このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1601.02 (+23.10, +1.46%)    日経平均 : 15857.11 (+292.09, +1.88%)    円ドル : 116.35  

● 大規模停電やら日経平均更新停止など、妙なイベントが盛り沢山の1日でした。薄商いとは言え、さらに先物主導だったとは言え、結果的に重要な上値の節目をいくつか抜き去ったことは、それなりに注目の必要がありそうです。しかし、これと言った材料がなかったのにこの上昇。どうも妙な1日でした。

● まず初っ端に、日経平均と日経平均先物9月限の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。日経平均日中足の「不自然」なところを頭に入れて、以下のコメントをお楽しみ下さい(^^;。

日経平均日中足日経平均先物9月限日中足

● 電車はガラガラ、道もガラガラ・・・(^^;。普通に出勤して色々なことをやっていたところ、後から出社してきた連中が「地下鉄が停電している」と。大手町周辺だけかと思っていたら、実はかなり広範囲の停電だったことが後で判明。大手町界隈の信号も消えていたのだけど、私たちのオフィスの入っているビルは全く問題なし。問題のあるビルと通常通り運営できたビルがあったのは、何が違ったのでしょうか・・・。数年前に夏場の電力不足が話題になったとき、BCP(Business Continuity Plan)の一環として色々調べたのですが、新しいビルには、ほとんど自家発電装置が入っています。その辺(能力や容量)が違いだったのでしょうか。朝方のビル街では、あちこちのビルから煙が出ていたのですが、あれって自家発電装置の煙だったのですネ・・・(^^;。

● 何はともあれ、東証は通常通りの取引。ただ、世間はお盆休みの真っ只中で新聞休刊日。材料不足感がかなり強い1日だったし、停電騒ぎがそれに拍車を掛けた感じでのスタート。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、ソコソコの買い越し(2300万株売り/3620万株買い)が継続し、少しずつ外国人買いが戻ってきているのが分かりますが、それだけではマーケットが勢い良く動くには、まだ足らないイメージでした。

● 多くが「小動き・閑散」をイメージしていたなかで、サプライズは突然やってきました。最初は午前9時41分に日経平均先物でワンショット600枚(700枚?)買いが入ったことをきっかけに、300枚単位の買いが相次いだことで、アレヨアレヨという間に急上昇。「何や?何や?」と言っている間に、日経平均は200円も上がりました(^^;。

● しかし、その後のマーケットは基本的に心肺停止状態(^^;。後場午後1時25分から、日経のトラブル(停電の影響?!?)で日経平均の更新が止まってしまい、余計にやる気なし相場が象徴的な格好に。でも、実際のところ、更新停止になってからしばらく気付かなかったほどですから、如何に小動きだったかがお分かり頂けるかと(^^;。

● さすがの先物も動けなくなってしまい、「お盆休みやし・・・」と諦めの空気(^^;。ところが、午後2時37分に日経平均先物で再び大口買い(400枚+600枚?)が入ったことで一段高。日経平均の更新は止まったままでしたが、「そんなのお構いなし」って感じ。このニ発の先物大口買いが効いた格好となり、結局、高値圏での引け。今日に関しては、日経平均更新停止も特に悪材料視されませんでした。なお、大引け段階でも公式の日経平均は止まったままでしたが、Excel上の計算では、前日比292.09円高の15857.11円。結局、午後4時半前になって、ようやく日経HPにもニュース掲載(http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060814AT3L1404514082006.html)されました。ただ、かなり不十分なニュースで、日経の慌て具合が見える感じもします。

● 日経平均の更新停止について少し苦言を。これも立派な「システム障害」です。Excel上で日経平均の速算は比較的簡単に出来るので、公式の日経平均が止まっていても、通常のトレーディングの観点だけでは、あまり不便はなかったのは事実。でも、逆に言えば、その程度の方法でバックアップは可能なハズなので、日経にも、その程度のコンティンジェンシーはやっておいて欲しかったです。

● これを書いている時点では、日経は朝の停電が原因とのニュース(http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060814AT3L1403P14082006.html)を流しているのですが、じゃあ、なんで13時25分まで動いていたのかってこと。まさかUPS(無停電電源装置)に切り替わっていたのを知らず、午後になってバッテリーがなくなったって、サーバーが止まってしまったのではないでしょうねぇ~(^^;。いずれにしろ、バックアップが働かなかった点だけを見ても、「システム障害」だったと言えると考えています。日経からは何も原因についてニュースが出ていないのですが、先物大口買いのおかげで高かったものの、下手すりゃあ、相場は逆方向だったとしてもおかしくなかったのですから・・・。

● 日経平均の四本値はまだ発表されていない様子ですが、日中の高値などが分からないと、例えばデリバティブ商品でノックイン/ノックアウトがあったりした場合、ノックしたかどうかが分からないというのは、非常に大きなポイントになります。もしかしたら、ザラ場で何らかのヘッジをする必要があったかもしれないし、商品としてノックすることで一瞬にして損益曲線が変わった可能性も無いわけではないのです。特に、今日は結果的に上値の色々な抵抗線を一気に上回っただけに、そういうのがあったとしてもおかしくなかったのです。指数を提供することの責任は、それなりの大きさがあることを、この機会にぜひ自覚して欲しいものです。

● 8月15日を控えて、機械株がかなり売られたりなどがあったのですが、長くなり過ぎるので、この辺はメディアのレポートにお任せしましょう。最後に記録。今日の東証1部出来高は前週末比3億8733万株減の13億0835万株、売買代金は同4299億円減の1兆7348億円。サイズ的には、真ん中が盛り上がる状態となり、Core30とSmallが負けでLarge70とMid400が勝ち。日経平均がかなりTOPIXをアウトパフォームしており、日経平均採用値嵩株が一様にぶっ飛んでいたことも考え合わせると、やはり先物主導での裁定買いの勢いを感じる1日でした。

● 雑談。またナゴヤドームで3連敗。まだ「終わり」ではないものの、スポーツ紙のトーンも「来シーズン」系に移ってきそうな雰囲気・・・(-_-;)。残念だけど、あの戦いぶりだと仕方ないかもしれません。ただ、このままズルズルと下がるのではなく、最後っ屁はちゃんと掛けて欲しいかなと。心配なのは、新聞が「来シーズン」系の話題になると、このところ出てこなかった「犯人探し」系の話題になる懸念があるってこと。これをやってしまうと、すごく雰囲気悪くなるんで、やるんだったらシーズン後にして欲しいものです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/163-376f3aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。