このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ
 TOPIX : 1458.30 (-52.59, -3.48%)    日経平均 : 14218.60 (-614.41, -4.14%)    円ドル : 114.65  

● 初っ端から、日経平均の日中足を貼り付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。Y軸の縮尺があってあまり大きな値動きに見えないかもしれませんが、後場にズルズルと崩れていった形、それも午後2時半頃に加速したのがご覧頂けるかと・・・。

● 前回の大幅安(6月8日)は「ついに来たか・・・」って感じだったのですが、今日はある程度まで安いとは予想していたものの、ここまでの急落は想定外。日経平均の下落がTOPIXよりもかなり大きく、裁定解消売りの影響を連想させてしまいます。ただ、午後2時頃までは、実は裁定解消売りはあまり出ていなかったのです。これはSQ後の傾向としてここ数日出ていたのですが、要するに、SQで解消しちゃったので裁定の在庫が少ない状況にあったため。それでも、最後の1時間ほど、特に午後2時半頃に先物がスコンと大口売りで売られてからは、さすがに裁定解消売りがかなり出たようで、下げを加速したのは事実。妙に「下げ渋っていた」値嵩株が一斉に下落したことで、順番としては、ほぼ一回りしたことになるのですが・・・(^^;。

● 最初から順番に行きましょう。今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、14日連続の売り越し(6380万株売り/3400万株買い)。今日は金額も売り越しだったそうで、もうこうなったら、どこまで行くかトコトンお付き合いしましょう、って感じです(^^;。今朝はそれ以上にNY株式が大幅下落で、あちらのチャートもかなり酷い状況。東京も、寄付きから売りに押される展開となってしまいました。

● 今朝のSQを計算すると、前日比243.67円安の14589.34円。この水準からどちらの方向に放れるかに注目していたのですが、後場寄付き直後の下げで「勝負あった」状態・・・(-_-;)。まさか、「日銀総裁村上ファンドに1000万円」が原因だとは思わないし、昼休み立会外バスケットも市場筋推計だとチャラだったので、なんで後場寄付き直後に売られたのかが判然としない状況。後場だけではなく、朝の軟調さ以外、正直、何が原因でこれだけの幅の下げになったのかは分かりませんでした。他の相場解説で何を書いているのかは良く見ていませんが、理由を探るのも大事だけど、どう行動するかも大事ですから、そちらを優先したい気持ちです。

● 何はともあれ、日経平均はドカンと下がって安値引け、TOPIXも同様に安値引け。東証1部値下がり銘柄は1500を超え、かなり悲惨な状況になってしまいました。ただ、先日の下落とは少し違った面があったのも事実。一つはサイズです。TOPIXサブインデックスで書くと、Core30は2bps勝ちでチャラ、Large70は39bps負け、Mid400は6bps負け、Smallが89bps勝ちと、かなり小さい方向にサイズが振れていたこと。東証2部指数なども一斉に下落したものの、TOPIXの3.48%安と比較すると、随分、傷が浅かったというか・・・。今日の大幅安のなかで、違った動きが出始めているのかを注意してみておきたいです。

● 関連して、ここ数日の傾向ですが、下げ相場に関わらずバリューがネガティブに推移しています。通常、これだけの下げ相場になると、サイズが大型に振れて、バリューが効いてくるというのがパターンですが、どうも足元の相場は違っている様子。特にバリューが効かないというのは、機関投資家的にも厄介な現象で、FM諸氏との会話でもこの話題が良く出てくるようになりました。グロースは元々ボロボロだし、バリューも効かないとなると、「一体、何が効いとるねん?」って事。短期のリバーサルは効いているものの、中長期は今ひとつ。どうも分かりづらい相場です。先が見えるようになってくると、それなりに動けるのですが、どうもファクターなどでも不透明感の強い状況なので、余計に手が止まってしまう感じを受けています。

● 話題変更。ちょっと重要(かも)知れない話を、少しだけ書いておきます。阪神電鉄の話です。議題は、「なぜ阪神電鉄の株価が、TOB価格をかなり割り込んで引けてしまったのか?」ということ。周知されているように、明日が阪神電鉄にとって、TOB締め切りに間に合う最終売買日です。ところが、TOB価格の930円に対して、今日の終値は921円。最後の瞬間だけというのだったら例外かもしれませんが、今日はほぼ1日中、TOB価格を割り込んだ水準で推移しました。四本値は、始値925円、高値928円、安値915円、終値921円です。出来高は2,516,000株でした。

● これは、一見、非常に美味しそうな話に見えるのですが、何よりもまず、株式市場にそんな美味しい話が放置されることは、絶対に有り得ません(断言!)。つまり、美味しそうに見えるということは、自分が気付いていないリスクがあり、そのリスクを加味したプライスなのに、それを認識できないから美味しそうに見えるだけ、ってことです。本当なら、それについてズバリと書きたいこともあるのですが、憶測で話を書くとまずいので、この場所では、この辺にしておきます。一言だけ。受渡リスクについては、十分に考慮されることを祈っています。全てが終わってから、もしかしたら書くかもしれませんが、後ろから襲われるのも嫌なので、書かないかもしれません・・・(^^;。

● 最後に記録。東証1部出来高は前日比729万株増の19億6657万株、売買代金は同1796億円増の2兆3665億円で、値幅の割にはそれほど増えなかった印象でした。明日も勝負ですね、気持ちの上では・・・(^^;。話題がバラバラでスミマセン。

● 雑談。しかし、楽天に追いつかれるかぁ~?!?ホンマ、苛々が募る試合です・・・。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/119-55fc2d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。