで、大分、マシになったことは確かです。なお、気を付けておくべき事は、この件はかなりの人々が既に意識しているということ。それも含んで、次の判断をする必要があります。為念。

● なお、「アイランドリバーサル」とは何ぞやという方には、ググッてみると一番上に出てきた三貴商事のHPをご紹介しておきましょう。URLは、http://www.sankishoji.co.jp/info/lecture/04n.html です。このHPにある図と、日経平均の日足チャートを見比べると、類似性にドキッとします(^^;。今日の日足分を含んだ日経平均の日足チャートを付けておきます。出典はライブドア・ファイナンスです。

● 最後に一つ。今日もソフトバンクに関して、英フィナンシャル・タイムズ紙に「 Softbank share loans worry investors 」との記事が出ていたようです。正確には時差の関係で9月7日付けの記事ですが、こちらからヘッドラインと本文の一部を見ることが出来ます。一部外国人投資家から問い合わせはあったものの、マーケットでのネタにはならなかった様子です。先ほど、日本語訳が出てないかなとググッてみたのですが、出てきたのはロイター記事で、「ソフトバンク、孫社長個人資産の担保提供を否定=英紙報道で」というもの(http://www.thinkit.co.jp/free/news/reuters/0609/8/6.html)。ロイターのサイトも探したのですが、見付からなかったですね。ソフトバンク本体からこの件に関しては、http://www.softbank.co.jp/information/2006/060908_0001.html のリリースが出ています。まぁ、ニュース記事もタイミングがあるし、週末だし、いぃっか、って感じ。軽く流しておきましょう(^^;。

● ようやく週末。何だかんだ言いながら、もう秋の雰囲気が漂っています。関東の週末の天気は今一つで、秋晴れとは行かないようですが、それでも良い週末を!

コメント
この記事へのコメント
偶然見つけました。
ここが貴殿のブログかと思ってしまいました。
2006/09/09(土) 11:06 | URL | ん?? #-[ 編集]
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/183-9b002363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
秋の相場は、安部内閣の人事次第と■総裁選スケジュール 06/09/20:小泉首相の自民党総裁任期切れに伴う総裁選 06/09/26:臨時国会召集、首相指名選挙■下記BLOGを参照して上記記事は、書かせていただいています。
2006/09/11(月) 00:47:16 | 技術系会社員の投資日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。