このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!

--年--月--日(--) .... スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myカテゴリ一 : スポンサー広告 | Page Top↑ ブログパーツ

2012年02月26日(日) .... 02/25のツイートまとめ

torashishiza

ブラゼルって本気で外野手になる・・・んだろうか? #hanshin RT @cbraz67: Another day in left field
02-25 18:16

『猛虎ファンの中でどう応援 初めての甲子園球場』(日経) http://t.co/43WAScdi 甲子園って、そんな「怖いところ」とちゃうでぇ(笑)。確かに1970年代(私自身の子供時代)は、かなり厳しい時代もあったけどwww。 #hanshin
02-25 18:14

年金基金は弱者?年金の掛け金を支払う個人は弱者だけど、だからこそ、基金にして専門家が入るべき。「あがり」の専務理事が出来ないなら、その仕組みを向上させることに力を入れて欲しい。RT @nhk_news: “投資運用会社の監督強化を” http://t.co/1ByXhhq4
02-25 18:09

『格付け機関が09年に「日本版マドフ」と警告 AIJ運用資産消失問題』(WSJ日本版) http://t.co/56BfMjf4 いまさら指摘されても遅いんだろうけど。ただ、その指摘をしたR&Iが「年金基金の顧客満足度調査ではAIJが1位」と掲載していたってのも、強烈な皮肉。
02-25 18:00

OTMのオプション売りまくって、相場急落・急騰時にはヘッジしてあるからOKって・・・。そんな戦略あるわけないでしょwww。無駄に手数料を支払って儲ける気が無いんだったら、アリなんだろうけど(笑)。
02-25 17:55

AIJの件、まだ詳細は不明なところが多いけど、どうやら、数年前からあるプライムブローカーが「引いていた」様子ですね。何か「臭い」がしたんでしょうか。HFにとってプライムブローカーや主幹事みたいなものだから、そこが「引く」というのは、余程のことがないと発生しないこと。
02-25 17:43

@mucchosan 嘘のNAVを顧客にレポートするようなことまでやっちゃうとなると、そりゃあ、見抜けないでしょうね。確か年金情報やヴェリタスのランキングでは、AIJが第1位に出ていたと思うけど、日経等は、何らかの言い訳をするんでしょうかね?
02-25 17:42

理解に苦しむリリースやなぁ。何やっとるねん?RT @tdnet_jp: M-アンジェス:「当社取締役に対する発明譲渡対価返還請求および特別損失の発生に関するお知らせ」の取消しに関するお知らせ http://t.co/ZyMJKUHZ
02-25 17:40

新大阪駅。これから東京に戻るところです。
02-25 14:19

AIJのせいで、妙な方向に規制が厳しくなりそうな悪寒。特に現実・現状を知らない政治家や学者先生が絡むと、碌なことにならないからなぁ~。せっかくプロ向け投資顧問の制度がスタートするのに・・・。
02-25 09:50

@tetsu219 あの・・・ねぇ(^^;。まぁ、新幹線のなかでゆっくり睡眠取ってください!
02-25 09:43

まったくその通り。RT @fu4: 金融庁検査はたまに一回来て、重箱の隅をつつくような検査をするのではなく、むしろ現場にちょくちょく足を運んで、軽い検査をして、その代わり頻度をあげた方が有効だと想う。
02-25 09:42

そろそろチェックアウト。小雨だなぁ~。大阪も。
02-25 09:41

AIJの件、どうも疑問ばかりが湧いてくる。通常、オフショアのHFだったとしても(ほとんどがオフショアだけど)、アドミニ、監査があるし、プライムブローカーが付いていることが多いはずなので、あれほどあからさまな不正は出来ないハズ。まぁ、何事にも抜け道はあるんだろうけど。
02-25 09:37

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する (管理者承認後に公開されます。広告や投資推奨などは不可です。よろしく!)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://torashishiza.blog55.fc2.com/tb.php/1110-705ddc23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。