このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1540.12 (-31.58, -2.01%)    日経平均 : 15154.06 (-345.12, -2.23%)    円ドル : 114.55  

● 今日、これほどまでに総崩れになる展開は、多分、誰も予想していなかったでしょう。それだけに、後場の崩れ方は意外感があったし、背景・理由が良く見えないことが、余計に不透明感を深めてしまった感があります。相場解説記事だと、「FOMCを控えて」に加え、「先物に仕掛け的な大口売りが出て云々」と書くでしょうけど、これは本当の理由が分からないときの常套手段。だって、「先物が売られた理由」は、誰も書かない(分からない)んですから・・・(^^;。

● 最初から行きましょう。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(2660万株売り/3640万株買い)だったものの、フローの減少は否定し難い状況。朝方はほぼ横ばいの推移だったものの、後場寄付き後に先物がスルスルと売られ、あっという間に現物も下げ拡大。市場筋の間を「何があったの?」メールが飛び交っていたぐらいなので、虚を突かれた感じがありあり。

● 今日の後場のSQは、前場終値比で3.46円高とチャラだったし、先物を見ても売られ始めたのは12時38分頃から。嵐の最中には、300~500枚ロットの売りが日経平均先物に相次いでいたので、もしかしたら債券先物とのスプレッド取引のようなのがあった可能性は考えられます。何はともあれ、先物の売りにあっさりと両手を挙げてしまったところなんかは、今の相場の腰の弱さを露呈してしまった印象もあり、余計に嫌気されたのかもしれません。

● 結局、TOPIXも日経平均も完全な安値引け。下に貼りつけておいた日経平均先物9月限の日中足(出典:Yahoo! JAPAN Finance)をぜひご覧頂きたいのですが、前場は横ばい、後場寄付き後に大きくガタンと下落していることが分かります。特に出来高面にご注目を。前場と比較して、後場にかなり出来高が増加している様子も見て取れます。

● これほど前後場で雰囲気が変わる要因があったかと聞かれれば、無かったと思います。大引け後の手口を見ると、日経平均先物ではABNアムロ、ゴールドマン・サックス、クレディ・スイスの売り手口が目立っていました。この辺の証券会社名を聞くと、どうしてもヘッジファンドを連想してしまいます。もちろん、ウラが取れる話ではないので、あくまでも想像力の世界です(^^;。

● 今日の東証1部出来高は前週末比2076万株増の13億7232万株、売買代金は同651億円増の1兆7691億円。つまり、先週金曜日とほぼ同水準で、金曜日が今年最低の売買代金だったので、それとあまり変わりなかったってこと。薄商いだったので、余計に値動きが目立ってしまった面はあったと思います。また、この状況で敢えて買い向かうだけのネタもない・・・という空気が強かったことも事実でしょう。興味深かったのは、東証1部の売買代金分布を見ると、前場38.04%、後場61.96%とかなり後場の値動きで商いが盛り上がったことが分かります。逆に言えば、後場の値動きが無ければ、今日は超閑散だった可能性が高い1日だったのです。東証1部では、値上がりが125銘柄、値下がりが1534銘柄でほぼ全面安でした。

● 何はともあれ、チャート上は、これで「また、14500円に行くんかいやぁ~」との雰囲気になってしまいました。7月高値を越える事が出来なかったことで、日経平均の15600円近辺、TOPIXの1600ポイント近辺が上値抵抗帯としての存在感を強めてきています。一方で、6月安値・7月安値と下値が切りあがっているのも事実。このトレンドラインを延長すると、時間的に次はざっくり14700~800円程度でしょうか。まぁ、大きく見て14500~15500円のレンジ取引ってことかもしれませんけど・・・。

● ちょっと話題が逸れますが、先週東証から発表された投資部門別売買動向(http://www.tse.or.jp/data/exotic/sector/index.html)を見ても、東証2部・東証マザーズ市場では特に、個人投資家が「一人売り」状態。これを見るだけでも、個人投資家の懐具合のしんどさというか、ポジション整理がまだまだ終わっていないことが連想できます。

● もちろん、今が一番需給的に苦しい時期との認識は持っていますが、それでもマーケットの約3割を占める投資家層がこの状態だと、マーケット全体が重苦しくなるのも仕方ありません。外国人投資家が少し買い越し気味になっているのは明るい兆しかもしれませんが、まだマーケットを一人で背負ってというほどではないのです。時間が解決することはあるし、時間には痛みを和らげる効果もあるのですが、それだけに頼るのも情けない感じ(^^;。でも、今は時間が必要なんでしょうか。

● 雑談。昨晩の金本選手の満塁ホームランは、プロ中のプロの仕事。怪我していたにも関わらず、それを感じさせない仕事が出来るのは凄いです。ホンの少しでも見習わないと・・・(^^;。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/158-5b84889f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。