fc2ブログ
このマーケットコメントは、資産運用を職業とする国内外の機関投資家顧客向けに書いている落書き帳です。少し違った視点から相場を眺めている一人の声としてお楽しみ下さい!
 TOPIX : 1047.97 (-29.00, -2.69%)    日経平均 : 10938.14 (-216.62, -1.94%)    円ドル : 105.30  

● 米国株安などを受けて、寄付き段階からマイナス。もっとも、昨日の段階で東京でかなりの「下げ」をやっちゃってたこともあって、指数ベースでは軟調だったものの、底なし沼というほどの下落にはならず。GLOBEXの米先物が全体に堅調だったことも、多少は安心感に繋がった様子。ただ、これは指数ベースでの話。個別銘柄ベースでは、深刻な買い手不足のなかを、主力銘柄が「これでもかぁ!」とバカスカと売られ、相場の地合いはかなり悲惨。日経平均はファーリテ(9983)の一銘柄だけで、60.0円も押し上げていたので、対TOPIXではかなりアウトパフォーム(^^;。でも、これを除けば今日は日経平均にして270円を超える下落だったわけで、そちらの方が実感に近い印象でした。

● 今日は、TOPIXの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。日中足のチャートそのものには、日経平均とそれほど大差はなかったのですけどネ(^^;。

● 今日の地合いを象徴していたのは寄付き。日経平均がたかだか100円とか安いだけの寄付きで、トヨタ(7203)が売り気配でしばらく寄らない(寄付いたのは9時15分)なんてのが、如何にも象徴的でした。つまり、この段階で「誰もが持っている銘柄」に大きな売りが出ていることを感じさせられたのです。外国人投資家からすると、トヨタは「日本国製造業」の代表選手の象徴みたいな銘柄。実際に、そういう意味合いで保有している投資家も少なくないのです。その銘柄が値段関係無しに暴力的に売られてしまうと、相場全体の心理状態は落ち込まざるを得ません。

● 他にも、下げ止まらないコマツ(6301)、キヤノン(7751)、ホンダ(7267)、ソニー(6758)などが軒並みメタメタ。任天堂(7974)も「泣くなよ」と慰められないほど。少し前までは堅調だったブリヂストン(5108)も耐えられずに急落と、外需型代表格の銘柄があちこちでバカスカ売られる1日でした。しかも、値段関係なしに思えるような売り方。英語で言う「リクイデーション」、日本語で言う「撤退売り」とか「投げ売り」との印象が避けられませんでした。つまり、解約か何かの危急の事情により、値段を意識して時間を掛けて売るのではなく、早急に現金化する必要があった、という感じでした。

● 一方で、小売りは内需型代表格として堅調で、メガバンク株もマイナスが多かったものの、相場全体と比較するとしっかり。米国でも主力どころの銀行株は足元では堅調ですが、そろそろ「これ以上の悪いニュースはない」というムードがあるのかもしれません。製造業はこれから景気がドカンと悪化して「これから悪いニュースが相次ぐ」という状況なので、心理的な不利は否定できません。もっとも、株式市場は、来年3月頃に景気が悲壮感漂う状況になるだろうと見込んで売っているワケで、その点では「そろそろ」なんでしょう。でも、「亀」状態から脱出するには、ドタ勘だけでは無理なのも事実。特に他人資産を運用している場合には…。

● 記録。東証1部出来高は前日比2億0923万株増の23億4566万株、売買代金は同1268億円増の2兆3304億円。東証1部値上がりは304銘柄、値下がりは1347銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比74.49円安の11080.27円(9時30分確定)とそれほど安くは無かったものの、結果的に、TOPIXは安値圏での引け、日経平均はモロ安値引けでした。日経平均の日中値幅は161.59円(前場136.80円、後場106.04円)と比較的小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、大幅な売り越し(4150万株売り/2720万株買い)でした。

● 一歩下がって今回の「金融危機」に対する投資家や金融機関の対応策を見ると、一言では実像は捉え難いものの、結局は「キャッシュを確保」ってことに行き着きます。市場で買い手が乏しくなっているところに、リスク資産をキャッシュ化しようとするならば、ビッドがあるところにぶつけて売るしかなくなるし、それが余計にリスク資産の価格を押し下げ、余計にキャッシュ化の動きが強まる負のスパイラル状態。今日の株式市場も、ちょっとそんな感じがありました。昨日も書いたように、業績から見た割安感がどうのこうのや、PBRやPERといったファンダメンタルズではなくなっています。もちろん、いずれどこかで、正気を取り戻す局面がやってくるでしょうけど、そのタイミングが分からないのが難点。

● 各国の中央銀行がこれだけ大量の資金供給をしているのに、短期市場の流動性枯渇が止まらないとなると、「資金繰り破綻」も頭から離れなくなってしまいます。そうなると、株価は破綻リスクを極端な格好で織り込みに掛かるワケで、余計にネガティブな圧力が掛かります。この辺は日本のバブル崩壊以降、1997年あたりに起こっていたことと同じ。あの頃の立会外取引などでは、「まとまって売れるのなら、時価より○×%下でもOK」なんてのが頻発したし、それなりにマシな銘柄と"放射性廃棄物"みたいな銘柄を混ぜて、バスケットで叩き売るのも日常茶飯事でした。今回はそれがグローバルな規模で発生しているということです。

● 中央銀行などの人々は、この状況を当然、よく頭で理解しているでしょうし、対処しようとしているハズ。市場関係者の多くも、頭では良く分かっているハズ。でも、集団行動や集団心理となると、理論を超越するような手段でもないと、なかなか押さえ込むのは困難です。まだ世間一般の経済感覚が悲惨な状態にまで悪化していないだけ、公的資金を注入しようとしても、世間・世論からの理解は得られずに時間が空費されてしまい、より傷口が化膿して悪化してしまう。この辺の状況も、あの頃の日本と同じです。結局、米国は日本の失敗から学んだように見えて、あまり学んでいなかったということなんでしょうか?個人としては、少なくともスピードだけでも米国は学んでいるように考えたいところですが…。

● 何はともあれ週末。悪いことはさっぱり忘れて(忘れられるワケないけど…)、秋の季節を楽しみたいところです。良い週末を。

 TOPIX : 1076.97 (-24.16, -2.19%)    日経平均 : 11154.76 (-213.50, -1.88%)    円ドル : 105.85  

● 寄付きこそはCME日経平均先物が堅調だったことなどを受けてプラスで始まったものの、それは1時間も持たず、その後はマイナス転落してズルズルと下落幅を拡大する展開。時折、米国絡みのニュース("SEC空売り規制延長"とか"米上院で金融安定化法修正案可決"など)で戻る局面はあったものの、上値が重たいというか、買い手がおらんというか…。これほどネガティブな心理状態に陥ってしまうと、「いくら修正法案が可決しても、雇用統計でずっこけたら…」とか、「世界的な景気悪化懸念」など、出てくる話は下向きスパイラル状態の発想ばかり。後場最後の30分ほどは、ヘッジ売りか何かは知りませんが、先物が売られて断続的な裁定解消売りを引っ掛けて一段安。なまじ朝に高かっただけに、引け味は最悪。閉塞感が強まるなかで、買い手不足は深刻化しているのがモロに出てしまった相場でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● かなり悲惨な空気の相場のなかでも、東証33業種別指数で見ると、値上がり業種は7業種あったのです。なかでも、情報通信、電力ガス、医薬品などは、それなりにプラス。一方で、鉄鋼、商社、機械(特にコマツや日立建機)、非鉄などはボロボロ。この辺は、業種別指数で5%超も下落したのです。日立建機(6305)は日経平均採用があってここまで堅調だった反動としても、コマツ(6301)なんてまた1割超も急落し、悲鳴すらも聞こえなくなってきた印象。自動車もそうだし、ソニーが6%近く売られるのも「何で?」って感じ。一方で、こんな相場でも高値を付ける銘柄もあり、東洋水産(2875)なんて上場来高値でっせ。他にも日清食品HD(2897)、山崎製パン(2212)、ABCマート(2670)が瞬間風速にしても年初来高値を付けていました。

● この辺の上がった銘柄群と下がった銘柄群を見るだけで、思い浮かぶ言葉は一つ、「ディフェンシブ」。ちょうど月初のリバランス時期に差し掛かるのですが、この相場環境下でフルインベストメントのFM諸氏は、「とにかくβを落として、ポートのリスクを下げて」が合言葉状態…(T_T;)。株式を保有しながら、如何に「株なんて保有していないようなファンド」を構築するか、って感じになりつつあります(^^;。業績から見た割安感がどうのこうのというファンダメンタルズではないんですよネ、実際のところ。

● 流動性が落ちる中で、値段関係なしのアンワインドやら何やらが飛び交っている状況では、投資アイディアを掲げても空しくなってしまいます。ファクター分析しても、何も効いていないように見えるのも、逃げ出す資金だらけ、との状況を象徴しているように感じます。「陰の極かも知れない」と思いつつも、実際には、手も足も出ない「亀」状態に成らざるを得ません(^^;。Gartman氏の相場格言にも、「Market can remain illogical far longer than you or I can remain solvent」ってのがあるし、タイミングがなかなか見えてきません。タイミングさえ分かれば…です。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億9973万株増の21億3643万株、売買代金は同2037億円増の2兆2036億円。東証1部値上がりは283銘柄で、値下がりが1368銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比64.73円高の11432.99円(9時14分確定)。寄付き段階ではプラスだったのです(^^;。TOPIXのザラ場高値は9時23分(+6.55pt、+0.59%)で、日経平均の高値は9時29分(+84.13円、+0.74%)でした。ちなみにザラ場安値はTOPIXが14時45分(-27.36pt、-2.48%)、日経平均も14時45分(-224.47円、-1.97%)。つまり、ほぼ寄り天で安値圏の引けと、「持ち上げといて、叩き落す」という"痛い"パターン。日経平均の日中値幅は308.60円(前場215.13円、後場132.77円)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、再び小幅ながら売り越し(3530万株売り/3160万株買い)でした。

● 考えると気持ちが重たくなるんですが、この惨状が実態経済に反映されて、世間一般が酷さに気付くのは半年後になるんでしょうね。つまり、来年の2月とか3月には、相当に酷い数字が並んでいることを覚悟する必要がありそうです。日本以外の世界は、それを痛切に感じているのですが、なぜか日本はガラパゴス状態というか…(^^;。取り付け騒ぎが発生していないのは、先進国では日本とフランスぐらいです、ホンマ…。もっとも、実際に数字が悪化してくる頃には、相場はもっと先を読みに掛かるでしょうから、「景気がこんなに悪いのに、何で株が上がるねん?」って状態になっているかもしれません。にわか識者(本当の識者はもっと賢い)はそこで、「おかしい」と言うでしょうが、その辺が本当のチャンスかもしれません。何はともあれ、今は生き残ること最優先って感じです。一歩、オフィスから外に出て眺める世間一般は、まだまだ余裕があるように見えますが…。

● ホンマ疲れる相場が続きます。明日はようやく週末。ただし、明日夜には米雇用統計があったりします…(^^;。

 TOPIX : 1147.89 (-6.06, -0.53%)    日経平均 : 11893.16 (-113.37, -0.94%)    円ドル : 105.80  

● 朝方の一瞬は米国株高などを好感してプラスで始まったものの、その後は米国での「救済法案(金融安定化法案)」協議の行方に不透明感が強く、寄付高以外は、ほぼマイナス圏での推移でした。ザラ場でも、誰かが協議案を拒否したとか、暫定合意したとか、WaMu(Washington Mutual)が飛んだとか、はたまたフォルティスの資金繰り悪化報道など、不透明感の解消には程遠いニュースばかり。

● もう少し広いところを見ても、バルチック・ドライが大幅安だとかで海運株はひたすら売られ、鉄鋼などもボロボロと、景気の先行きを不安視せざるを得ないようなネタばかり。銀行株にしても、実際に今後の見通しが立つような値動きではなかったし、週末を控えていることもあって、手控えムードでいっぱい。相場は寄付き段階でもあまり強いとは感じなかったものの、一方で、ドカンと売られなかった(一時、かなり売られたけど戻した)のは、買い方だけでなく、売り方にとっても動きづらい印象。どちらにしろ、新規にポジションを組むような雰囲気は皆無で、ポジション整理を「今」やるか、「先延ばし」するかが焦点って感じでした…。はぁ~(^^;。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 記録。東証1部出来高は前日比2億3139万株増の18億2372万株、売買代金は同2933億円増の2兆0180億円。昨日よりは増加したとは言え、活発とはお世辞にも言い難い状況。東証1部値上がりは341銘柄に留まった一方で、値下がりは1307銘柄もあり、指数から受ける印象よりも値下がり銘柄数が多い感じを受けました。今朝のSQ値を計算すると、前日比30.03円高の12036.56円(9時40分確定)。TOPIXは13時46分に-18.50pt(-1.60%)、日経平均は13時50分に217.80円安(-1.81%)まで突っ込んでいます。大引けまでには良く戻ったというべきでしょうか。一方、日経平均の日中値幅は293.91円(前場150.53円、後場155.51円)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続きかなりの売り越し(3650万株売り/2510万株買い)でした。

● 一歩引いて考えれば考えるほど、この先、ヘッジファンド業界に津波のように襲い掛かってくる可能性が高い難局からは、どうやっても避けられないように思えてしまいます。暴力的な相場の上下は一巡したとしても、構造的に業界としての拡大に急ブレーキが掛かるのは避けられないだろうし、それによって世界中の色々なマーケットも、規模縮小や流動性の低下などの難題が降りかかってきそうな雰囲気。GS/MSというプライム・ブローカーの二大巨頭が銀行になることで、レバレッジが掛け辛くなる件については昨日も書いたのですが、それ以外にも副作用が何かと出てくるのは避けられません。

● 足元のマーケットでも、投資家がリスク忌避から投資エクスポージャーを減らそうと解約に走るとなると(実際にそれが起こっている)、運用側もポジションを縮小せざるを得なくなります。この状況下だと、突然、空売りの多い銘柄群が買戻しで急上昇したり、逆に買いポジションが多いと思われる銘柄群が叩き売られたりするのです。つまり、割安がより割安になり、割高がより割高になるという難儀な状況が出現し、影響はヘッジファンドだけに留まらず、ロングオンリーの投資家にも広がってしまいます。主に年金資金などを運用するロングオンリーのFM諸氏にとっても、この状況が非常に悩ましいのは同じで、対ベンチマークでオーバーウェイトになっている銘柄ほどアンダーパフォームするという状態に陥ってしまいます。対応策として最初にやることは、飛び出している部分を削ぐこと。つまり「割安がいずれ修正される(買われる)だろう」と信じてオーバーウェイトしていたポジションほど売り圧力が強い、ってことになってしまいます。もっと最悪なのは、周りの皆が似たような状況にあるってことです。

● さらに事態を悪化させるのが、金融株を中心に空売り規制が世界中で行われていること。ロング/ショートファンドなどは、ショートが自由に出来ない(やり辛い)状況では、ロングも出来ません。さらに、ファンディングレートが高過ぎて、裁定取引やスタットアーブのような薄利多売の取引も困難になってくることで、普段だったら割安を修正すべく入ってくる買いが入ってこなくなり、割安が割安のまま放置されてしまうのです。これが余計にファンドの収益を悪化させることになり、よりポジション解消を進めざるを得なくなるという悪循環。やはり傷が癒えるには、ある程度の時間が必要と考えざるを得ないです。まぁ、考えても仕方が無いとして、明るい方向を見る開き直りが必要なのかもしれませんけど…(^^;。

● The Gartman Letter の"Rules of Trading"の中から、いくつか以下に抜き出しておきます。どれもかなり重たいっす(^^;。

- Never, ever, ever, under any circumstance, add to a losing position.
- Market can remain illogical far longer than you or I can remain solvent.
- An understanding of mass psychology is often more important than an understanding of economics.
- There is never just one cockroach.
- Do more of that which is working and less of that which is not.

● 雑談。さて、祝日のおかげで短い週でしたが、それなりに気を遣う1週間でした。また月曜日早朝に何かあるのかもしれませんが、それまではすっぱり忘れて秋を楽しみましょう(^o^)。そうそう、 「阪神日本一!…なら、経済効果767億円ナリ」 (朝日新聞)との記事もありました(^^;。さぁ、プロ野球もシーズン終盤のスパートです。良い週末を!

 TOPIX : 1192.38 (+0.79, +0.07%)    日経平均 : 12346.63 (-54.02, -0.44%)    円ドル : 107.35  

● オーバーナイトの米国株が大幅安(NYダウは-280.01ドル、-2.43%)とあって、寄付前から悲壮感が漂う展開。ただ、実際に寄り付いてみると、先物が意外に下げ渋り、裁定買いを引っ掛けて指数も下げ渋る展開。昨晩の米株式市場最大の話題になったリーマン・ブラザーズ(LEH)関連のニュースがマーケットを飛び交うなかで、銀行株を初めとする金融セクターや不動産、建設セクターが後場に強含みの展開に。これでTOPIXは午後2時半前にプラス転換。日経平均も瞬間にはプラスになったものの、大引けではマイナスのまま。日経に電子部品がどうのこうのと書かれて、京セラ、TDKなどの日経平均採用の値嵩株がマイナスだったのが響いた格好でした。

● 今日はTOPIXの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。午後2時半にヒョンと上昇しているのは、昨晩から"交渉中断"伝えられていた韓国産業銀行(KDB)とリーマンの出資交渉について、あちこちのニュースで、 「韓国産業銀、リーマン経営権を6兆ウォンで取得することを模索=聯合」 とのニュースが突然流れたから。しかし、大引け後には、 「韓国産業銀とリーマン、合意に近づいてはいない=韓国政府当局者」 として、再度、交渉は中断ってことになっています。相当この辺の情報は錯綜していたし、それに目先筋が振り回された感はありました。なお、リーマンは日本時間の明日朝7時半に四半期決算発表と「Strategic Initiatives」の発表を予定しています。明日朝、何が出てくるか、情報端末を気にしておきましょう(^^;。

● 今日の銀行株、不動産株、建設株の上昇には意外感があり、何を示唆しているのか迷うところ。実際、前場は軟調推移だったのが、後場に切り返してきた点は、「あれっ?」って感じ。現実的なところで、ショートカバーや裁定買い以外に買い手が望み難い状況は皆が承知の上。それを考えた上で、ドカンと急落しなかったことに安堵感と意外感がありました。ただ、かといって希望が湧き出るというところまでは行かず、気迷いが強く残った印象。

● 結果的に、今日の上昇で、三菱UFJ FG(8306)などは、非常にきれいなアイランド・リバーサルを形成することになり、さらにはらみ線の次に抱き線というおまけ付き。はらみ線で「変化の前兆」となり、その次にかなり大きな陽線。ホンマ迷うところです(^^;。その他のメガバンク株にも似たような形が出来ているし、三菱地所(8802)や三井不動産(8801)なども似たような状態。過去の経験則からすると、ファンダメンタルズの要因を探すよりも、チャートに素直に付いた方が大体は結果が良好なのは分かっているものの、「それでも、ねぇ~」って印象は避けられません(^^;。一方で、指数を見ると(日経平均先物なども同様)、アイランド・リバーサルっぽい状態を埋めてしまった格好となり、こちらは個別銘柄群とは逆にも受け取れるシグナルを示唆。色々な点で迷います。

● 三菱UFJ FG(8306)の日足(3ヶ月)を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

三菱UFJ FG(8306)日足

● 一方、ファクター面から見ると、アセット系のバリューは良かったものの、フロー系のバリューが相変わらず酷い状態。銀行などの金融株、不動産株、建設株などといった利益面で割安じゃない銘柄が上昇し、商社、鉄鋼などの利益面で割安な銘柄がブチ売られる状況だと、FM諸氏にとっては「痛し痒し」の1日だったと推察します。実際のところ、現状で銀行株などをオーバーウェイトしている向きはほとんどいないでしょうし、不動産や建設株についても同様でしょう。ファクターの効きから相場を見ても、まだまだ不安定さが続きそうだし、方向感が出てくるには時間が掛かりそうなイメージでした。

● 記録。東証1部出来高は前日比4億8066万株も増加して22億6616万株、売買代金は同5085億円増の2兆5049億円と、ここ最近の水準としては活況。東証1部値上がりは919銘柄、値下がりは708銘柄と値上がり銘柄数の方が多く、TOPIXの印象によりマッチした感じでした。ちなみに、日経平均採用銘柄だけで見ると、値上がり95銘柄に対して値下がり123銘柄でした。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比246.19円安の12154.46円(9時16分確定)と、「かなり来た」状態でスタート。ただ、ここがほぼ1日の安値でした。日経平均の日中値幅は244.70円(前場141.39円、後場148.34円)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、5日連続の売り越し、しかもソコソコサイズの売り越し(3530万株売り/2070万株買い)でした。

● 雑談。矢野選手が良くやってくれました(^o^)。ベテランに頼りすぎるきらいはあるものの、頼れるベテランほど貴重な存在はありません。シーズンがずっとスムーズに行くとは考えていなかったものの、オリンピック前からの展開はやっぱりしんどいっす(^^;。ところで、ルー・フォードってどうなったんだろうと思っていたところ、ニッカンスポーツでは「解雇」との記事。一方、デイリースポーツでは「今後も“戦力”」と…。どちらにしろ、崖っぷちみたいです(^^;。そういえば、「今岡」という名前もホンマに聞かなくなってしまった…。

 TOPIX : 1220.55 (+8.18, +0.67%)    日経平均 : 12689.59 (+80.12, +0.64%)    円ドル : 108.90  

● 指数は上値が重たかったにしろ、1日中プラスで推移。それだけ見れば、「あっそ、良かったやん」って感じ(^^;でしょうけど、実際にマーケットの近くで少し違った視点で見ていると、かなり強い違和感を感じる1日でした。それは、何よりもファクター面から見た相場の歪みがかなり酷かったこと。フロー系のバリュー、短期のスペシフィック・リターン・リバーサル、元々期待していなかったとは言えグロースと、御三家が全てボロボロ。まだ詳細には調べていませんが、昨日と今日の2日間で、多分、今年一番強烈な歪みが発生した印象です。イメージとしては、-3σは超えてしまったかなという感じです。指数はプラスだったのに、相場内容にかなりの歪み。どこかで見た覚えがあります…(-_-;)。昨年8月第2週です。昨日と今日だけでは、昨年8月第2週ほどのえげつない状態には届かない規模。しかし、6月中旬からの流れを見ると、昨年8月の規模を既に超えてきています。

● 昨年8月はGSのグローバル・アルファという巨大ファンドの解約に端を発して、デレバレッジングの嵐が吹いたことで、相場が急速に歪む羽目に陥ったのです。ファンド解約そのものもそうだけど、皆が同じような投資戦略でパーティーに参加していたところ、急に地震が来て停電になったので一斉に出口に殺到という状況に似た格好になり、実際の解約や何やらにに輪を掛ける格好でマーケットインパクトが増幅されてしまったのです。それから1年超が経過した現在、それほど高いレバレッジを掛けているファンド(ヘッジファンドとプロップ部門)があるとは思えないなかで、昨日と今日の強烈な相場の歪み。何を意味しているのか、不安感が募ります。

● ロング・ショート系のファンドがアンワインド(ポジション解消)すれば、指数的なインパクトは限定的になるものの、相場内容には歪みが出ます。昨年8月もそうだったし、昨年11月もそう。今年3月もそうでした。昨日は指数がそれなりに下落したものの、今日は指数はずっと堅調。でも、相場の歪みはかなり強烈。その点から、ロング・ショート系のファンドがアンワインドと考えるのがストレートに思えます。もちろん、ロング・ショート系ファンドの大型設定でも似たようなことは有り得るのですが、現状で日本株市場に大きな資金が入ってくるとは考え難い状況。しかも、割安がより割安になる状況を見れば、アンワインド(≒撤退)と考える方が素直に思えます。そうすると誰が何をやっているのやら…。

● この辺の不安感、不透明感が多くの投資家を「リスク・リダクション」(リスク縮小)に走らせている感がありあり。フルインベストメントの機関投資家は、ポートフォリオをキャッシュにするわけにも行かず、ポートのリスクを下げるしか対応策が無い、という状態が強まっているのをヒシヒシと感じます。今週は月次のリバランスが多い週なので、余計にそう感じるのかも知れませんが、マーケットが不安定で流動性が落ちているだけに、中小型株へのインパクトも無視できません(今日は新興市場は軒並み大幅安)。

● 今日上昇した業種を見ると、食品、医薬品、電力・ガスなどが堅調だった一方で、商社、鉄鋼などはボロボロ。それぞれに原油下落やロシア状況など、ファンダメンタル理由を探すことは可能です。しかし、もっと全体に共通しているのは、今の市場でリスクを落とそうと試みた時に買われる銘柄群、売られる銘柄群ってこと。昼に債券トレーダーとも話をしたのですが、あちらでも「割安がドンドン割安になる」状況が起こっているとのこと。余裕があれば、「こんな時こそ逆張り」って刀を振り上げて立ち向かえるのですが、今のマーケットを見ると、その元気を感じるのは非常に困難です。ストレステストをやると、本当にストレスで倒れそうになる結果が出てしまうし、それ以上に、昨年8月を経験したことで、「有り得ない」が本当に有り得ないかどうか、誰も自信が持てなくなってしまった状態にあります。もちろん、今日が「底」だった可能性もあるのですが…。

● 記録。東証1部出来高は前日比5264万株増の19億3338万株、売買代金は同321億円増の1兆9940億円。東証1部値上がりは1069銘柄、値下がりは573銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比115.17円高の12727.64円(9時12分確定)。日経平均の日中値幅は120.21円(前場110.89円、後場102.91円)と小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(2460万株売り/2770万株買い)でした。

● 大引後に開示された先物の手口を見ると、今日は全般に「非常に静か」でした。日経平均先物で差引1000枚超の売り買いは、GSが1883枚買い越しだった程度。他はUBSが931枚買い越し、LBが940枚売り越し、野村が買い手口不明の2072枚売りなど。TOPIX先物は、MSが2306枚買い越しだった一報、BNPPが2426枚売り越しなど。今日はニューエッジもCSも静かでした(^^;。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。個人的には、今日の指数の動きはミスリーディングで、あまり参考になりませんでしたけど…。

● 業務連絡。大引後に東証から 「株価指数算出上の取扱いについて(住石ホールディングス等)」 とのお知らせが出ています。該当銘柄は住友石炭鉱業(1503)、テンプスタッフ(2476)、ケンウッド(6765)、日本ビクター(6792)。いずれも小さな銘柄ですが、9月24日(水)が最終売買日でホールディング会社が10月1日(水)に新規上場となります。お忘れ無きように(^^;。

● もう一つ業務連絡。それとFTSEから日本株指数に関して銘柄入替えが発表されています。リリースはこちらからですが、これはほんの数行の文章だけ。新規追加及び削除銘柄は、FTSEのサイト内にあるExcelファイルをこちらからどうぞ。一般的にFTSEをベンチマークにしているファンドは、MSCIほどの規模ではないと考えられるものの、欧州系にはソコソコあるようです。一応、ご注意を。リバランスは9月19日(金)の大引けを基準に実施されます。

 TOPIX : 1212.37 (-18.27, -1.48%)    日経平均 : 12609.47 (-224.71, -1.75%)    円ドル : 108.00  

● ったく…、首相の「やぁ~めた」辞任って、何とかならんのでしょうかねぇ~。G7の国家首領として並ぶのが恥ずかしくなるほど、だだ捏ねてるレベルの辞任理由。市場から見れば、それほど期待していなかっただけに、失望も大した事はなかったものの、国のトップが取る行動としては情けない限り(-_-;)。やっぱり、二世議員は駄目ってことですね。市場筋の間ではヤケクソ気味に「麻生関連銘柄リスト」なんてのが飛び交っていましたけど…(^^;。

● 国家のトップが政権を投げ出したにも関わらず、マーケットへの影響はほとんど無い状態。外国人からBloombergで問い合わせが色々と飛んでくるのは予想通りだったのですが、そのたびに、なぜか自分が言い訳(にしかならない)を書き綴るのも本当に疲れます(^^;。彼らからすると、"妙に冷静"な相場展開は、「この国家の非常時になんで?」ってことになるのでしょうね。一方、日本のことを比較的良く知っている外国人からは、「また?」みたいなメールが多く、中には「大変そうだね」と、慰めとも皮肉とも取れるようなメッセージが飛んできたりするんです(^^;。彼らは日本の首相は米国大統領なんかと根本的に違うってことを既に良く知っていますから…(^^;。

● 前場は相場は相変わらず方向感に乏しい閑散商状だったものの、後場に入ってから、ズルッと滑り始めて、午後2時過ぎからはスコーン。特にこれといった悪材料が出たわけではなかったものの、先物が売られると裁定解消売りを引っ掛けて、あっという間に大幅下落。首相辞任をネタにするなら、朝から売られていてもおかしくなかったハズ。後場から売られたというのは、軽々しく想像すると(^^;、昼休みのバスケットが影響したとか、起き出して来た中東や欧州系が売ってきたとか考えてしまうものの、実際は不明。韓国ウォン急落で…って声もあったのですが、これも分かったような分からんような…(^^;。単に先物市場に売り圧力が掛かってしまい、断続的な裁定解消売りを誘発した、という需給面の要因が大きかったのでしょう。メディアは「首相責任放棄辞任を嫌気」なんて書くかもしれませんが…(^^;。

● 今日は日経平均と日経平均先物(9月限)の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

日経平均日中足
日経平均先物(9月限)日中足

● また、毎分の東証1部売買代金で見ると、午後2時前後に急激に売買が膨らんだ様子が分かります。この結果、今日は前場が36.5%、後場が63.5%と、普段のプロファイルよりも後場側に10%も歪みがありました。今日はなかなか興味深いプロファイルだったのでこちらに付けておきます。上記の現物、先物の日中足と照らし合わせて頂ければ、より影響というかインパクトがご覧頂けると思います。小さな画像をクリックすると、大きな画像が開きます。

● 一方、今日の相場では、再びフロー系のバリューがボロボロで、リバーサルも効かず、グロースは最初から駄目駄目と、再び何もファクターが効かない状態に陥ってしまいました。シミュレーションファンドの動向やファクター分析を見ている限りでは、今日のドローダウンはこの1ヶ月程度で1日としては最悪だった印象。月初リバランス時期だったことが影響していたのかも知れませんが、顧客と話していても「リスクを落とす」が合言葉。キャッシュにすることが許されないファンドにとっては、「儲けることよりも、損失を限定することが最優先」と言い切った某ベテランFM氏の言葉が頭から離れませんでした。仕方ないっすね、こんな状況だと…。

● 記録。東証1部出来高は前日比5億3861万株も増加して18億8074万株、売買代金は同5376億円増の1兆9618億円。東証1部値上がりは170銘柄、値下がりは1478銘柄と、昨日に続いて「ほぼ全面安」。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比20.63円安の12813.55円(9時15分確定)と、少なくとも前場は大した動きはなかったのです。日経平均の日中値幅はわずか429.45円(前場140.63円、後場415.79円)と久しぶりに大きく膨らみ、その大部分が後場でした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、売り越し(1970万株売り/1490万株買い)でした。

● 大引後に開示された先物の手口。日経平均先物では、LBが3749枚売り越し、UBSが3144枚売り越し、JPMが1821枚売り越し、CSが1135枚売り越しなど。買い手はニューエッジが2341枚買い越し、BNPPが2309枚買い越し、GSが1220枚買い越しなど。TOPIX先物では、CSが2679枚売り越し、GSが2388枚売り越し、JPMが2329枚売り越しなど。買い手はBNPPが3928枚買い越し、バークレイズが1771枚買い越し、ニューエッジが1243枚買い越しなど。ニューエッジは買い越しでしたネ(^^;.。

 TOPIX : 1239.25 (+22.83, +1.88%)    日経平均 : 12878.66 (+212.62, +1.68%)    円ドル : 110.10  

● 前週末の米国株高などを交換して、寄付き段階からピョコンと跳び上がって推移。ただ、朝の30分間で跳び上がった後は、ほぼ横ばい推移。前日比ではかなり高かったものの、ザラ場の値動きとしては覇気が乏しいというか、やる気が乏しいというか…。買いが乏しいだけではなく、売りも乏しかった印象でした。いずれにしろ、証券関係者で今日の指数の上昇を素直に喜んでいた向きは、あまり多くなかったと思います。

● 東証1部出来高は前週末比で1億6200万株も減って13億1222万株、売買代金は同1195億円減の1兆3841億円。これは大発会も含めて今年の出来高・売買代金最低記録。昨年12月28日の大納会が8億8110万株/1兆0829億円だったのですが、これは半日立会。全日立会だと、昨年8月28日の13億3187万株/1兆8852億円というのがあったのですが、それも下回ってしまいました。また、日経平均の日中値幅は151.79円(前場148.34円、後場70.67円)と小動き。SQ値の12850円あたりが今日の安値で高値は12950円弱。実際のところ、値動きはせいぜい100円未満ってところでした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 物色内容と言っても、今日はかなり全面高に近かったので(石油や商社が軟調だった)、あまりこれと言うほどのモノは感じませんでした。個人的に注目しているのは、GSユアサ(6674)が再び東証1部出来高トップ(売買代金で第3位)だったこと。環境関連だとか何やらというのは基本的に後付け理由で、夏枯れ無気力相場のなかで、この銘柄は目先筋が集まって売り買いできる銘柄(^^;。この銘柄が賑わっている間は、ある意味でまっとうな銘柄に物色が向かうとは思えない一方で、これだけ閑散相場の中でも、それなりに活動している参加者が居ることも分かります。色々な意味で「シグナル」として興味深く眺めています(^^;。

● 他の記録。東証1部値上がりは1406銘柄、値下がりは230銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比184.18円高の12850.22円(9時13分確定)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(1250万株売り/2050万株買い)でした。また、大引け後に開示された先物の手口では、日経平均先物でLBが4220枚買い越しとかなり突出した動き。他、ニューエッジが1453枚買い越し、CSが987枚買い越し。売り手はドイチェが1055枚売り越しなど。TOPIX先物では、ニューエッジが1960枚買い越しだった一方で、BNPPが3682枚売り越し、GSが1223枚売り越しなどでした。

● 話題変更で雑談。ちょくちょく覗きに行くサイトの一つに、 「ウォールストリート日記」 というブログがあるのですが、そこに 「年金ファンドのオルタナティブ投資」 との記事。普段から落着いた分かり易い論調で楽しみにしているブログの一つですが、下の方にPension & Investments誌からの引用として興味深いグラフが掲載されています。なんでも、「年金基金の運用担当者の意識に関する日米比較」で、「質問:自分が引退した後に大きな損失が発生する可能性の方が、在職中に(小額であっても)損失を確定することよりも、受け入れやすい」に対する答え。 画像ファイルへの直接リンクはこちら です。ご覧頂くと一目瞭然ですが、思わず苦笑い…(^^;。P&I誌の本文を読んでいないので何とも言えないのですが、日米の違いが良く分かるような気がします。ただ、深く考えると、この「分かるような気がする」ってのは、ヤバイっすよねぇ~(^^;。

 TOPIX : 1233.37 (-2.17, -0.18%)    日経平均 : 12851.69 (-13.36, -0.10%)    円ドル : 109.95  

● 前場は米国株安などに引っ張られて軟調な展開。ところが、昼休み立会外バスケット取引の影響か、上海株式市場の久しぶりの大幅高を好感したのか(多分後者)、後場寄付きでピョコンと上跳ねして、後場はプラス転換でスタート。ただ、後場寄付きのピョコン以外に追随する向きは乏しく、結局、ジリ貧。TOPIXの方がマイナスで推移する時間帯が長かったのですが、日経平均も結局はマイナスで終了。いずれにしろ、前場も後場も覇気に乏しい展開で、能動的な動きが見られない1日でした。最近は、こんな風景も見慣れてきた感があります(-_-;)。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。後場寄付きでピョコンと動いた以外は、動きに乏しかったことがご覧頂けるかと…。

● 相場について積極的に書くネタも乏しかったので、さっさと記録に行きます。東証1部出来高は前日比6505万株増の16億3318万株、売買代金は同231億円増の1兆7243億円。前日比では多少増加したものの、売買代金で見れば昨日と同じく商い低調。東証1部値上がりは975銘柄、値下がりは612銘柄と値上がり銘柄数の方が多い状態。こんな時は中小型株がアウトパフォームしていることが多く、今日もCore30が43bps負け、Large70が11bps負けだった一方、Mid400が42bps勝ち、Smallが92bps勝ち。JASDAQ指数、マザーズ、ヘラクレスもプラスで終わっています。

● 今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比128.23円安の12736.82円(9時09分確定)。今日はここが「幻のSQ値」で最も安いところでした。一方、後場SQ値は前引値に対して72.24円も上に跳ねており、これが「ピョコン」でした(^^;。日経平均の日中値幅は169.68円(前場88.37円、後場71.97円)と小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、売り越し(2720万株売り/1780万株買い)でした。市場筋によると、株数ベース以上に金額ベースでは売り越しだったとのこと。

● 一歩引いて考えてみると、割安銘柄があちこちにあることは、市場参加者の9割が認識しているハズ。ただ、ここから企業業績の悪化があると想定するならば、割安の根拠となる数字が劣化するわけで、割安"度合い"は変わらないまでも、"水準"は足並みを揃えて下落するリスクを意識せざるを得なくなってしまいます。経験則からは、実際は割安"度合い"も一緒になって下落するケースが多く、「割安がより割安になる」(≒バリューが効かない)になることも良くある話。こうなってくると、安易に「割安株を買う」なんて言ってられない心理状態になってしまい、まさに今がその状態だと考えています。

● こんな時は、「安全牌」的な銘柄を保有するしかないと誰もが考えるだろうし、それ以上に、フルインベストメントで無くてキャッシュに出来る立場なら、キャッシュにしておきたいと考えがち。いずれどこかで株価は反転するんだし、景気動向に半年先行するとすれば、もしかしたら株価は年内にも動き出す可能性があることになります。その際に機動的に動くためにも、キャッシュにしておくことに魅力があるように思えるんです(^^;。世界的に見て、商品市場で儲け難くなってきたこと、新興国市場で儲け難くなってきたことなどから、「次のチャンス」を狙っている資金、つまり待機資金はかなりあると考えています。それが日本株に流れてくるようにするには、何をどうすれば良いのか…。少なくともバラ撒きの経済対策ではないことは確かです、ホンマ…。

● 雑談。オリンピック野球は今晩対米戦。勝てば決勝ラウンドでキューバと最初にあたり、負ければ韓国と最初に当たることになります。頼んまっせ!そうそう、産経新聞に 「関西人は野球がお好き? 五輪中継視聴率・上位は野球が独占」 なんて記事が出ていました。確かにそうかもしれない…(^^;。

 TOPIX : 1258.81 (-18.46, -1.45%)    日経平均 : 13124.99 (-129.90, -0.98%)    円ドル : 109.50  

● 米国株堅調やCME日経平均先物高から、今日は堅調な値動きを予想した向きが多かったかも知れませんが、初っ端から見事に期待を裏切る展開(^^:。主に売り圧力は後場最初の30分間までだった印象なものの、その後も買いが入る雰囲気が薄い場味でした。日経平均の下落は大したこと無いように見えるものの、TOPIXの方が正直だったというか、指数で見る以上に相場の雰囲気は悪化。なんせ、東証1部値上がりは289銘柄、値下がりは1356銘柄で「ほぼ全面安」に近い状態でしたから…。

● 今日はTOPIXの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。こちらの方が実体を良く表現している印象でしたので…。

● 個別には、今日も業績関連の地雷があちこちで炸裂。色々と上下動が激しい動きが散見されたものの、目に付いたのは圧迫されるような銘柄が多かったこと。とりわけ、市場心理に大きな影響を与えたのがダイキン工業(6367)のストップ安だったでしょうか。確かに通期業績下方修正という「罪」はあったものの、「そこまで売るか?」という印象。ついこの前までは、準主力銘柄的に買われていた面もあって、それがストップ安になると心理的に響きます。クボタ(6326)は逆にストップ高だったものの、SANKYO(6417)が-14.71%とかトヨタ紡織(3116)が下げ止まらない(恐ろしいぐらい"きれい"な滑り台のチャート)とか、相場心理全体としては下げの方に目が向く展開でした。銀行株も一喜一憂の「憂」というには、ちょっと激し過ぎる売られ方だったし…。

● 一方、ファクター面から見ると、今日は短期リバーサルがマシだったものの、それ以外では「何もまともに効かない」状況が継続。手詰まり感と諦めが充満しているように感じたのは、私だけではなかったと思います。あまり悪い方向にばかり考えても仕方ないのですが、フルインベストメントならば、現状ではリスクを落とせるだけ落として、防空壕に入っておいた方が良さそうな雰囲気がプンプンしています。厄介なのは、多くがそう考えてしまう状況なので、逆張りをしても押し潰される結果になり、余計に手詰まり感が強まっている状態。資金が流出するマーケットで勝つのは難しいです。なるべく、明るい方向を見たいのですけど…。

● 記録。東証1部出来高は前日比2億4518万株も減って20億2920万株、売買代金は同2355億円減の2兆2124億円。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比5.90円高の13260.79円(9時45分確定)と、瞬間的には「やる気」もあったのです。しかし、ここがモロ今日の高値。「幻のSQ値」+「寄り天」でした。日経平均の日中値幅は223.84円(前場188.62円、後場103.76円)と、後場は手控えムードの強い展開。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、再び売り越し(2930万株売り/2650万株買い)でした。

● さて、明日はミニSQ日(8月限オプション)。ただ、それ以上に、来週の8月15日を意識するムードが強くなってきました。例の「45日ルール」です。ヘッジファンドを9月末で解約しようとすると、45日前までに通告が必要というのが多いパターンですが、最近は本当に大きな解約があるかどうかよりも、「柳の影」が大きな力を持っている印象。もちろん、これが相場の「不透明感」が実体以上に大きな影を持つのは良くある話。懐具合に余裕があれば、冷静にあっさりと聞き流せる話でも、余裕が無いときには大きな影に見えてしまうのものです。冷静な時にはこんな当たり前のことは誰でも分かるのですが、相場に腰まで入ってしまうと見えなくなってしまうのです(^^:。一歩引く勇気と、その次に一歩踏み込む勇気なんですよね、必要なのは…。頭では分かってるんですけど…(^^;。あと1日、頑張りましょう!

 TOPIX : 1248.25 (-24.68, -1.94%)    日経平均 : 12933.18 (-161.41, -1.23%)    円ドル : 107.70  

● 朝から全く覇気に乏しい展開。寄付き直後に一瞬だけプラスになる局面はあったものの、その後はジリ貧状態のまま底這い状態。今週から夏休み入りしている方々も多いでしょうし、何よりも先行き不透明感が解消する雰囲気が見えてきません。もちろん、完全に不透明感がなくなることはないにしても、少なくとも期待感が不透明感を上回る程度にならないと、マーケットに参加する向きが増えてこないのが現実。FM諸氏も月次報告やリバランスなどがあるでしょうから、今週前半は夏休みを取り辛いにしても、インセンティブに乏しい状態では、せいぜいメンテナンス的なリバランスしか出来そうにありません。ファクターが効かない(後述)様相もかなり強く、盛り上がりに欠ける相場展開の1日。なお、TOPIXはモロ安値引きでした。

● 今日はTOPIXの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日もファクター面から見た相場は、ほとんど何も効いていない状況。とりわけ、フロー系のバリューがしんどい状況で、これは自動車、鉄鋼・非鉄などの資源系銘柄、さらに商社、海運などが軒並み大幅安なのを見れば良く分かります。かろうじてアセット系のバリューがまだ「まし」だったものの、それだけではメシは食えません。加えて、アーニングス・サプライズがボロボロ状態。某トレーダーが作成してくれた10分位のグラフを見て、「-1」を掛けていれば、きれいなグラフになっただろうと、感心してしまいました。笑い話ではないですね、ホンマ(-_-)。アーニングス・サプライズやフロー系のバリューの方が運用としては重視されるところなので、今日はFM諸氏はかなり渋い顔だったと推察します。また、バリューティルト系のファンドだったら、今日の日経平均は体感温度として300円~400円安に感じたと思います。

● 先週も書いたのですが、どう見てもロング/ショート系のアンワインドが静かに、でも着実に相当規模で進行中なのは間違いないと考えています。誰もがロングになっている(であろう)銘柄がボロカスに売られ、「何でこの銘柄が???」となる銘柄群がバカスカ上昇し続けるのを見ると、ロング/ショート系のアンワインド、しかも相当の規模が行われていると考えるしかありません。そうとしか説明できないのです。そして、昨年との類似点について考えざるを得ないし、マーケットを見ていると、それはこの2週間ほど、ほとんど毎日感じるところになっています。

● 不思議なのはその背景が今一つ分からないこと。昨年はレバレッジをかなり高めにしてパンパンに張っていた向きが多い中で、8月に入って一気に足元をすくわれた格好でした。でも、今年はそんなにレバレッジを掛けている向きが多いとは思えないことから、昨年とは背景が違っている印象は持っています。

● 昨年8月は離陸上昇中でエンジン全発全開だったところ、突然、全てのエンジンが逆噴射して成す術なく墜落、って感じでした。今年は、4発の内3発が既に不調で停止。1発のエンジンでは高度が保てずにジリジリと下がってきているなか、エンジン再点火を試みたところ1発が逆噴射状態で点火してしまった、って感じ。急落ではないものの、「マズイ状況になりつつある」は多くの運用担当者が、まさに今、感じているところではないかと推察しています。

● 今回のバリュー不振が「デ・レバレッジング」ではないのだったら、本当の意味での大型解約が出ている可能性を考えざるを得ないです。成績の悪いヘッジファンドを解約して、違うタイプのファンドに乗り換える動きがあるのは当然でしょうけど、何か大きな動きが集中しているのですかね?良く背景が見えてきません。今回も世界的にバリューが不振なものの、これは単に景気後退で起こっていることなのか、何らかの大型ファンドの解約などが背景にあるのか、その辺がまだ見えてきません。でも、何かが起こっているのは間違い無さそうな感じです。また、「昨年よりもタチが悪い」という声も着実に増えてきているように感じています。

● 昨年7月最終週から8月2週に掛けての「バリュー崩落」相場から学んだことは、違和感を感じる相場になった場合は素直に一度撤退、ということ。ただ、フルインベストメントの運用担当者はそれは不可能。そうすると、リスクを落として防空壕で頭を屈めておくって感じでしょうか。皆がそう感じるだけに、電力・ガス、テレコム、医薬品、食料品などのディフェンシブ、そしてβ値が低い銘柄に物色が群がる結果になります。まとまりなくてスミマセン。まとめて書けるほど、まだ状況が見えてこないというのが正直なところなんです。まぁ、この手のことは、3ヵ月後ぐらいにならないと謎解きすら出来ないのです(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前週末比4191万株増の21億4064万株、売買代金は同83億円増の2兆3110億円でほぼチャラ。東証1部値上がりは284銘柄、値下がりは1385銘柄で、特に日経平均で見る以上に下落銘柄数が多かった印象。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比20.34円安の13074.25円(9時20分確定)。日経平均の日中値幅は203.77円(前場203.77円、後場124.05円)と、指数は比較的小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、7日連続の売り越し(3420万株売り/2070万株買い)でした。

 TOPIX : 1281.64 (-19.15, -1.47%)    日経平均 : 13159.45 (-194.33, -1.46%)    円ドル : 107.45  

● 今日はトレーダーの飲み会があって更新が遅くなりました。それでは行きます。

● 基本的には一喜一憂の「憂」の日だったのでしょうし、中期的なトレンドが出るような1日ではなかったとみているものの、それにしても、マーケットの覇気の乏しさはかなり気になりました。確かに米国株はかなり安かった(NYダウ-239.61ドル、-2.11%)ものの、CME日経平均先物は対大証比で80円安と大きな下落ではなかったのです。しかし、朝からドカーン状態。前場で売りの多くが終わったのか(海外からの場合に見られるパターン)、後場は多少戻り歩調だったものの、それでも大幅安で終了。なお、TOPIXは一時、前日比36.46pt安(-2.80%、10時22分)まであり、日経平均は動335.56円安(-2.51%、10時22分)までありました。そこから最終的に1%以上戻したのを評価すべきかどうかは、迷うところです。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 全体には四半期決算発表シーズンが本格化するなかで、どうもあまり良いニュースは出てこないと皆が想定。あらかじめ覚悟はあったとしても、それでも地雷的な値動きが目立つことで、かなり警戒感が強くなっており、買い手控えムードに拍車を掛けている状態。ファクター分析をしても、このところのトレンドを引き継いで、今日もバリューが不振。思い出したくはないのですが(^^;、「そう言えば、昨年の今頃もバリューがおかしかった」と考えざるを得なくなってくるのです(^^;。もちろん、昨年と現在では色々な違いもあるんですが、類似点もあるのです。あの頃は指数は動かずに中身が急激に劣化して行ったのが特徴的だったのですが、今回はその辺は多少違います。ただ、昨年7月末~8月第1週のバリュー崩落の記憶が鮮やか過ぎて…(^^;。まぁ、杞憂に終わることを願っていますが…。

● ボーナスシーズンの6・7月も、あまり投信に資金が流れ込んだという話は聞かないし、ヘッジファンドも日本株でアクティブにというのは少数派だし、国内年金資金も盛り上がりに欠ける状態で、どうも意気上がらない展開が継続中です。待機資金はかなり増加している印象があるのですが、それをリング内に向かわせるには、やはり何かが不足している印象。それ待ちだというのは分かっているにしろ、何時になるのかメドが見えてこないのが現状。タイミングがなかなか見えてきません。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億5662万株増の17億2428万株、売買代金は同1814億円増の1兆8947億円。さすがに昨日よりは増加したものの、お世辞にも賑わったという状態ではなし。東証1部値上がりは309銘柄、値下がりは1321銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比179.90円安の13173.88円(9時12分確定)と初っ端から"意外に"売りが出たことが分かります。日経平均の日中値幅は202.11円(前場202.11円、後場116.99円)と、指数が動いた割には比較的小幅でした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなりの売り越し(2520万株売り/1360万株買い)でした。

 TOPIX : 1285.53 (+2.02, +0.16%)    日経平均 : 13052.13 (+19.03, +0.15%)    円ドル : 107.25  

● あ~あ情けない1日(-_-;)。確かに米国株がそれなりに高かった翌日は「寄り天」になり易い経験則があるにしろ、最後にマイナス近辺まで追い込まれるとは予想していませんでした。後場途中に「イラン、中長距離地対地ミサイル9発を試射=国営テレビ」とのニュースが流れたのがタイミング的には合っていたし、確かに円高方向に若干振れた影響はあったのでしょうけど、それで今日の東京株式市場が下がったと理屈付けるのは、やや"八つ当たり"でしょうね(^^;。

● TOPIXはザラ場高値が前日比25.32pt高(+1.97%、10時33分)まであり、日経平均は同251.55円高(+1.93%、9時32分)までありました。前場は高値界隈でもみあう展開だったし、後場寄付きも比較的静か。ところが、ズルズル下がり始めた相場は13時30分過ぎあたりから下げ加速。ザラ場安値はTOPIXで前日比1.56pt高(+0.12%、14時26分)、日経平均で同5.67円高(+0.04%、14時27分)でした。端的に言うと、結構情けない相場展開だった、ってことです…。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 個別には、昨日ほどではなかったものの、今日も新規にマーケットに入ってくる方々よりも、抜け出していく方々が多い印象でした。ここ最近の脱出組は、単なる「売る」だけではありません。多分に「買い戻す」も入っているので、時に軟調相場でも意外に堅調な銘柄があったりします。これは、やはりロング/ショート筋(ヘッジファンド筋)が関わっているからと考えています。加えて、昨日書いたように、リスク管理の面から、株式から資金を引かないまでも、ポートの内容は低βの方向に持っていく動きは低迷相場の中では止まりません。もちろん、上昇に転じた時には出遅れるのですが、あまりその方面で心配している方々はいないんでしょうね(^^;。

● 資金がそれなりに循環して出入りするマーケットだと、リバーサルがソコソコ効いて「平均回帰」が起こるのですが、最近は、下げれば下げたまま、という銘柄も少なくありません。下手に押し目買いを継続すると一気にブチ殺されます(^^;。それが感覚的に分かっているから、なかなか押し目買いも入らないという悪循環に陥っているんです。いつ何がきっかけで途切れるのでしょうか…。そのタイミングが一番難しいです。マーケットに入っていないにしても、それなりに狙っている方々が多ければ、それっぽい時にマーケットは動くのですが、観客が減ってしまうと、それも難しくなります。これももう一つの悪循環。はぁ~(溜息)。

● 記録。東証1部出来高は前日比1513万株増の19億6661万株、売買代金は同465億円増の2兆1370億円と商い低調。ま、今に始まったことではないので、その点はサプライズはありません。東証1部値上がりは793銘柄、値下がりは781銘柄でほぼチャラ。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比197.40円高の13230.50円(9時18分確定)とそれなりに高かったことが分かります。その後、前場にもう一度上値を取りに行ったものの、結局CME日経平均先物の13320円に10円届かないところで止まり。これが悪かったですね…(^^;。日経平均の日中値幅は245.88円(前場114.76円、後場240.04円)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、5日連続の売り越し(2260万株売り/1240万株買い)でした。売りはそれほど多くない印象ですが、買いが入りません…(^^;。

● 雑談。昨晩の試合(阪神×読売)は、関東地区では地上波の中継なし(私はスカパーのフジテレビ721で見ていた)。「伝統の一戦」と呼ばれる試合が忘れ去られるなか、実際の試合内容からすると、点数以上にかなり一方的で、関東地区で地上波でやっていたとしても、低視聴率だったのは想像できる試合でした。もっとも、最近の地上波の野球中継は、視聴率低迷のせいか「これでもか、これでもか」と試合途中でもCMを押し込んでいる印象。あまり見ていて楽しいものではありません。あれなら、スカパーで見る方が、はるかにストレスが少なくて楽しめます。同様に感じている方は少なくないでしょうから、今後はますます地上波中継は減るでしょうネ。でも視聴者側からすると決して悪くない話だと考えています。無駄なCMが減るだけマシです。もっとも、収入の点からは球団は苦しくなるのかも知れませんけど…。

● えっ?甲子園は雨?しゃあない、昨日の録画をもう一度見るか…。9回最後はストレス溜まるので見ないことにして…(^^;。

 TOPIX : 1283.51 (-29.29, -2.23%)    日経平均 : 13033.10 (-326.94, -2.45%)    円ドル : 106.85  

● 昨日恐れていたことが具現化したというか…。連敗記録が途切れたことで、余計に売り易くなってしまった印象があった1日でした。時間の問題だったとは言え、今日の下落で一目均衡表の「雲」の下限を割り込んでしまい、チャート面からは連敗記録が途切れた以上に嫌な雰囲気。昨日の相場を見て、ある程度は予感があったのでサプライズではなかったものの、「やっぱりアカンか…」と落ち込むのは避けられない状況。アジア各国の下落も嫌な雰囲気だったし、あまり良いところが見えない1日でした。

● 買い手にとっても今日の下落は失望だったでしょうけど、戻りを売りたいと考えていた向きにとっても、「2~3日戻ってから…」なんて考えていたら、「もう下がるの?」って感じ。実際問題、多少は「底打ち」を感じさせる状況になったところで売れば、流動性もそれなりにあり、高く売れるシナリオだったのでしょうけど、昨日の今日だったら、流動性も駄目で、そんなに高く売れるなんて夢。売ろうかなと考える前に下がってしまった、って感じを受けてしまいました。出来高が出来ないなかで売ろうとすると、どうしても株価を下げないと買い指値が見付からなくなります。多くの機関投資家はVWAPターゲットなどで注文を出すでしょうから、出してから「えっ、そんなに下がるの?」と驚く風景が見えるというか、そんな感じで売られてしまった嫌な印象が残る相場でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 個別銘柄のチャートを眺めると、GSユアサ(6674)は、まだマシな方。環境関連でも、栗田工業(6370)のチャートを見ると、ちょっと前の底堅さは何だったんだ?って感じ。東レ(3402)も見るに耐えないチャートになってしまったし、コマツ(6301)や三菱重工(7011)のチャートを見ても「じとぉ~」となるばかり。素材系のJFE(5411)や別子(5713)、三菱マテリアル(5711)を見ると、資源株のパフォーマンスの悲惨さが分かります。要は外国人や個人を問わず、株式市場から遠ざかろうとしていることで、対ベンチマークでロングになっている銘柄、信用買い残が多い銘柄などに、特にプレッシャーが掛かっている印象が避けられません。

● その一方で、東京電力(9501)などのチャートを見ると、リスク回避の意向が強いのが、より良く分かります。NTT(9432)とKDDI(9433)のチャートの違いも、考えれば考えるほど興味深いところ。陸運でも日本通運(9062)などが酷い状況になる一方で、同じ陸運でもJR各社は堅調。株式市場から抜けるに抜けられないフルインベストメントの機関投資家が、ポートのリスクを下げるために止むを得ずこの辺を組み入れているのでしょうか…。これだけ日本株(世界中の株式が)嫌われモノになれば「いつかどこかで…」とは考えるのですが、タイミングが見えて来ません(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億8576万株増の19億5148万株、売買代金は同2866億円増の2兆0905億円と引き続き見送られる状態。UFBAN(8868)が1億株超、真柄建設(1839)が3155万株ほど出来ていたことを考えると、より閑散振りが目に付きます。東証1部値上がりはたったの147銘柄だった一方で、値下がりは1515銘柄にも達して「ほぼ全面安」。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比72.91円安の13287.13円(9時10分)と軟調だったのですが、終わってみれば、この辺が今日の高値。日経平均の日中値幅は310.43円(前場221.45円、後場85.88円)で、後場は新たな売りのフォロースルーは比較的少なかった印象。前引けに掛けてヒョロっと戻したこともあって、昼休みギャップは-88.44円(後場SQ値-前引値)とかなり大きく出ました。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、4日連続の売り越し(2420万株売り/1670万株買い)でした。

● 明日は「明日の風」が吹くことを期待して…。今日から甲子園で対読売3連戦。相場のことはすっぱり忘れて、野球観戦を楽しみます。最近の阪神タイガースは楽しめるから、ストレス解消にもなるんですよね!(^o^) (^o^) 先ほどからHDDを追い駆け再生してチラチラと見ているけど、「アニキ」はちょっとお休みの様子。でも勝ってる(^^。

 TOPIX : 1320.10 (-0.58, -0.04%)    日経平均 : 13481.38 (-62.98, -0.46%)    円ドル : 105.75  

● 前週末の米国株は軟調だったものの、CME日経平均先物は堅調。市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、7日ぶりの買い越し(3130万株売り/5110万株買い)になったことも合わさって堅調なスタート。ただ、そこからは完全に方向感を失った格好で、ザラ場の大部分は前日終値近辺でのもみあい。皮肉にも方向性が出たのは大引前30分間で、方向は「下向き」(^^;。円高方向(105円台突入)に振れたこともあって、最後の最後にズッコケで大引け。これで日経平均は8日続落となり、TOPIXも4日続落。日経平均の8日続落は、昨年11月2日~13日に8日続落して以来。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日は指数は結果的にマイナスだったし、新興市場はもっと冷たい空気が流れる展開。東証マザーズ指数、大証ヘラクレス指数は共に連日での算出来安値更新。主力どころで見ても、銀行株はどちらに行きたいのか良く分からないし、保険株はかなりの売られ方。テクノロジーも最後に円高気味に振れたことでスコーン。今日は例の「野村通貨選択型日本好配当株投信」の設定買いが入るとの観測が流れていたし、実際に入っていた感触はありました。ただ、「好配当」というだけあって、銀行や保険株は完璧に論外状態。電力・ガスや商社、鉄鋼などがしっかりしていた面を見ても、配当利回り系の雰囲気はありました。

● ザラ場の大部分で指数に大きな動きがなかった一方、ファクター分析からは「ほぉ~」状態(^^;。今日はバリューがガンガンに効いて、多くのFM諸氏はご機嫌ムードでした(^^;。配当利回りとバリューは一般的に共通項が多く、想像力を逞しくすると、例の野村の投信設定が市場筋観測の通りに入っていたとすると、それがバリュー押し上げ要因になった可能性は考えられます。また、今日は月末。海外的に見れば半期です。それも多少はお化粧として効いていた可能性は考えられます。ただ、どちらかと言えば前者の影響が大きかったように感じられたのが正直なところ。6月はバリューは今一つの展開が続いていたのですが、最終日にこの好調。ただ、需給的要因でこうなった可能性もあるだけに、明日以降がちょっと恐いです(^^;。

● なお、この野村の投信については、QUICKで 「野村証券販売の外貨建て日本好配当株投信、約850億円の資産規模で運用スタート」 とのニュースが流れていました。ご参考に。しかし、いつも感じるのですが、野村の営業体は凄いです…(^^;。やっぱり一味違う。ホンマ。

● また、一部にはオイルマネーの買いが入っていたとの観測も聞こえたのですが、確かに足元だけを見れば、シャリア指数はTOPIXや日経平均をアウトパフォームしています。この手の話ではどこを基点にするかで結果(印象)が変わってくるのですが、例えば終値ベースでの直近高値(TOPIXで6月17日)を基点にすると、TOPIXは94.16、日経平均が93.96の一方、SPTPXシャリアは95.55で対TOPIXで139bpものアウトパフォーム(対日経平均では159bp)。この間に米国市場で金融株がズッコケた面はあるにしろ、結果的にこうなっているのは、もしかしたらオイルマネーの買いが継続的に入って該当銘柄群を支えている結果かもしれない、と考えることも出来てしまうのです。ちなみに、きょうのSPTPXシャリア指数は+4.72pt(+0.53%)と、周りがずっこけている中で堅調でした。

● もし百万が一、シャリア指数について知らないって方は、東証HPの中に 「S&P及び(株)東京証券取引所、イスラム投資家向けの日本株指数を算出開始‐S&P/TOPIX150シャリア指数の開発」 がありますので、こちらをご参照下さい。 S&P/TOPIX150シャリア指数の構成銘柄は、実は東証のサイトにはありません。S&Pのサイト内、 「株価指数>S&P/TOPIX150シャリア指数」 に載っています。TOPIX100採用銘柄なのに、このシャリアに採用されていない銘柄を見ると興味深いです。銀行、証券、保険などの金融株は全部アウト。酒類やタバコ関連、不動産、商社株なども除外されているのが分かるハズ。まぁ、もう知らないって方はいらっしゃらないでしょうけど…(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前週末比1億3176万株減の18億3402万株、売買代金は同1771億円減の2兆0988億円どまり。お世辞にも賑わったとは言い難い状態。東証1部値上がりは796銘柄、値下がりは816銘柄で、ほぼ指数並み。日経平均の日中値幅は144.20円とかなり狭く、特に前場はたったの88.96円しか動きませんでした(後場は140.49円)。

● 雑談。昨日の試合(対ヤクルト戦、秋田)は、テレビ観戦していても、かなりストレスが溜まる試合でした(-_-;)。そりゃあ、抑え投手として毎回パーフェクトってことがないのは理解しているものの、それでも「スコーン、スコーン、ドカーン」で4失点にはストレスが…(^^;。明日からは甲子園で対中日3連戦。頼んまっせ!

 TOPIX : 1401.69 (+30.12, +2.20%)    日経平均 : 14354.37 (+380.64, +2.72%)    円ドル : 108.35  

● 今日はトレーダーの飲み会があって、更新が遅くなりました(^^;。では、行きます。

● 先週末の米国株やCME日経平均先物水準から、それなりに高いのは予想していたでしょうけど、それ以上に高かった印象。ただ、実際に上げたのは、昼休み中のSGX日経平均先物で、それが大証の日経平均先物の後場寄付に影響を与えてピョコン。この昼休みギャップが非常に大きく、後場SQ値は前引値に対して110.37円も高かったのです。その後15分間程度で上昇は一段落し、後場の多くの時間帯は巡航飛行状態。ダレなかったのは、それなりに買いが入っていたと前向きに理解しておきます(^^;。日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。一目瞭然ですが、後場寄付きで階段のように上に跳ねています。

● きれいに理屈を付けるには「米国株高+円安」でしょうけど、値上がり銘柄のランキングを見ると、TOPIXにしろ日経平均にしろ、かなり先物主導(裁定買い)の色合いが濃い1日だったことも分かります。それでも上げは上げですけどネ。下がりそうになると戻すし、行けると思えば止まるし…。さらに、出来高/売買代金は今一つで、方向感が掴みづらい相場展開が続きます。

● 東証1部出来高は前週末比12億2001万株減の18億8898万株と20億株割れ。売買代金は同1兆8923億円減の2兆1482億円とかろうじて2兆円台を維持。金曜日がビッグSQだったので、前週末比の数字は大きくブレるのですが、SQ前日の木曜日が22億1946万株/2兆4563億円だったことを考えると、それよりもかなり商いが薄かったことが分かります。個別には、裁定取引の影響を強く受けたような銘柄以外では、日本電気硝子(5214)が大幅安(-6.18%)。マッコーリが二段階格下げしたからとのこと(^^;。それ以外では、どうしても出てくるのが地震関連銘柄。特に低位建設株は高い銘柄が目立ちました。東北ミサワホーム(1907)なんて+15.69%でっせ。ホンマ…。

● 残りの記録。東証1部値上がりは1314銘柄、値下がりは318銘柄と「ほぼ全面高」。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比184.96円高の14158.69円(9時15分確定)。日経平均の日中値幅は265.59円(前場101.84円、後場83.59円)と、前後場のザラ場はかなり小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、小幅買い越し(1910万株売り/2000万株買い)でした。なお、日経平均先物では、ニューエッジが4204枚買い越し、CSが3574枚買い越し、LBが3283枚買い越しと暴れておりました(^^;。

● 話題変更。今日から東証でミニTOPIX先物、Core30先物、REIT指数先物などの取引が開始。初日ということもあって、盛況というにはアレだったものの、まぁまぁってところ。かつては新商品が出ると「ご祝儀商い」なんて風習があったものですが、そういう時代はかなり昔に通り過ぎてしまいました(^^;。今は下手なことをすれば、仮装売買とかって言われちゃいますし…(^^;。それはともかく、新しい商品が増えることは歓迎するものの、閑古鳥が鳴いている商品は適度なところで撤退する勇気も必要な時代だとは思います。ファンドにリバランスが必要なように、取引所の上場商品(含上場銘柄)も一つのポートフォリオ。マーケットに合わせて変化するのが当然ってことです。

● 複数のFM諸氏ともお話ししたのですが、まだ新しい株価指数先物については当然のように様子見。流動性が伴わないと手出ししない、という至極当然の行動だと思います。ただ、「本来ならば、取引し難い商品こそが必要なのに、取引し易い銘柄を集めたCore30先物などは、どう使うのだろう?」という声がありました。これも至極当然の話で、運用側からすれば、TOPIX Smallなどのように、銘柄数が多く流動性に乏しくコストばかり掛かって手を出し辛い部分にこそ、簡単に出入りできる商品が欲しいところ。一方、流動性を供給する証券会社側からすれば、TOPIX Small先物などがあったとしても、裁定取引などが非常にやり辛いだろうから、マーケットメークが困難で流動性を確保するのが難しくなります。取引の面倒さは、機関投資家だけでなく、証券会社の自己取引部門でも同じですから…。

● 上記の議論(TOPIX Smallなど)は、先物でなくてETFでも経済効果としては似たり寄ったりに見えるのですが、ETFはそれ自体に運用・信託報酬が含まれているので、年金ファンドなどに組み入れれば、理論的には報酬のダブル支払いになってしまい、使いづらい面があります。REITにも同じ事情があって、なかなか難しい面があるんです。もちろん、流動性の不足分を支払っていると考えて、それ以上にメリットがあれば問題ないはずなんですけど…(^^;。いずれにしろ、まだミスマッチがあるのは違いないようなので、痒いところに手が届くかどうかで、市場の使い勝手は決まってくるのです。口で言う以上に難しいのですけどネ。

● 最後にもう一度、話題変更。今日は四季報発売日。既に先週からデータがどんどん流れてきていたので、昔ほどのエキサイトはありません。ただCD-ROMがあると、何かと検索が出来て面白いのも事実。「何が出来るか」の例として、会社記事情報で「最高益」を含む言葉がある東証・大証1部銘柄を抜き出してみました。(軽いPDFファイルです)。検索結果は、全部で32銘柄ありました。ただし、これを買ったとしても儲かるとは限らないところが、相場の面白いところ(^^;。出典は東洋経済の会社四季報CD-ROM(2008年3集、夏号)です。

 TOPIX : 1383.20 (-14.34, -1.03%)    日経平均 : 14021.17 (-160.21, -1.13%)    円ドル : 106.75  

● 朝方こそ為替が円安方向に振れたことや、機械受注が予想を上回ったことなどから買い先行で始まったものの、ここ数日の傾向通り、不透明要因が多いなかで買いが手控えられる状況には変化なし。前引間際に指数はマイナス転落。昼休みの立会外バスケット取引も売り越し気味だったようで、加えて休み明けの中国・香港株式市場が軟調で心理的に圧迫感を与え、後場に入った途端にスコーン。もっとも、急激に売り込む程のエネルギーは無かったようで、ジリ貧状態のまま日経平均14000円を意識したのかどうか、この水準を維持して終了。中国市場は昨日休みだったので、キャッチアップをしていただけですが、指数にして7%超も下がると、そうも言ってられなかった印象でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 某FM氏と話をしていて感じたのですが、現時点では「買ったら(売ったら)儲かる」というシナリオが描きにくい状態にあることが、市場が今一つ盛り上がらないし、また方向感も出てこない状況に繋がっているのではないか、ということ。相場として「儲かる」と感じるには、上下どちらの方向にしても、やはり指数ベースで最低でも10%程度は「動く」というシナリオを描けないと入り辛くなります。つまり、現在の日経平均が14000円とすると、12600円より下か、15400円より上に行くというシナリオを描くことが出来るかどうか、ってイメージ。でも、現状だと正直言って「どちらにも、すぐには行きそうにない」って感じしません??(^^; (^^;

● やや乱暴なのは承知のうえで、ちょっとした試算。日経の市況欄によると、昨日終値時点の日経平均PERは予想ベースで16.94倍。昨日の日経平均終値14181.38円を使って逆算すると、日経平均のEPSは837.15円と出てきます。

日経平均の水準EPS変化ゼロならPER=17倍維持だと
+10%なら15400円PER=18.40EPS=905.88円+8.21%
昨日終値14181.38円PER=16.94EPS=834.20円-0.35%
-10%なら12600円PER=15.05EPS=741.18円-11.46%

● つまり、EPSが変化しないとすると、10%上昇した15400円だとPERで18.40倍になってしまうということ。もしPERの水準が変わらない(変えない)とするならば、EPSは8%強ほど上方修正される必要があります。有り得ない話ではないにしろ、やっぱり「何か」背中を押してくれる材料が欲しくなってしまいます。

● こうなってくると、同じ10%を狙うにしても、あえてこの水準で無理をするよりも、ここから1000円ほど下落して13000円になった時に買いで参加すれば、10%上昇で14300円。つまり、直近の水準近辺まで戻ればOKって事。「下がってから買えばいいや」派が増加するのも良く分かります。これを変えるには、何か新しい考え方なり材料が出てきて、上記の前提(特にEPSの水準)が変わるか、PER17倍にこだわらずに20倍まで行ってもおかしくないんだ、との考え方が広がることなどで、土台が変わる必要があります。そうすれば、もう少し方向感が見えてくると考えています。シグナルを見落とさないように、アンテナをちゃんと磨いておかないと…(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比3235万株増の19億6966万株と依然として20億株割れ。売買代金は同1175億円増の2兆1829億円でした。東証1部値上がりは488銘柄、値下がりは1085銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比124.31円高の14305.69円(9時10分確定)。日経平均のザラ場高値は前日比127.51円高(+0.90%、9時36分)で、水準としてはほぼ寄り天でした。

● 日経平均の日中値幅は325.33円(前場150.53円、後場110.70円)で、前後場個別の合計値幅が261.23円だったのに日中通しで325円も動いたのは、かなり大きな昼休みギャップ(後場SQ値が対前引値で-82.37円)が発生したためです。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなりフローが少なかったものの、5日連続の買い越し(1850万株売り/2020万株買い)でした。

● また、今日はロールオーバーも非常に活発。TOPIX先物ではその傾向が顕著で、限月間SPの出来高は106,201枚。単品の6月限が51,103枚、9月限が9,677枚だったので、圧倒的に限月間SP取引が多かったことが分かります。日経平均先物では、限月間SP取引は27,846枚。単品の6月限は132,193枚、9月限は14,094枚でした。印象としてはいつも通りのロール風景でした(^^;。

2008年06月04日(水) .... 反発、ジリ高歩調で高値引け

 TOPIX : 1430.47 (+23.03, +1.64%)    日経平均 : 14435.57 (+226.40, +1.59%)    円ドル : 105.20  

● ある程度堅調なのは予想していたにしても、今日は昨日の逆で意外なほど堅調な足取り。最後にバスケット買いが入ったこともあって、TOPIXも日経平均もモロの高値引けでした(その分、先物は逆ザヤ)。日経平均は先日の終値ベースの年初来高値を更新。景気が良くないとか、企業業績がパッとしないとか、PERが高いとか、あちこちから散々文句を言われながらも、ジリジリと不思議なぐらいの強さで上昇を続ける相場。運用担当者にとっては、難しい相場です(^^;。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日は自動車セクターがブッ飛び状態(^^;。トヨタ(+3.15%)は控え目な方で、ホンダ(+8.60%)やマツダ(+9.12%)なんて、思わず「どないしたん?」って感じ(^^;。ついこの前まで米国景気がどうのこうのと言っていた割には、ホンダやマツダは年初来高値更新。無理矢理、後付け理由を探せば、その米国で日本車シェアが上昇しているとか、原油安ってのがあったでしょうけど、如何にもワザとらしさが満杯(^^;。過去の経験則からすると、色々と弱気な見方があるなかで上昇を続ける銘柄は、「ワケ分からんけど、やられるまで付いて行け!」です(^^;。でも、「説明責任」の四文字熟語に縛られるFMを始めとする職業投資家は、なかなかそうも割り切れないところがあって、違和感を否定できないので悩ましいです。今日は機械株も妙に強かったものの、商社や通信はマイナス推移。足元の相場は、あまり真面目に順序だてて物事を考えない方が良いのかも知れません(^^;。

● 最近、弊社債券トレーダーと話をしていると、お互いの話が意外にも似通っていることに気付きます。例えば、バリューが効いたとか効かなかったとか、レンジの上下にガンマの壁があるとか…。今日も「先週あたりから相場の内容が少し変わった」という点で妙に合意した点は、納得するやら苦笑いになるやら…。この1週間ほどは、株式ではバリューの効きが悪くなり、リバーサルが逆噴射することが多くなっています。同債券トレーダー氏によると、債券市場でも似たようなことが起こっているとのこと。言うまでもなく、市場に影響を与えているプレイヤーが、債券と株式で似通っているとの要因を考えてしまうのです。平たく言えばCTA筋でしょうが、彼らが債券でも株式でも、かなり大きなロットを動かすことで、そのやり方というか、何がトリガーになって動くかが似通っていて、両方のマーケットの近くで見ている向きからすると、関連性を感じてしまう格好。

● これに関連して、今日の日経インタビュー記事、「商品市場に資金流入、主役は日本の投資家」(7ページ)には笑ってしまいました。日本からの資金がソコソコあるだろうなというのは皆が感じていたでしょうけど、英マンのCEOが「個人からの預かり資産のうち、日本だけで24%を占める」と言うのだから、「個人から」という枕詞が付いているのを考慮したとしても、ちょっと意外なほど多い印象。さらに「元本保証型などリスクを抑えた商品が売れ筋だ」というのも、「おっさん、よぉ分かっとるやんけ」って感じ(^^;。マンにとって、日本はおいしい商売なんでしょうね(^^;。日本マネーが全てだと言うつもりはないのですが、日本人が原油価格の押し上げに加担し、それでガソリンが高いと不満を漏らすのはブラックジョークみたいなモノ。そのヘッジにはマンの商品ファンドを買えって?もっとブラックジョークだ…。

● 記録。東証1部出来高は前日比3億6342万株増の26億4415万株とかなり増加した印象があったものの、売買代金は逆に同390億円減の2兆7206億円。銀行株はそれなりに活況だったものの、昨日ほどではなかったためでしょうか。株数ベースの出来高だけを見て、投資家層が広がったと言うのは楽なんですけどねぇ~(^^;。東証1部値上がりは1370銘柄、値下がりは278銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比94.99円高の14304.16円(9時37分確定)。日経平均の日中値幅は185.46円(前場137.93円、後場94.29円)と、指数が前日比で跳ねた割には小動き。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、買い越し(2140万株売り/3020万株買い)でした。

● 大引後に開示された先物の手口から。日経平均先物では、ニューエッジが3838枚買い越し、GSが1226枚買い越しなど。一方で、LBが3410枚売り越し、MLが1108枚売り越しなど。TOPIX先物では、LBが1791枚買い越し、GSが1457枚買い越し、MSが1177枚買い越しなど。売り手は圧倒的にJPMで5710枚もの売り越し、BNPPが1273枚売り越しなどでした。面子がまた少し替わっているものの、相変わらずの殴り合いでした(^^;。

● 最後に今日はちょっと早めに届いた The Gartman Letter から少し。今日のレターでは、CMEのチャート(会社としてのCME)がかなり酷い下げっぷりをしている点を指摘しています。直接的ではないにしろ、商品市況の先行きを示唆する一つのシグナルではないかと…。同氏は最近、かなり商品市況について弱気になりつつあるのですが、昨晩のバーナンキ発言でその見方をより強くしている様子。CFTCをはじめ、政府機関が商品市場への監視などを強めようとしている点も、弱気材料の一つとして指摘。「we are facing a tidal wave of selling」と結構強い書き方です。なお、CMEのティッカーはCME。米Yahooだと直近1年間の日足チャートはこちらからどうぞ。確かに上がる雰囲気が乏しいチャートです(^^;。

 TOPIX : 1425.10 (+16.96, +1.20%)    日経平均 : 14440.14 (+101.60, +0.71%)    円ドル : 105.35  

● 朝方は小安い局面があったものの、金融株を中心に切り返してプラスで終了。TOPIXは終値ベースで1月9日の高値(1424.29ポイント)を上回り、年初来高値を更新。ちなみに日経平均は大発会、1月4日終値の14691.41円が終値ベースでの年初来高値です。もっとも、最後は堅調だったものの、指数ベースの動きは方向感に乏しい状態で、特に前場はかなり千鳥足。TOPIXは前場一時、-12.50pt(-0.89%、9時32分)まであったし、日経平均も-148.57円(-1.04%、9時34分)まであったのです。そこから切り返してプラスで終わったのは評価するにしても、誰かが引っ張ってくれないと動きが取れない、「迷える子羊」相場は続きます(^^;。

● 今日はTOPIXの日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日も全体としては先物が引っ張った印象があったものの、先週ほどは激しくなかったイメージ。それ以上に、個別に銀行株や電池関連が賑わうなど、何かとテーマ的な動きも目立った1日でした。先週はずっとCTA筋の先物売買に振られた印象があったので、この手のテーマ型相場は久しぶりに感じました。原油高に象徴されるインフレ懸念から、株式を買う、さらに金利上昇である程度のメリットを受ける銀行株を買うというのは、分かるんですけど、何となく「教科書的」過ぎる印象も…(^^;。

● それよりも、もし日本株をアンダーウェイトしていたとして、「ちょっと持っておかないとマズイかな?」という雰囲気になったとするならば、ここから追い付くことを考えると、どうしてもβ値の高そうな銘柄、ボラティリティーの高そうな銘柄を組入れざるを得なくなります。ただ、いざと言う時の流動性も無いと困るとなると、メガバンクを中心とする銀行株(プラス証券株や損保株)はメニューの真ん中に登場することになるのは自然な流れ。もっとも、ファンダメンタルズで腰を据えて買うというのではなく、どちらかと言えば、現段階ではトレーディング的の比重が重そうなので、今後の動向については先が見えないことは、皆さんも十分に承知でしょう(^^;。一喜一憂しながら進むことになりそうです。

● 記録。東証1部出来高は前週末比2億4403万株減の22億6430万株、売買代金は同1699億円減の2兆7829億円。先週金曜日がMSCIのリバランスという特殊要因があったことを考慮すると、今日もソコソコ商いだったことが分かります。特に金融株が賑わうと、株数ベースよりも金額ベースの方を注目する必要があります。東証1部値上がりは1018銘柄、値下がりは586銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比17.33円高の14355.87円(9時15分確定)。日経平均の日中値幅は271.06円(前場204.16円、後場110.55円)でした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなりの買い越し(1700万株売り/3370万株買い)でした。

● 今日は何となく乗れない相場だったので、短いですけどこの辺で…。

● そして雑談(^^;。以前、市場筋からのメールで廻ってきたのですが、カシオ計算機の 「高精度計算サイト」 なるもの。中身を見ると分かるのですが、これはかなりスグレもの(^o^)。ただし、これにエキサイトする方は、かなりヲタクで限定的だとは思いますが…(^^;。グラフなどもドラッグできるそうなので、もしかしたらプレゼン資料作りなどに使えるかも(^^;。しかし、全く知らない関数が結構あるなぁ~(そういう私は数学科卒(^^;)。

 TOPIX : 1348.69 (-19.56, -1.43%)    日経平均 : 13709.44 (-183.87, -1.32%)    円ドル : 104.00  

● 朝方こそ堅調にスタートしたものの、先物市場で大口売りが出ると「シュン」。ザラ場だけを見ていると、ドカンと売られる雰囲気ではなかったものの、ジリ貧が1日中継続すると結果的には大きく下落する、との印象の1日でした。日経平均先物に断続的に大口売りが出たのが直接的な相場押し下げ要因だったとしても、それに「負けて」下がってしまう相場だったのは事実。やっぱり昨日の上昇は「不思議の上げ」だったのでしょうか?(^^; (^^; 東証1部値上がりは226銘柄の一方で、値下がりは1419銘柄に膨らみ、「ほぼ全面安」状態。東証33業種は、ORIXのおかげで「その他金融」がプラスだった以外、32業種がマイナス。電力・ガスは今日も年初来安値更新でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● テクニカル的には、TOPIXも日経平均も再び25日移動平均線割れ。もっとも、今日の終値水準は先週金曜日終値と大きく変化ない(TOPIXはチョビ上、日経平均はほぼ同一水準)ので、昨日と今日は「無かったこと」でちょうど良かったのかも知れません(ハイ、暴論です(^^;)。ただ、ある程度の市場参加者が「そろそろ梅雨入り」と頭の隅っこで考えていたところだっただけに、昨日の上げを単に数字で大部分打ち消した以上に、嫌な場味を残したと考えています。ここで意外感があるような上昇が演出できれば、市場の雰囲気は大きく変わるのでしょうけど、それを「やる」のは外国人投資家しか見当たらず、結局のところは、欧米株式市場のパフォーマンス次第です。はぁ~(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比4億7012万株も増加して20億3859万株、売買代金は同5079億円増の2兆2924億円。米英の外国人投資家が休み明けで戻ってきた感じ。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比46.61円高の13939.92円(9時15分確定)。「寄り天」ではなかったにしろ、かなりそれに近い格好ではありました。日経平均の日中値幅は313.82円(前場143.77円、後場237.40円)と比較的大きい目。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、フローは少ないものの、買い越し(1760万株売り/2260万株買い)でした。

● 先物手口で大きいのだけ抜き出しておきます。日経平均先物では、カリヨンが3639枚売り越し、CSが1771枚売り越し。買い手はGSが1276枚買い越し、ニューエッジが1111枚買い越し、ドイツが1011枚買い越し、大和SMBCが売り手口不明の2399枚買いなど。TOPIX先物では、CSが2930枚売り越し、JPMが2712枚売り越し、UBSが2431枚売り越し。買い手はBNPPが4193枚買い越し、GSが1554枚買い越し、野村が1552枚買い越し、ニューエッジが1051枚買い越しなど。皆さん、殴り合いお疲れ様でした(^^;。

● 話題変更。先週、野村アセットの 「野村日本割安好配当株投資0805」 が上限1000億円に対して706.9億円も集めて話題になったのは先週5月22日。奇しくも、バリューが効いて直近のピークを付けたのがこの日で、それ以降、バリューもリバーサルも鳴かず飛ばず状態(今日はリバーサルがかなり逆噴射)。単なる偶然かどうかは不明ながら、配当利回りが良い銘柄とバリュー(割安)銘柄には共通点が多いこともあって、投信設定による需給面の影響がバリューのパフォーマンスに影響を与えていた可能性は、多くのFM諸氏が感じていると思います。

● 今週末の5月30日には、日興アセットの 「日興ジャパン高配当株式ファンド」 が設定予定。上限が5000億円と設定されているものの、本当の焦点は、果たして実際にいくらぐらい集まるのか、です。色々と漏れ聞こえてくるのはあるのですが、まぁ、ここでは書かないでおきましょう(^^;。この投信も配当利回りに注目する点からバリューを押し上げる可能性がある一方で、募集状況が大したことなければ期待は肩透かしになるリスクもあり。運用担当者としてどうポジショニングするか、迷いそうです(^^;。

● ちょっと脱線。野村アセットの「好配当」はこれまで通りのパターンだったのですが、日興アセットの「高配当」って、「高」を使うことがOKになったのですかね?「高配当」という言葉は誤解を招くから商品名に使うのは駄目、という"ご指導"があったと、昔、聞いた覚えがあったのですが、それって大丈夫になったのでしょうか?投信関係の方、ご存知でしたら、ちょこっと教えていただければと…(^^;。

● 雑談気味に。某市場筋から「CDSが急上昇!」とのメール。証券化商品がどうのこうのとか信用収縮がどうのこうのではなく、ヘラクレス銘柄のCDS(2169)のお話(^^;。何でも今日で4日連続ストップ高と。いろんな名前の銘柄があるものです(^^;。

 TOPIX : 1399.84 (-4.41, -0.31%)    日経平均 : 14160.09 (-109.52, -0.77%)    円ドル : 104.00  

● 指数は朝から方向感に乏しい動き。後場寄付き直後にスコーンと下落する局面はあったものの、それ以上は下げ幅を拡大することなく、マイナスながらも多少は戻して大引け。指数ベースで見る限りにおいては、強くも弱くも無い印象の1日でした。個別に見ると、鉄鋼、商社などのバリュー系銘柄がかなり元気で相場を引っ張った格好。半面で、バリューでネガティブな不動産などが大幅安で、多くのFM諸氏にとっては悪くない1日だったと推察します。短期リバーサルはちょっとお休みって感じでしたけど…。それやこれやで、TOPIXは7日ぶりに小幅反落。テクニカル的に何かを変化させるほどではなかったものの、先週末あたりから、相場全体にやや気迷い気分というか、次の展開が読めないといった空気を感じる1日でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● まだ損保が残っているものの、決算シーズンもほぼ終了。期間中にもっと落ち込むかと心配したバリューが意外に堅調だった点が、いつもと少し違うと言えば違う状況。決算シーズンを抜け出しつつあるところで、この2~3日のようにバリューが引っ張る展開は、ざっくりベースの経験則からしても、パターンとしては当てはまります。ただ、ちょっと考えるのは、決算シーズン中もバリューがソコソコ頑張ったのは、3月に大きく売り込まれたところで、悪材料は相当程度織り込んでいたからと考えられる点。つまり、ざっくり経験則に照らし合わせると、この時点で既に少し違いがあったことになります。そうなると、今後の展開も「いつもと少し違う」のかどうかが焦点。ま、答えが分かっていれば苦労しないんですけど…(^^;。

● 昨日もチラっとコメントに書いたのですが、景気について、しばらく良くない数字が出てくることは多くが予想しているはず。コンサバ側お企業業績予想も景気減速という前提からすると、妥当に思えてしまうところ。この状況下で株価が下がらないとなると、計算上のPERは上昇することになります。株価がジワジワでも上昇を続けるのなら、余計にPERが上昇することになり、そうなってくるとバリューが効くかどうかは難しいところ。まぁ、楽な相場なんて無いのでしょうが、悩み所です。儲けることが出来る時に儲けておかないと、というのがある一方で、「プチッ」とくれば昨年8月の二の舞リスクもあるんです。運用担当者としては、「昨年あれだけ痛い目にあってて、何も学んどらんのか?」と言われるのは厳しいです。悩み所です(^^;。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億9182万株増の24億2337万株、売買代金は同33億円増(ほぼチャラ)の2兆4207億円。鉄鋼株などが賑わったおかげで株数ベースではかなり増加したものの、売買代金ベースではチャラでした。東証1部値上がりは681銘柄、値下がりは923銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比58.20円安の14211.41円(9時10分確定)で、日経平均の日中値幅は164.75円(前場81.04円、後場94.30円)と小動きでした。後場SQ値が前引値に対して47.51円安と結構なギャップが発生したものの(上記日中足参照)、ザラ場では前後場ともに100円未満の値動きでしたから…。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、引き続き大幅な買い越し(2790万株売り/4530万株買い)でした。

● 指数ヲタク向け業務連絡。今日は20日なので、TOPIXの月末修正分が一斉に所報掲載されています。今月は比較的全体に小ぶり。某メガバンクが優先株転換でかなりウェイトが増加するのですが、対出来高で考えると微々たるところです(^^;。東証HP内の 「月末上場株式数」 に資料が掲載されていますので、ご参照下さい。最初はチンプンカンプンだとは思いますが、そのうちジワーっと見えてくると思います(^^;。

● 雑談。Bloombergにログオンすると、今日の一言みたいなのが最初に表示されます。本日は、"If you can find something everyone agrees on, it's wrong." 確かにそうだ(^^;。米国の政治家、Mo Udall 氏の言葉ですが、政治だけではなく、相場にも「モロ」に当てはまります。要するに皆が一方向だと考えれば、相場は天邪鬼なので逆方向に行くって事。ただし、超短期ではコンセンサスの方向に動くことも良くある話で、そんな時に意地を張ってもイカれるだけ。いずれその方向に行くと信じるのだったら、無闇に意地を張るのではなく、でも対処する心の準備はしておくって感じでしょうか。結局のところ、タイミングなんですよネ(^^;。それが一番難しいです。

 TOPIX : 1395.87 (+3.00, +0.22%)    日経平均 : 14219.48 (-32.26, -0.23%)    円ドル : 104.55  

● 今日はさすがに雰囲気的にも一服の1日。米国株市場が堅調でCME日経平均先物が大証比115円高だったことを受けて、ピョコンと上跳でスタート。ただ、「上げ週」の金曜日ということで調整ムードは強く、ガンガンと上値を買ってくる感じではなし。ここ最近、相場の方向性を引っ張ってきた先物も、朝方は逆に大口売り爆弾が断続的に出る局面があったりして、どんよりムード。ただ、この調整は多くの市場参加者が予想していたでしょうし、悲壮感を生むようなモノではありませんでした。結果的にTOPIXは小幅続伸(5日続伸)で、日経平均は小幅反落。東証1部値上がりは656銘柄、値下がりは944銘柄だったことなどを考慮すると、どちらかというと日経平均の方が印象に近かったです。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日もバリューがかなり好調。商社、鉄鋼、海運などが強かったので、ファクター分析などしなくても「バリューの日」って感じが見て取れたことでしょう。サイズも大型方向に振れたことで、FM諸氏にとっては悪くない1日、さらに1週間だったと推察します。ただ、このところの昼休みバスケット取引は、市場筋観測で「売り越し」の日が多く、相場上昇に合わせて「スライス売り」を実施している向きが結構居ることを想像させます。実際、スポンサーにしても、ここで日本株を増やすというような酔狂な(^^;方針を持ち合わせているところは、ほとんど無いでしょう。相場が大きく下がれば買いが入るのでしょうけど…。もっとも、FM諸氏にとってはその辺を心配するよりも、運用が好調だったら単純に喜ばしいことですけどネ(^o^)。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億6780万株減の22億7823万株、売買代金は同3410億円減の2兆6110億円。まぁ、現状を考えれば妥当なところかなと。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比122.89円高の14374.63円(9時51分確定)。日経平均のザラ場高値は前日比140.79円高の14392.53円(9時06分)だったことを考えると、今日はほぼ「寄り天」だったことになります。なお、今日は日本曹達(4041)が寄り付かなかったことでSQ確定が遅くなりました。日経平均の日中値幅は197.62円(前場181.27円、後場140.05円)と比較的小さめ。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、大幅な買い越し(2420万株売り/4420万株買い)でした。

● 一方、今日はマーケットとしては小動きだったものの、日経平均先物の手口はかなりブレがありました。まずGSが売り手口不明の5929枚買い。買い手口の最小は楽天の1924枚だったので、GSの買いは最大でもここまで。つまり、最小でも4000枚買い越したことになります。他、大和SMBCが同じく売り手口不明の2413枚買い。売りはLBが4474枚も売り越した他、UBSが1715枚売り越し、メリルが買い手口不明の2189枚売り。結構、大型の「殴り合い」があったことが想像できます(^^;。一方、TOPIX先物は比較的静かでした。

● 指数ヲタク向け業務連絡。ビックカメラ(3048)の東証上場承認が発表されました。東証上場に際して株式の売出と公募増資を実施するので、まだ東証1部なのか2部なのかは決まっていません。売出・公募増資が終わった時点で確定することになります。東証1部への直接上場基準として時価総額500億円以上というのがあるんですが、現時点でビックカメラの時価総額は1153億円ほどあるので、この点はクリア。四季報でみると、株主数の条件もクリアしている様子。ただ、かなり株式分布が偏っている銘柄でもあるので、東証1部としても、浮動株比率はそんなに高くなりそうにないです。同株の上場承認については、詳細は東証HP内のこちらをご確認ください。また、上記した直接東証1部上場の基準については、 「上場審査基準概要(一・二部)」 をどうぞ。個人的には、某プロ野球球団を特に応援している企業のようなので、この店で何かを買うことはないし、この銘柄を買うこともないでしょう(キッパリ!)。

● 雑談。ようやく週末だ(^o^)。GW明けのフル1週間は疲れた…(^^;。天気もまぁまぁみたいだし、リフレッシュして来週の相場に備えたいところ。相場が変化する可能性を秘めているだけに、なるべくオープンマインドで、座標軸を持ちながらも身軽に動けるように、矛盾することをテキパキと捌けるようにしたいものです(^^;。良い週末を!

 TOPIX : 1342.79 (+1.03, +0.08%)    日経平均 : 13743.36 (+88.02, +0.64%)    円ドル : 103.40  

● 今日も朝から盛り上がりに欠ける展開。軟調に始まったマーケットは、大きく下がる感じではなかったものの、先週金曜日から再び高まりつつあった「決算地雷」への警戒感や、海外要因などの不透明感も強く、どうも手が出し難い展開の1日。昼休みの立会外バスケット取引は売り越しとの観測が強かったものの、実際には後場寄付き後にスルスルと上昇してプラス転換。後場寄付後は、日経平均先物に大型買いが断続的に炸裂する一方、債券先物が同じタイミングでスコーンと下落したので、またCTA筋が暴れていた可能性はあります(^^;。為替が朝方と比較すると円安方向に振れたのも、底堅さに寄与したの可能性は考えられます。もっとも、先物買いが一巡してしまうと、基本的に横ばい相場。ただ、「下がらんなぁ~」の1日でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 東証1部出来高は前週末比4億0649万株も減少して15億9980万株、売買代金は同4411億円減の2兆0392億円。先週金曜日がミニSQだったことを割り引いたとしても、絶対水準で16億株弱、2兆円ギリギリは、かなり閑散な1日だったことが分かります。セクターのパフォーマンスを見れば、食品や医薬品が堅調だった一方、銀行・証券が軟調で、どちらかと言えばディフェンシブ系。ただし、電力・ガスは駄目だったし、保険はそれなりに堅調と、一概にもそうは言い切れないところがあり、今一つ方向性が定まっていない印象。ちょっとベータ値を落とすような感じにも見えたのですが、ということは何となく先行きについて自信が持てない向きが増加してきた、ってことでしょうか。

● 今日も昼休みの立会外バスケット取引はかなりの規模だったのですが、市場筋観測では売り越し。その背景は何となく想像できてしまうところです。まだ基本的には「一喜一憂」相場だと考えているので、それに振り回されず、でも流れには付いて行く、って感じの付和雷同で行くしかない感じです(^^;。そこまで素早く立ち回れない年金資金などの場合は、方向性がもう少し明確になるまでは、少なくとも無理をしないって感じでしょうか…。実際、このところの立会外バスケット取引を見ると、どうしても「スライス売り」を連想するし、それが「無理をしない」って感じと妙に一致しています。

● 記録。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前週末比98.65円安の13556.69円(9時15分確定)。実際のところ、そこから下値は余り無く、寄付き以上の売りはとりあえず余り感じられない状況でした。東証1部値上がりは808銘柄、値下がりは803銘柄で、ちょうどチャラ。日経平均の方が上昇率は高かったものの、相場全体の印象としてはチャラだったと感じたし、騰落銘柄数もそれにマッチしていました。日経平均の日中値幅は252.73円(前場91.36円、後場134.52円)。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、10日ぶりの売り越し(3680万株売り/2110万株買い)。ガクッと買いが減った印象でした。

● 大引後に開示された先物の手口も少し。日経平均先物では、カリヨンが5195枚買い越し、ニューエッジが3334枚買い越しの一方で、UBSが2726枚売り越し。TOPIX先物では、カリヨンが3316枚買い越しだった一方で、JPMが2224枚売り越しなど。プンプンと匂いますねぇ~(^^;。なお、いつも通り、いずれも売り買い両方の手口が見えている証券会社に限っての差引枚数です。為念。

● 雑談。部署の某C嬢が、朝出勤時に「カラスに襲われた」とのことで、半泣きでぼやいていました(ちょっと大袈裟だけど…(^^;)。この時期は、カラスが通行人を「襲う」ような行動をするのは、時々ニュースになります。繁殖期で子育てをしていて、雛鳥を守るための行動と聞いたことがあったので、ググッてみるとやっぱり関連HPがありました。一番上に出てきたのが、 「カラスに襲われる!傾向と対策」 だったのでご参考に。基本的には、近寄らないのがベストみたいだけど、そうも行かない場合は逃げることにしましょう(^^;。

 TOPIX : 1341.76 (-31.19, -2.27%)    日経平均 : 13655.34 (-287.92, -2.06%)    円ドル : 103.45  

● 今日はミニSQ。例によって寄付き前の状況をと思ったのですが、今回は省略(^^;。で、最終的には若干の買い越し(日経平均採用一銘柄あたり3万株程度の買い越し)で、SQ値は前日比30.82円高の13974.08円(9時25分確定)。アルプス電気(6770)がなかなか寄付かなかったものの、それ以外は9時15~16分に寄付いており、平穏なSQでした。14000円が妙に居心地良い雰囲気は数日前からあったのですが、実際にやってみると、その妙に居心地良い水準でSQ値は落ち着く格好でチャンチャン。何となく、誰かの思うがままに相場が動いたというか…(^^;。なお、市場筋推計によると、SQ関連の売買は、ざっくり1億7000万株程度、売買代金で2600~2700億円程度だったとのこと。

● SQ後は多くが予想したようにマイナス推移。あまり雰囲気が良くなかったのは事実ながら、前場中はそれほど大きく売り込む動きはなし。ところが、昼休み立会外バスケット取引が売り越しと伝わるなか、後場寄付き直後からスコーンと一段安。GW明けは、どうも昼休みの立会外バスケットが売り越し気味で、国内年金あたりから、「スライス売り」が出ている可能性を感じてしまうところ。TOPIXの3月終値平均が1232pt近辺。そこから1割増すると1355pt。しかも、2月高値がその近辺となると、売りが出てくるのは仕方ないのかもしれません。年金資金関連は大きく下落しない限り、日本株を増やす気持ちは、ほとんど持ち合わせていないでしょうから…。

● そして午後2時過ぎからは、先物にも売りプレッシャーが掛かって一段安。武田薬の決算発表(午後2時)がトドメだった雰囲気ですが、トヨタ、ブリヂストンを筆頭に、三菱ケミカルHDや横河電機などの下げっぷりも含めて、決算発表地雷の存在を意識させられた感じでした。もともと一喜一憂相場なので、ドタバタ騒いでも仕方ないのですが、不安定な相場心理は一度傾くと、逆側のカウンターを取る向きが乏しいだけに、意外にドカッと動いてしまうのを再認識。加えて、戻りを牽引していた銀行、証券、不動産などが軒並み急落したのも、余計に「5月は売り場」という経験則を意識させてしまった格好。

● 後場終盤の下落は、週末に向けてかなり嫌な雰囲気でした。日中足を見れば分かりますが、今日はズーッと右肩下がり。それなりに売りのフォロースルーがあったことが分かります。もっとも、現時点では、一喜一憂相場の「憂」だったと考えておくことにします(^^;。日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億3094万株増の20億0629万株、売買代金は同2385億円増の2兆4803億円。ミニSQ関連の市場筋推計を除くと、実質的には20億株割れだったことになります。東証1部値上がりは236銘柄、値下がりは1402銘柄。実際、東証33業種も全てマイナスだったし、あまり良い所はない1日。日経平均の日中値幅は306.52円(前場130.83円、後場135.63円)。一方、SQだったので、前後場の売買代金分布はもっと歪むかと考えていたら、前場49.9%、後場50.1%と拍子抜け状態(^^;。前場寄付の1分間で13.4%、寄付後5分間で15.5%の売買代金があり、かろうじてSQっぽい感じでした。また、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、これで9日連続の買い越し(2960万株売り/3790万株買い)でした。

● 話題変更。来週はマーケットにインパクトを与える可能性のある大御所の決算発表が次々とやってきます。何がをピンポイントするのは困難ですが、例えば5月14日(水)のソニー、15日(木)のみずほFGを皮切りにして、銀行の決算発表がスタート。16日(金)にはSMFG、そして週明け20日(火)にMUFGといった具合。この辺で損保も相次いで決算発表を予定。この辺で今回の決算シーズンは終了となります。今日みたいに一喜一憂と市場心理があっちこっちに振れそうですが、自分の座標軸を保っておきたい、でも変わり身も素早く、という感じでしょうか…(^^;。

● 例の日米主要企業決算発表予定ワークシートをアップデートしておきました。いつも通り、意図的に数日遅れのデータをアップしていますが、今回は5月7日(水)大引後に作成したものなので、それほど古くなっていないと思います。左側のメニューからダウンロードページにお進みください。単純なExcelシートです。

● 週末ネタの雑談。ちょっと古いのですが、 「金融トレーダー、テストステロン濃度が高いほど好成績=英調査」(ロイター) とのニュース。この「テストステロン」って何や?とネットを検索してみると、色々と出てきました(^^;。Wikipediaの「テストステロン」にて引用されている大東製薬工業という会社のHPによると、テストステロンには色々な生物学的な作用の他に、『まとめて表現すると、「粗っぽくてデリカシーが無いし、短気で怒りっぽい面もあるけれど、明るく前向きでたくましく、ワイルドでセクシー」な傾向に導くもの』(http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm#5.)とのこと。結構当たってるような…(^^;。まぁ、週末ネタってことで…(^^;。

● 今週は実働3日間だけだったので、余力がある感じで週末(^o^)。皆様も良い週末を!

 TOPIX : 1314.39 (+2.93, +0.22%)    日経平均 : 13579.16 (+31.34, +0.23%)    円ドル : 103.10  

● 今日はやや意外感の1日。朝方の軟調は誰もが予想していたでしょうけど、その後はほとんど下値がなく、前場後半にプラスに転じて後場寄付直後にザラ場高値。その後は、かなり上値が重たかったのは事実ながら、ドカンと下がる気配も感じられない状況で、プラスのまま終了。結局、伸び悩み感は否定できなかったし、上昇幅としても大したことはなかったものの、やや意外感を含んだ引け味でした。もっとも、今日も出来高面ではあまりエキサイティングな話はなく、今日の花王から本格化する決算発表を控えて、様子見ムードも根強かったのは事実でした。

● 今日の上昇では、誰が買っているのかが今一つ定かではなかったこともあって、市場筋の間では、例によって「公的資金の買い」説やらが流れていました。この件については、例の野村證券社員のインサイダー取引事件を受けて、あちこちの運用機関から野村への発注が止まっているでしょうから、これまであまり注文を受けたことがないようなところが「タナボタ」注文を受けて、それが思惑を呼んだ可能性は考えられます。冷静に考えれば、資金配分があれば買うでしょうけど、そうでなければ「下がらないと買わない」のが基本線のハズなんですけどねぇ~(^^;。

● また、ワイルドな思惑としては、「小泉中継ぎ登板」説まで流れる状態(^^;。小泉元首相は株式市場にとっては「受け」が良い稀有な首相。今の日本株市場の6割超が外国人投資家の売買に支えられているとなれば、外国人投資家の受けという観点で考えれば、ここ最近では小泉元首相を上回る人は居ない状態。もっとも、彼が再登板してどうなるかは、また別の話。福田首相の人気の乏しさが、こんなところにも波及しているってことかもしれません(^^;。いずれにしろ、買い方の姿が今一つ見えないときには、色々と観測話が流れるものです。小泉元首相再登板はともかくとしても、公的資金の買いやらオイルマネーの買いなんてその典型。今日もそんな地合いだったってことです。

● 記録。東証1部出来高は前日比1億2315万株増の17億0157万株、売買代金は同1581億円増の2兆0762億円と、相変わらずの低水準。東証1部値上がりは862銘柄、値下がりは712銘柄と妥当な水準。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比102.06円安の13445.76円(9時25分確定)。日経平均のザラ場安値は前日比98.78円安の13449.04円(9時08分)だったので、ホンの少しながら「幻のSQ値」状態でした。日経平均の日中値幅は268.01円(前場191.61円、後場137.89円)で、市場筋推計による今朝の「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、かなりの売り越し(2850万株売り/1760万株買い)でした。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 話題変更。先日、マーケットの「落ち着き」の傍証としてVIX指数について書いたのですが、別の証左としては、先週ぐらいから、バリューが急に復活してきた印象があります。3月は、「de-leveraging」(信用収縮に伴うレバレッジの縮小)のおかげで、バリューもへったくれも、さらに割安もへったくれもない状態に陥り、特にマーケットニュートラル系のファンドでも、大なり小なりの痛手を被ったのです。3月だけで2~3%の損失が珍しくないというのは、やはり尋常では無かったのです。ところが4月第2週あたりから落ち着きが見え始め、先週あたりからは反発に転じている様子。実際、バリュー的な運用が多いFM諸氏とお話しても、先週から今週に掛けては、皆さん、比較的明るいですもんネ(^o^)。

● この辺の動向がパブリックに見えるのは、「マーケット・ニュートラル」系の投信の基準価格。例えばYahoo! Financeで、「日本株 マーケットニュートラル」で検索すると、日々基準価格が発表されているのがズラズラと並んで出てきます。AUM(Asset Under Management)がかなり少ないのは除くとしても、どのファンドも直近1週間ぐらいでかなり戻しているのが分かります。もちろん、ファンドによって運用方針やティルトしているファクターは違うでしょうけど、日本株でソコソコの金額を運用するならば、どうしても何らかの格好でバリューはプラスになります。当然のように割安をロング、割高をショートしているでしょうから、これが儲かるということは、マーケットは正常化しつつある、って考えることが可能になります。もっとも、その過程でこちらもどう儲けるのかは、また別問題かも知れませんが…(^^;。

上記のYahoo!検索(「日本株 マーケットニュートラル」)をURLにするとこちらです。ぜひお試しを!グラフで基準価格の動きを見るのもそうですが、いずれもかなりAUMが減っているのは「ジトー」って感じでもあります(^^;。

2008年04月08日(火) .... 反落、手控えムード強く取引閑散

 TOPIX : 1282.69 (-22.94, -1.76%)    日経平均 : 13250.43 (-199.80, -1.49%)    円ドル : 102.40  

● 米国株はほぼフラットでCME日経平均先物にも大きな動きは無かったものの、今朝の市場筋推計による「非公式」外資系証券寄付前売買動向は、大幅な売り越し(3920万株売り/2150万株買い)と雰囲気悪化で朝から軟調な展開。外が大嵐らしだった以外に、特にこれと言った材料は無かったものの、どんよりムードから脱却することはなく、意外に下落幅が拡大する展開になってしまいました。もっとも、昨日などはやや意外なほど上昇したので、その分を割引いたらってのはあるんですが…(^^;。

● 日経平均の日中足を付けておきます(出典:Yahoo! JAPAN Finance)。

● 今日の東証1部出来高は前日比1億4434万株も減少して16億8776万株、売買代金は同1938億円減の1兆9577億円と閑散。3月26日に15億7529万株/1兆7815億円という薄商いがあったので記録ではないものの、あの時は期末という季節要因があり、今日は特にソレは無かったはずなのに…(^^;。

● 業績絡みの地雷爆発が目立つようになってきたのも、このところの相場の特徴。今日はふくおかFG(8354)がその典型。業績下方修正はある程度予想されていたと思うのですが、あちこちのアナリストから格下げ爆弾を食らって、-12.77%は半端な反応ではありません。半導体製造装置関連も某米系証券からネガティブレポートが出て軟調。銀行、証券株も後場になって下げ加速。一方で、ディフェンシブ系はそれほど下がらず、資源系(非鉄、商社)もまぁまぁでした。それでも全体としてみれば、今月後半(4月23日頃から一気に増加の予定)からの決算発表を控えて、全体に手控えムードの強い1日でした。

● これはファクター分析からもかなり明確に出ており、今日も短期リバーサルは好調だったものの、バリューやグロースは鳴かず飛ばず(というかマイナス寄与)。リバーサルはテクニカルな割安指標なので、少なくとも売られ過ぎ、買われ過ぎが順次解消して行っている点は正常に思えるものの、業績面からの割安指標が効かない状況が続いているのは心配。

● 市場全体として、「原料高・円高による業績下方修正が出る」+「会社発表の業績予想が必要以上にコンサバに振れる」との見方には根強いものがあり、これからその時期に突入することから、警戒感はかなり強いモノを感じるようになってきました。もっとも、この辺は市場参加者の98%が既に想定していることで、悪材料が出ても売られない状況になれば、相場の雰囲気はかなり変わるでしょう。でも、今日の時点では、ふくおかFGの値動きからは変化を感じ取ることは出来ませんでした。タイミングが分からないだけに、注意しておきたいところです。

● 一方、テクニカル的に見ると、移動平均線(75日線が頭になりつつある)や一目均衡表の雲が焦点。ただ、相場として「我こそが猫の首に鈴を付けてやる!」って向きがおらず、「誰かが鈴を付けてくれるのを待っている」って感じ。これまでは、外国人投資家がその「鈴付け」をやっていた面が少なからずあったのですが、彼らの多くは現在リハビリ中で激しい運動が出来ません(^^;。こんな時こそ、本邦機関投資家が動ければ良いのですけど、スポンサーが乗り気でない現状では、これもちょっと困難。ってことで、お互いにお互いの顔色を眺めつつになっています(^^;。

● 残りの記録。東証1部値上がりは339銘柄、値下がりは1288銘柄。今朝の日経平均SQ値を計算すると、前日比82.85円安の13367.38円(9時25分確定)で、高値と言うほどではなかったものの、終わってみればかなり「寄り天」っぽい1日でした。日経平均の日中値幅は177.15円(前場103.49円、後場97.66円)と静かで、日中通してズルズル下落するトレンドデーだった割には、値幅が小さい1日でした。

● 雑談。今日の日経市況欄(P.19)の立会外市場の売買代金が、単位百万円で「1299893」と表示。これって「1兆3000億円?!?」と話題に(^^;。色々と問い合わせたところ、株数「16648」と金額がドテンしていたとのこと。単なる日経のミスでした。チャン、チャン。